01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【5259】 BBDイニシアティブ 2024期

2024年02月22日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-5259-1.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

Pビジネスアプリケーション開発会社。中堅・中小企業向けにSFA(営業支援)やCRMの統合アプリ(グループウェア、名刺管理、顧客管理、マーケティング)の開発・販売によるDX支援とシステム受託開発・運用。DX事業(SFA/CRMクラウドサービス「KnowledgeSuite」、オンライン商談/会議サービス「VCRM」、統合型営業・マーケティング支援、システム間連携開発支援)とBPO事業(エンジニアリングサービス、開発保守)を展開。主力商品の「KnowledgeSuite」はグループウェア、マーケティングオートメーション、名刺管理サービスなどが連携統合された、中堅・中小企業向けの営業・マーケティング支援ツール。ストック型/ユーザー数無制限・ストレージ従量課金モデル、顧客企業の業種・業態を「選ばない・絞らない」に特色。2016年ジェイズ・コミュニケーション(セグエ<3968>の子会社)、スターティア(現スターティアHD)<3393>からクラウドサービス販売事業を譲受。2019年インテックと販売代理店契約。2020年オンライン商談ツール「VCRM」の提供開始。2021年AI CROSS<4476>からビジネスチャット事業「InCircle」を譲受。2023年持株会社化(株式移転、ナレッジスイート/現ブルーテックから商号変更)。主要取引先はKDDI。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

1Q決算説明動画ログミー
書き起こし
1Q決算動画IRTV

FISCOニュース

2023本決算動画

2024/4/3 登壇(インタビュー井村さん)

・フィスコレポート

1Q決算報告

1Q決算資料

前年有報

前年決算資料

事業成長

事業再編(動画・書き起こし)

他者によりBBD説明

創業者Note
---------------------------------------
・感想

株から19-900 EPS15.5 20/21-850 EPS-1.3 22-800 EPS22.7 23-750 EPS5.9
予想54.0 目安1900-3000 利益が低くて余り参考にならなそう

旧ナレッジスイート

1Qのサブスク売上はチャーンレートを差し引いて約35%

1Q実施したM&Aに伴う仲介手数料約1,100万円程が営業利益へのインパクト

売上推移(BPO エンジニア派遣)
24/1Q 472 23/4Q 449 23/3Q 444 23/2Q 462 23/1Q 455 22/4Q 457 22/3Q 439 22/2Q 440 22/1Q 436

売上推移(DX メインSaaS)
24/1Q 496 23/4Q 469 23/3Q 464 23/2Q 405 23/1Q 401 22/4Q 381 22/3Q 376 22/2Q 376 22/1Q 348

中小企業ターゲット
商品(営業・マーケティング)
・Papattoクラウド(営業リスト作成) ・BuijinessBOOST(タレント広告) ・名刺CRM(名刺管理) ・リードフォーム
・メールビーコン ・SFA(案件~受注)

商品(社内業務)
ROBOTID(ID・パスワード管理) InCircle(チャットアプリ) Shelter(業務管理)

人件費は、採用活動の抑制

広告宣伝費は、効果が高い主力展示会等、コスト効率の高い施策に集中
M&Aによりのれんは215百万円増

生産性・成長性が低いサービスからの撤退

昨年末撤退したSaaSの一時的な影響あり

KnowledgeSuite」の障害の影響でChurnRate(解約率)は一時的増加
生産性・成長性が低いサービスからの撤退により、ARRは減少
不採算サービスの停止により契約件数は微減
生産性が低いサービスからの撤退ARPA(顧客単価)が増加

急ぎ過ぎていた大幅な新卒採用を、実態に合わせた採用人数に戻す

大規模に投資を続けてきた開発を、収益力に合わせた投資に切り替え

人事異動を強化し、より効率的で生産性ある事業部へ異動を機動的に行う

当期純利益の20%を計画し、今後最大50%までの株主還元を検討

--------
かなりの方向転換、有名投資家が筆頭30%で創業者系も30%弱と2強
HD化して配当も出すと言う事で大きな動き
更にBPO売上が多くを占めていたのがSaaS系が伸びて今後はそちらがメインと
セグメント変更ありと期待できそう。4/3の登壇が楽しみ
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【2180】 サニーサイド 2024期

2024年02月21日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-2180-1.jpg
2024-2180-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

PRコミュニケーション会社。企業広報、商業施設やホテルのPR(メディア、広告、キャンペーン)、スポーツマーケティング、エンタテインメントのプロデュース、イベント・キャンペーンの企画・開発を営む。ブランドコミュニケ—ション事業(PR、スポーツマーケティング、コンテンツ開発、キャスティング、購買・成約の意思決定ソリューション、IP活用のコンテンツ制作・販売施策)。フードブランディング事業 (朝食人気で有名なシドニー発のレストラン「bills」運営、ハワイ本社・国内に進出)、ビジネスディベロップメント事業(新規事業の開発・創出)を展開。所属スペシャリストは「中田英寿」「前園真聖」「白井健三」「コシノジュンコ」等。アジア・欧州を中心とする海外プロモーション施策に注力。2019年インフルエンサーマーケティングでGunosy<6047>と業務提携(合弁会社設立)、Red Havas(世界最大級のグローバル・コミュニケーション・グループ)とパートナーシップ締結。2020年持株会社化。主要取引先はハピネット、ファミリーマート。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2Q決算資料

IRセミナー動画

2Q短信

サニーサイドチャンネル

1Q決算資料
---------------------------------------
・感想

株価から14/15-250 EPS-15.1 17-400 EPS20.8 18-500 EPS25. 19-1000 EPS33.4 20-700 EPS-14.0
21-750 EPS19.8 22-650 EPS38.6 23-700 EPS59.3
予想62.3 目安740-1200 2Q33.9*3=100 目安1200-2000

2Q要因によっては割安

ブランドコミュニケーション事業で3億円改善、PR中心に改善

マージンの改善 +2億、費用減少 +1億、減収影響 ▲0.67億
PR中心に受注獲得へ提案強化、利益は保守的に想定

1Qに販促施策・商品企画の特需剥落の影響

吸収合併後の株式会社サニーサイドアップの従業員数は1割弱増加、1人当たり営業利益は2割増加
低収益案件の見直しや稼働の適正化にも着手

2Qは海外コスメ等が伸長、都心の大型施設、都心・広域中心都市のホテル開業も受注拡大

2QPR内容
虎ノ門ヒルズステーションタワー(10/6開業)
麻布台ヒルズ(11/24開業)の開業PR
• 大谷翔平×dip
• NewJeans×ロッテ「イタガム」

2024 年 2 月 に I n f l u e n c e r M a r k e t i n g S u m m i t ※ 1を開催

季節性ありで3Q以降はQonQでは結構落ちる
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【9556】 INTLOOP 2024期

2024年02月21日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-9556-1.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

フリーランス活用のコンサルティング会社。プロフェッショナル人材ソリューションサービス(フリーランスのコンサルタント/ITエンジニア活用)、コンサルティング(社内人材)、Webサービスの3事業。外資系コンサルティングファーム、Sier、大手事業会社を主要顧客にプロフェッショナルなフリーランスを活用したコンサルティング(事業戦略・業務改革、IT)やプロジェクトマネジメント支援、システム開発支援を提供。フリーランス向けの案件紹介サイトや転職支援サービスサイトから企業のプロジェクト案件に適した人材をマッチング、プロジェクトを遂行。コンサルタント・ITエンジニアの登録者数は3万人超。海外進出支援として中国・香港・東南アジアへの海外進出・販路開拓支援サービスなど日本企業の海外展開・進出支援サイトを運営。2021年モンスター・ラボと資本業務提携。2022年KDDIアジャイル開発センターと業務提携。2023年ディクスホールディングスを子会社化。主要取引先はNTTデータ。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

1Q四半期報告書

1Q短信

1Q説明資料

有価証券報告

事業計画

ディクス子会社化58.3%

決算説明資料

決算説明動画
ログミー
---------------------------------------
・感想

株から22-4000 EPS 128.0 売上成長41%、営業97%
23-5000 EPS 172.3 売上成長35%、営業40%
24-現3,715 EPS 235.7 売上成長60%、営業64%

被保険者579人 2/21

1Qは営業部隊の採用で採用費0.64億が増
新卒デリバリー社員の教育期間延長で人件費1.47億増で利益減

次回中長期計画提出

日本特有の3月決算の影響から4月は前月を下回ることがある

売上23/Q4対比では営業担当の大幅増員は達成も育成に半年間

前4Q売上が伸びが下がった要因としては
人材採用において、前期はデリバリー社員という、コンサルタント
SE、PMOのコンサルタントなどの採用にパワーを割き過ぎて
営業担当の採用がなかなか進まず、社内の体制的に営業がやや伸びない状況
今期に入ってからは営業に関しても採用が順調
今期第1四半期は同じくらいの伸びになり、後半以降は盛り返し

2Qがポイントで教育期間延長が終わったのか
営業は半年育成として後半になると思うが目途が立つか

そういえば社長が1Q決算後に株式を売っていた
決算前(インサイダー系)じゃなくてよかったが
少し気になる
まあ73%じゃちょっと保有率高すぎるよなぁ
と思ったら東京東海への担保提供で減るわけじゃなかった
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【3900】 クラウドワークス 2024期

2024年02月21日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-3900-1.jpg
2024-3900-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

クラウドソーシング会社、国内最大手。BtoCオンライン人材マッチングサービス(ダイレクトマッチング「クラウドワークス」、サポート型エージェントマッチング/エンジニア・事務・副業領域)を展開。ダイレクトマッチング「クラウドワークス」は仕事の受発注において企業と個人/フリーランスとのマッチングを提供(企業と個人が直接契約、成果報酬型手数料)、登録ワーカー数575万人、登録企業数91万社。エージェントマッチングサービスは企業と個人を仲介(エンジニア・デザイナー領域「クラウドテック」、アシスタント・事務領域「ビズアシ」、副業求人領域「クラウドリンクス」)。ビジネス向けSaaS事業は企業向け工数管理ツール「クラウドログ」を運営。2014年SHIFT<3697>と業務提携。2015年サイバーエージェント<4751>と資本提携。2017年受託開発の電縁社をガイアックスから譲受。2018年三菱フィナンシャルグループ・大和証券グループ本社と資本業務提携(合弁会社「クラウドマネー」設立、2019年解散)、オンラインマーケット「ワオミー」終了。2019年ウォレット事業から撤退。2021年受託事業から撤退。2023年シューマツワーカー(副業マッチングプラットフォーム運営)を子会社化、ユウクリ(人材エージェント会社)を子会社化。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

1Q短信

1Q決算資料

1Q書き起こし

1Q動画

本決算資料

本決算短信

業績予想
---------------------------------------
・感想

株価から15-1000 EPS-48.8 16-750 EPS-26.4 17-1000 EPS-5.9 18/19-1500 EPS-8.6
20-1250 EPS-3.5 21/22-1500 EPS52.6 23-1400 EPS71.2
1Q13.8+前32.4*2=92 目安1800-2600位である程度妥当

マッチング営業の利益率が悪くなっているのが少しきになる
SaaSの黒字化までは様子見しようかな
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【3863】 日本製紙 2024期

2024年02月21日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-3863-1.jpg

2024-3863-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

大手製紙メーカー、王子グループと並ぶ業界最大手。紙・板紙(新聞用紙・印刷用紙・情報用紙、板紙、特殊紙、パルプ)、生活関連(家庭紙、包装用紙、段ボール、液体用紙容器、化成品)事業製品の製造販売。紙(産業用紙、板紙、新聞用紙、機能紙)、パッケージ・紙化ソリューション(紙容器、包装用紙)、家庭紙・ヘルスケア(ティッシュペーパー、おむつ製品)、ケミカル(化成品・機能材料)、CNF・ミネルパ(セルロースナノファイバー)、エネルギー(電力卸売、太陽光発電設備、バイオマス燃料開発)、海外のビジネスユニット。洋紙部門国内1位・出版用紙の約40%を生産。総合バイオマス企業として木材をベースとした新素材、機能包材紙容器、セルロースナノファイバー、バイオエタノール、バイオコンポジットの研究開発・製品化を推進。傘下に持分法適用会社の共同紙販HD<9849>、リンテック<7966>を持つ。2001年日本製紙と大昭和製紙が統合、2012年日本大昭和板紙・日本紙パック・日本製紙ケミカルと合併、2013年日本製紙と日本製紙グループ本社が合併。2015年特種東海製紙<3708>と業務提携・合弁会社設立。2019年包装メーカーの豪オローラ社の段ボール事業買収(1243億円)。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

3Q決算短信

3Q決算資料

説明会書き起こし

3Q質疑応答

3Q四半期報告

2Q短信

2Q決算説明資料

2Q戦略説明資料

2Q書き起こし

2Q質疑応答

FACT BOOK

ESGブック

株主通信

日本製紙チャンネル

価格改定2024/4/22

液体用紙容器の価格修正2024/4/1

中長期見直し

前年本決算資料

前4Q質疑応答
---------------------------------------
・感想

株価から15-19まで2000 EPS122.9 20-1500 EPS27.7 21-1250 EPS 17.2
22-1000 EPS-436.3、 23-1250 EPS130
直近子会社事業撤退損Opal 社約 200 億が乗っている1Q-48億、2Q-39億、3Q-8億 前期-197億

普通に今年度EPSはマイナスか2025年度営業400億目標だけど強気すぎ
中期経営の見直しで下げるのかと思ったら売上他増やして来た
計算が難しい、400*0.7=280億 EPS240 2300-4000
中長期や予想値が雑だが営業400億行くならかなり割り安、いくならだけど、、

opal撤退も落ち着いてきた

でも木材チップ用素材価格2024/1月でまだ上昇している
パルプ向けは12月に上がって1月は横

為替感応度 米ドル1円円高で+9億円/年

円高方向にならないとやっぱり厳しいのかもな~影響がデカすぎる
価格改定4月から入るけど、来期見通し強気で出す可能性jはありそう
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【7279】 ハイレックス 2023期

2024年02月21日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-7279-1.jpg

2024-7279-2.jpg

※空売り機関

----------------------------------------
・株主/子会社

自動車用制御ケーブルメーカー。自動車部品(コントロールケーブル、ウインドゥレギュレーター、ドア開閉システム)、船舶用コントロールボックス、建設・産業機器用アクセルアクチュエータ、医療機器の製造販売。自動車用コントロールケーブルは世界トップクラス(国内の全自動車メーカーに供給)、レジャーボート・漁船用コントロールボックスは世界トップ。金属・樹脂・潤滑油など素材の研究開発から、生産設計、試作、試験、構成部品の内製化まで自社で完結。海外は世界14ヶ国・30拠点による生産体制、グローバルネットワークにより「HI-LEX」「TSK」ブランド製品を販売(海外売上約80%)。医療分野は医療機器(マイクロカテーテル、ガイドワイヤ、補助人工心臓)、医療用工業品をOEM中心に製造。自動車バイワイヤ化対応の新製品の開発、ロボット向け細径・高強度のワイヤー・ワイヤーガイド、ドア・窓の電動開閉システム、医療機器開発(人工血管、体内植込み型補助人工心臓システム)に注力。2006年日本ケーブル・システムから商号変更。2019年作業支援スーツのイノフィスに出資。主要取引先はStellantis N.V.、起亜、現代自動車、本田技研工業。

・自動車分野/コントロールケーブル(一般PULLケーブル、プッシュ・プルケーブル、乗用車用小曲げ高効率M/Tケーブル、シート用ケーブル)
・自動車分野/システム製品(ウインドゥレギュレーター、パワースライドドアシステム、スパイラックス直動システム、直動式ウインドオープナー、パワーリフトゲートシステム)
・船舶・ボート分野(マリンエンジンコントロールボックス、ステアリングシステム、コントロールケーブル)
・建設機器・産業機器(アクセルアクチュエーター、PTO PUSH-PULLシステム、アクセルレバー、アシストケーブル)
・福祉・住宅関連分野(入浴支援装置、エアコン・グリル昇降装置)
・医療器具・機器(マイクロカテーテル、人工血管、PCIガイドワイヤ、植え込み型補助人工心臓)

12,446人 (2022/10現在)

海外売上高比率 - 82.9%
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2023/3Q短信

2023/2Q短信

2023上半期ミーティング

2023/中間報告

名キャリ動画
---------------------------------------
・感想

株価から16-17年2800EPS287.5、18年2600EPS145.3、19年1900EPS91.9
20年1300EPS-92.4、21年1700EPS129.1、22年1200EPS-189.9
現在1351EPS34.7、3Q61.8*4=247、目安2000-2500

3Qが有る程度続けばが前提

自動車メーカーの生産は回復基調

日本国内の自動車生産台数は前年同期比13.6%増の642万台
米国の自動車生産台数は前年同期比9.1%増の799万台
中国の自動車生産台数は前年同期比3.4%増の2,060万台

2Q時点
日本国内の自動車生産台数は前年同期比9.7%増の432万台
米国の自動車生産台数は前年同期比9.5%増の518万台
中国の自動車生産台数は前年同期比5.0%減の1,357万

欧州で予定していた新規受注案件の量産立ち上げが遅れたことによる影響により
当初想定していた販売水準に対して伸び悩んだ

円安による邦貨換算額の増加影響

主要顧客の販売台数が増加
原価低減と生産性向上、経費削減等の合理化

----------4Q------

営業1,512 経常2,488 利益-4,349

有価証券報告書

買収防衛策

決算短信

業績修正
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【3361】 トーエル 2024期

2024年02月20日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-3361-1.jpg

2024-3361-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

ライフライン事業会社。関東エリアでエネルギー事業(LPガス販売・関連器具・配管工事、電気販売、光通信販売)を主力に、ウォーター事業(国産・ハワイ産の水、水素水サーバーの宅配)を展開。「TOELLライフラインパッケージ」(LPガス、ウォーター、電気、通信のセット販売)、ウォーター事業における「アルピナ・高濃度水素水サーバー」「ピュアハワイアン」・海外用ブランド「信濃湧水」の販売。海外はインドネシアへの輸出に始まり6カ国へ日本の水を輸出。アグリカルチャー事業(植物生産工場「グリーンファーム」の建設)に注力。2015年光回線事業を開始。2016年東燃ゼネラル石油(現ENEOS)と提携(電力小売事業に参入)。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2Q短信

前年決算資料

新株報酬

変更報告書
---------------------------------------
・感想

株価から17-950EPS59.0 18-900 EPS57.2 19/20-750 EPS50.2 21/22-850 EPS61.0 23-730 EPS78.3

予想EPS70.9 目安700-1000 現800で妥当、
最大のポイントはウォーター事業、利益率20%とかなり高い

・ウォーター事業
利益面では円安による全般的なコスト増加が
あるものの、固定費削減や減価償却費の減少など製造原価の低減により増益

・全体
前第2四 売上高 12,618 売上原価7,675 (60%)
今第2四 売上高 11,432 売上原価6,409 (56%)

海外展開有

創業者長女の法人が2023/12/22 733で市場内70000株取得

他為替差益・消耗品売却でEPS上げている

3Q利益はエネルギー700 みず350で1050くらい

なかなか判断が難しい主事業変更が入りそうだが
速度としてはゆっくり
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »