08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

戸建建設見積もり

2017年09月16日
戸建建設の見積もりが出ました、依頼して1ヵ月かからないくらいでの返答でした。

建物価格:23.86坪×400000円=9544000円

諸経費
建築確認申請:450000
瑕疵担保保険:100000
地盤調査:50000
水道分担金:100000
水道申請:7230
(都市ガス:380000)
屋根材:45000
アンテナ:75000
残土砂利採掘運搬:200000
------------------------------
外構(駐車2台計算)
鋤取り:66000
土間コンクリート40m2:260000
枠組み:20000

計(税別):10917230円
計(税入):11790608円

------------------------------
水道工事(4戸分)
一筆給水管引き込み:1032000
下水道引き込み(市負担):80000
割引:-12000
------------------------------
水道工事入り金額
2戸:24769217円

正直あと100位低かったら理想だった
外構は一台にすれば20-30位削れるかも

水道工事は前回図のABCD4戸の見積もり
水道で問題が一つ、土地の南側に市の本管があるが東道路にはなし。
南側から全て引き込むやり方の見積りで
この場合ACは南側道路に接していないため水道管が
BDの土地を越境してしまう。
売る際に色々面倒になる予定(引き直しなど)
ACを東側から水道管引くとプラス100位増えてしまうが
以前記事にした通り、売る予定は無いので越境で進める予定です。

また、塀と都市ガス工事は外してます。
状況次第で塀は一部作るかも、プロパンは2-3倍高いが
都市ガス工事費を家賃に載せるのは微妙、、その分家賃下げる方向で。

それと北側の隣地と1mは開けるようにします。

次やる事は不動産屋での事前調査(一番最初でも良かった)・分筆見積もり依頼(1社はもらった)を行います
不動産事業 | コメント(0) | トラックバック(0)

仮想通貨市場規模9/16

2017年09月16日
仮想通貨の9/16市場規模をメモ載せしておきます

0916かそう

30位までの時価総額合計は9/9 $140945158735→ 9/16 $117936139643
仮想通貨の市場規模は-16.32%下落しました。

中国の取引所の取締りがあり暴落しました。

また、昨日の朝買ったBTCは今日手仕舞いし、
粗完璧に実施出来たので嬉しい限りです。
仮想通貨分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

今後の株式投入資金

2017年09月16日
先日DDも回復したのでロットを来週から上げる予定です。

んで、当初の予定では1.5倍位に上げる計画だったんだけど
1.5倍に上げると少し1銘柄辺りの投入金額のずれが大きくなってきました。

そこでシストレ用は全体を少し上げ、他一部は中長期銘柄へ回してみます。

と、言うのも今まで面倒くさくて避けてましたが出来高が厳しくなって来たら時間軸を広げないといけないんだけど
どうせ広げるなら中長期(年単位)を勉強しようと言うことにしました!

なるべく少しでも多く決算短信や決算説明資料を見る癖をつけるように努力します~
分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017/09/15 14:45からの攻防

2017年09月15日
本日+462000円
(半分近くは長期の利益)

なかなかのプラスなんですが、14:45以降でやられました
某銘柄(調べれば分かるが)を順張り保有していて14:45まで張り付いてました

頭に過ぎったのが過去にあった引けぎりぎりでのSTOP高剥がれ後の暴落。。。
それが不安になり剥がれる前に成行き売り注文、そして14:45(14:50)に剥がれ
落ちるか?と思ったが全然落ちなくて結局STOP高張り付き

ここ直近の傾向として14:00から張り付くのも多くなりました
以前一日空売り勢が張り付きSTOP銘柄を剥がして暴落させ利益を得る感じでやってたと考えられるが
買い方も工夫して引け間際に張り付かせ強制持ち越し方法を取るようになったと思われる。。

一日空売り利用者は恐らくリスクの面からもデイトレーダーなどの専業系で利用されてると思い
最後の最後引けまで引っ張れるので後場14:30以降でも利用者は多いと考えてます

この流れだとSTOPした銘柄は翌営業日寄りは結構上げるかもな~と思ってます、無念。。。
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)

仮想通貨暴落

2017年09月15日
朝起きたら仮想通貨が暴落してました、、

モルガンのお偉いさんがビットコインを批判したとか、
口先ひとつでダウンとはまだまだ実用化は遠いかな〜

んで70%BTCに突っ込みました!他は指値してます

----------------追記--------------
暴落原因は中国の取引所停止でした。
BTCCが9/30で取引停止見たい、、これはヤバイ流れ、、
仮想通貨 | コメント(0) | トラックバック(0)

2017/09/14 取引

2017年09月14日
本日+87000円

今日は微プラス
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)

人材派遣業界(アウトソーシング含む)について(メモ)

2017年09月14日
中長期用のメモとしてスルーして下さい

平成27-28年の業界規模 2兆9,658億円 成長+17.0% 過去7年上昇
派遣先業種によるが殆どが人材不足、売り手市場。

2017年1~3月派遣社員数約129万人。雇用者全体に占める派遣社員の割合は2.4%
感じ的には派遣社員の割合はそこまで増加傾向でもない、
その代わりパート・アルバイト・契約社員が増加傾向

人材派遣なのか人材紹介なのかアウトソーシングか(他人材広告・人材コンサル)で伸びが違うと考えられる
紹介系・アウトソーシングは伸びそうが景気悪くなったらどちらも縮小になるが
まあ、全て業種に次第にはなると思うが。

外国人労働者や65歳以上・女性は今後も伸びそう
景気に非常に影響を受けると思うので2020年前後からどうなるか・・

不景気になった場合の私考
人を雇わない→アウトソーシングを自社・派遣切り→自社契約社員切り→正社員リストラ

候補
---------ヒップ--------------
時価総額40億程、PER10-11 従業員743名
PER安いが直近で株価2倍に急上昇しすぎがかなり厳しい
アウトソーシング事業がメイン、微プラスの進捗、SMO事業は譲渡で単体へ
人材稼働率94.3%、技術者2016で630人→2017で669人
2017年新卒55名・中途44名の99名採用、2018年度新卒47人・中途32名(予定)の79名採用
2019年新卒予定60名

構成:輸送用44.8(+4.3%)、電子機器半導体11.6(+0.8%)、情報通信精密20.7(+20.7%)、機械8.9(-3.7%)、情報ソフト14.0(+3.4%)

2018売上は+5.5%、営業14.6%、経常14.5%予想(単体のみ)
技術者数2017は669人→2018年698人 (2018年売上予想と同程度の上昇)

-----------アルトナー--------
時価総額80億程、PER18-19 従業員736名
PERは普通だが今年で株価が2倍に上昇し調整あるかも
技術者派遣のみ、売上は10%弱位で直近推移
技術者2016年601人→2017で654人→2018で800人目標(実際750人行けばいいかも)
新卒2017年が107人・2018年120人予定 中途2017年21人・2018年23人、離職率9.7%

構成:電子機器32.6(-4.5%)、輸送用34.9(+15.6%)、精密15.9(+9.1%)、情報通信6.1(+36.9%)、機械5.8(+2.8%)
売上別:機械設計40.3(+7%)、電気・電子設計36(-2.4%)、ソフトウェア開発23.8(+32.7%)

--------キャリアデザインセンター------
時価総額116億程、PER15前後 従業員490名
PERは普通、1年で株価が1.5倍に上昇
@typeなどの転職サイト・人材紹介系、派遣は少し
セグメント別売上ではメディア+9%、人材紹介+24%、IT派遣+27%、新卒系-28%
セグメント別利益ではメディア+39%、人材紹介+35%、IT派遣+63%、新卒系(赤字)
@type-1%、女性@type+18%、適職フェア(エンジニア25%・女性14%)+20%

宣伝費は-4.7%、@type新規会員+15%、女性@type新規会員+6.8%(登録数なので目安程度)
今後も広告費は抑制傾向

不景気になったら影響大と考える

-----------クイック------------
時価総額333億程、PER20前後 従業員960名
PERは普通ちょい上、1年で株価が1.7倍程度に上昇
業種:人材サービスメイン・リクルーティング・海外事業もあり
人材サービスは看護師・専門職分野に集中

セグメント別売上では人材サービス56(+23%)、リクルーティング25(+8.6%)、情報出版12(+7.5%)、その他7(+16.1%)
セグメント別利益では人材サービス56(+31.2%)、リクルーティング34(+2.8%)、情報出版7(+55.3%)、その他3(+83.4%)、調整-37.4%
セグメント別人数:人材2016年307人→2017年361人、リクルーティング2016年214人→228人、出版2016年146人→150人

2020年経常利益約1.5倍計画

----------富士ソフトサービスビューロ-------
時価総額31億程、PER15前後 従業員3236名
PERは普通、1年で株価が2倍程度に上昇
業種:コールセンター業・BPO(アウトソーシングみたいなもの)相手先は官公庁が多い。
決算状況は官公庁に合わせ下期偏重型
案件別
・日本年金機構:コールセンターにおける年金電話相談等業務(4557)2015/9~4年間
・日本年金機構:年金保険の適用業務に係る電話照会対応業務(3575)2016/1~4年間(300→400規模拡大予定)
・国税庁:国税電子申告・納税システム等ヘルプデスク業務(1879)2015/7~4年間
・中小企業基盤整備機構:共済業務に係る加入者申込書等データエントリー業務(175)2014/8~3年間
新:日本年金機構:事務センターにおける入力業務・共同処理委託業務(1509)2016/10~1年間
新:公立学校共済組合:年金電話相談対応業(302)2017/4~3年間
新:国家公務員共済組合連合会:年金業務関係届出書データ入力業務(37)2017/1~2018/3
新:中小企業庁:消費税の転嫁拒否に関する調査に係るコールセンター業務(54)2017/4~2018/3
新:国民健康保険中央会:介護・障害者事業所ヘルプデスク運営委託(1119)2017/4~3年間
新:東京都:特殊詐欺被害防止対策事業委託(163)2017/4~1年間
社員数2015(2142)→2016(2554)→2017(3553)

----------クリエアナブキ-----------
時価総額21億程、PER19-20 従業員102名
PERは普通ちょい上、1年で株価が2~3倍程度に上昇直近で1.5倍
業種:人材派遣&アウトソーシング、中四国中心
売上率:人材派遣3956(+3.9%)、アウトソーシング2309(+3.4%)、人材紹介151(+11%)、採用支援317(29%)
その他55(-62.5%)※IT事業撤退の為、前期148位?
通期は200~250位予想、今後の売上はそこまで伸びないと思う
中長期戦略 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »