01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

システム差異の対策

2015年01月24日
確認してみたら注文は出していたが約定する前にSTOP張り付きしていました。
いわゆるスリッページです!

逆指値後ティックチャートを見ると23回付いてたので
それまで以内に発動出来なかったのでしょう。

数少ない順張りシステムの活躍でしたのにこんなことになるなんて・・・

対策を考えるとしたら

①逆指値をもう少し低い位置にする

②逆指値後の処理がもっと早い証券会社に変更

③普通に昼IR出て後場張り付きなどもあるので今回もあきらめる

くらいかなぁ~
やっぱり何度考えてもスリッページの対策は案がないな。
(まあこの前のユーロ/スイスに比べれば屁でもないが)

ま、今他の証券会社のスリッページ情報収集してるところだからそれによって②で出来る限りの事はするか
反省 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示