01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

次になにするか難しい

2014年11月02日
当日寄りを使ったシステムが出来たが、
次になにするか難しいです。

予定では5つ試したい作戦があります。

1、当日引け翌日寄り売りシステム

単純なオーバーナイトシステムです。
前提として他のシステムに比べそこまで動きがないシステムです。
1つ2つ位しか良いのが出来ません、利益が少ないがDDも少ないです。
自動化を考えると当日の寄りから現在値までのランキング情報が必要です。
(じゃないと300銘柄位データ取得しなきゃいけない)
SBIで値幅ランキングがあるのでそちらを利用すれば出来そうですが、
苦労の割にリターンが少ないかもしれません。

2、30分(60)ブレイクシステム

結構有名な戦略ですが、こちらは比較的簡単に出来そうです。
対象銘柄のデータを9:30に取得し当日高値を超えたら仕掛けとなります。
最大の問題が、スリッページです。
大嫌いなスリッページがどの位発生するか分からないので
お蔵入りする可能性が高いです。
そもそも、つい先日に順張りシステム停止したので抵抗があり。

3、分足システム

以前過去記事にも載せた、作った分足システムがありますが
張り付いて監視なんて出来ないので、殆ど運用してませんでした。
その分足システムを本格的に導入すると言う事です。
最大の難点はこちらもスリッページです。
ただ順張りシステムよりは落ち着くんじゃないかと思います。
後は、5分毎にデータ取得するのでPCの負荷や発注手仕舞いが大変そうです。

4、当日寄りシステムを充実

せっかく当日寄りが使えるので、
もっと色々と検証してみようと言う事です。

5、売りシステムの導入

さて、さてさて、もうどれだけのシステムトレーダーが挑戦したか、、、
逆日歩、売禁銘柄、青天井、システム作成の難しさと色々あり数々の人が断念。
その中の一人でしたが、証券会社の空売り銘柄増加、当日寄り指標、さらには30分ブレイクも
検証してありとあらゆる手を尽くして挑戦。
なぜなら、売りシステムは地合い変化によるバランスを安定させてくれる。
分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示