01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

順張りの注文方法

2014年09月18日
昨日ウィズが約定出来なかったんですが、
約定しなかった理由として、一度超えてしまった
指値をキャンセルしたためです。
今日はアーキテクツを成買に偶々したため買えました。

そこで、逆指値注文方法について考えたところ大きく三つ程に別れます。


①目標値到達後成行買い
メリット:粗約定する、指値より約定がわずかに早い
デメリット:大幅なスリッページになる事が多々ある。

②目標値到達後指値買い
メリット:許容範囲内のスリッページのみ約定する、DDがシステムに近くなる
デメリット:成買より約定がわずか遅い、買えない銘柄が多々ある、下げて約定など逆張りになる時がある

③目標値到達後指値買い、超えてしまったらキャンセル
メリット:許容範囲内のスリッページのみ約定、基本上げた時のみ約定、行って来いを喰らわない
デメリット:成買より約定がわずか遅い、買えない銘柄がかなりある

※張り付き注文がベストだと思うがここでは省きます

上記プラス、目標値を下げたり、指値を上げたりと調整します。
どれが良いんだろうな〜
分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 2014/09/18分足 | HOME | memo »