03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【6287】 サトーホールディングス 2024期

2024年02月27日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-6287-1.jpg
2024-6287-2.jpg

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

自動認識システム会社。2次元コード・タギング技術を基盤に、メカトロ製品(電子プリンタ、ハンドラベラー)、サプライ製品(ICタグ・RFID、ラベル、シール)を組み合わせた自動認識ソリューションを提供。DCS & Labeling+One(自動認識技術と商品・サービスの活用、情報収集する仕組みと情報をひも付けるタギング提供、音声認識・位置情報等の+One)をグローバルに展開。ハンドラベラーとバーコードプリンタの開発、バーコード・2次元コード・ICタグ(RFID)、プリンター・リーダー・ソフトウェアにより自動認識ソリューションの世界的地位を確立。可変情報ラベルは世界1位、バーコードラベルプリンタは世界2位。事業領域を「自動認識ソリューションx素材革命」とし、主要5市場(リテール、フード、マニュファクチャリング、ロジスティクス、ヘルスケア、公共)でのトレーザビリティソリューションを提供。2011年持株会社体制へ移行。2016年ドローンと自動認識技術を組み合せた在庫管理・棚卸自動化システムを開発。2017年英DataLase社(IDP/インライン・デジタル・プリンティング製品)を買収(2020年譲渡)
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

3Q短信

3Q説明会

3Qファクトシート

3Q決算動画

3Q質疑応答

2Q決算説明資料

2Q動画

2Q質疑応答

2Q発表後の多い質問
---------------------------------------
・感想

株価から14/15-2600 EPS114.0 16-2300 EPS110.1 17-2800 EPS96.1 18-3200 EPS121.5
19-2800 EPS112.5 20-2400 EPS-56.1 21-2600 EPS385.9(100) 22-1900 EPS112.7 23-2100 EPS126.7

予想172.8 目安2800-4000 3Q:86.9*2.5=217 目安3500-5000

下期計画は価格改定の加速により達成を見込む。価格改定は総じて受け入れられているおり、ラベルは他業界と比べて価
格改定がスローだが変化の兆しがあることや、お客さまもエンドユーザーとの価格改定交渉が進んだことなどが背景にある

日本は価格改定は進展も、計画比では遅滞。輸出粗利と販管費コントロールで計画以上
日本事業:計画を維持。Q4も価格改定遅滞が継続も、Q3の上振れ、想定比小幅なコストアップで吸収

為替感応度:すべての通貨が1円/USDの円安に連動した場合、売上高+504百万円、営業利益+30百万円

営業利益は海外事業(除くロシア)の増益が、ロシア子会社と日本事業の減益を吸収

3Q単体
売上+686(+要因)・欧/米プライマリー(ー要因)・欧州販社
粗利+664(+要因)・米州プライマリー・米州販社
販管費-728 (+要因)・欧州販社(ー要因)・欧州プライマリー
為替ー769(ー要因)・欧/米プライマリー

・日本
下期に入って価格改定が進展。サプライ商品の組織的対応が寄与。
11月9日開示計画比で価格改定の効果発現は遅滞も、妥結状況は計画線で推移
粗利が1Q-511、2Q-782、3Q-444
価格改定プラスも・輸出粗利が減、価格改定もまだ追いついてない

海外が堅調でどこまで伸びるか、ロシア子会社は利益が減り始めている
季節的に4Qは毎年落ちる
予想もほどほどに保守的に出すので注意
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示