03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【3300】 アンビDX 2024期

2024年02月24日
前期の調査

※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-3300-1.jpg
2024-3300-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

不動産デジタルサービス会社。賃貸DXプロパティマネジメント(住居用不動産の賃貸借/サブリース、第三者へ貸転、入居者募集代理)、賃貸DX賃貸仲介(斡旋)、売買DXインベスト(開発・販売)事業を営む。デザイナーズマンションを中心とする不動産開発、販売、賃貸管理、賃貸仲介、リノベーション、二次流通の事業バリューチェーン構築を営む。主力の賃貸DXプロパティマネジメント事業は家賃保証、敷金・礼金・保証金ゼロ「ALL ZERO PLAN」に特長。物件は東京23区を中心に神奈川・千葉・埼玉に集中のワンルームマンションタイプのデザイナーマンション、顧客層はDINKS・単身マーケツト中心。不動産テック会社としてAIを取り入れた自動接客システム、IoTサービス、RPAなど積極導入。2017年エボラブルアジア(現エアトリ)<6191>と資本業務提携、ヴェリタス・インベストメント(投資用マンション販売)を買収。2018年RPAテクノロジーズ社と業務提携。2019年リサイクルショップのトレジャー・ファクトリー<3093>、ネット型リユースのBuySell Technologies<7685>と業務提携。2020年弁護士ドットコム<6027>、マーケットエンタープライズ<3135>と業務提携。2021年AMBITIONから商号変更。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2Q決算説明資料

2Q報告

2Q短信

1月過去最高

前決算動画他
---------------------------------------
・感想

株価から17-700 EPS24.6 18-1200 EPS90.3 19-1100 EPS108.3 20-800 EPS48.2 21-700 EPS87.5 
22-600 EPS121.4 23-750 EPS141.2
予想160.7 目安800-1300 2Q104.2*2.5=260 1300-2100

2Q単体が続けばだけど売買DXが伸びてるからなぁ

賃貸DX事業の繁忙期が3Q以降のため、例年下期偏重傾向

販売用不動産
第2四半期2,725 → 第3四半期3,170 → 2023/6末 2,817 → 2024年6月期 1Q 3,785 → 2024年6月期 2Q 7073

めちゃくちゃ積んできた

• 子会社ヴェリタス・インベストメント:自社開発の新築投資用ワンルームマンション販売を中心に展開
• 当社インベスト部 :多様なルートからの物件仕入れ力により、立地を重視した分譲マンションの買取
再販、リノベーション販売を展開

単価の高い物件販売が進み、第2四半期累計販売戸数は横ばいも、増収増益。
販売チャネルを拡大し外国契約者数増加

今後も円安追い風に外国人向けなど踏まえて伸びそう

最大の問題は金利警戒や市況的に不動産に向かい風が吹いていて
売買のフローだから余り反応しない可能性も、予想値は超えると思う
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示