03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【6794】 フォスター電機 2024期

2024年02月22日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-6794-1.jpg
2024-6794-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

音響機器メーカー。スピーカ(車載用、オーディオ用、テレビ用)、モバイルオーディオ製品(ヘッドセット・ヘッドホン、小型スピーカ、業務用マイクロホン、振動アクチュエータ)、小型音響部品の製造・販売。国内外のモバイルシステムメーカー・大手電機メーカー・自動車メーカーへのODM・OEM販売が主体(音響ソリューションパートナーを目指す)。全世界10か国・地域、30か所に開発・製造・販売拠点を展開。事業の主軸をスマートフォンのヘッドセットビジネス市場から撤退、車載向けに生産体制・営業拠点を拡充。注力分野はMaaS、ウェアラブル、ウェルネス、エンターテインメント、計測器、静音/消音。車載用ビジネス(車載用ヘッドホン)、自動運転(アクチュエータを用いたハプティクス用途)、デバイスビジネス(マイクロスピーカ、振動アクチュエータ)の取組みを推進。2020年主要顧客向けヘッドセットビジネスから撤退。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

3Q決算資料

3Q四半期

3Q短信

中間ビジネスレポート

上半期資料

業績修正

中国製造体制
---------------------------------------
・感想

株価から15-2500 EPS255.4 16-2100 EPS41.2 17-2200 EPS165.8 18-1900 EPS-83.2 19-1750 EPS 69.2
20-1200 EPS-148.5 21-1000 EPS-315.5 22-800 EPS38.2 23-1000 EPS89.9
2Q/3Q 112*2=224 目安2200-3000、2Q~3Qが続けば割安

海上運賃の低下12億等に加え、継続的な原価改善策の結果増益

欧州・ハンガリー工場の立ち上げ準備も予定通り

車載用スピーカは、一部顧客において在庫調整に伴う出荷
数量の減少があったものの、半導体不足等の厳しい環境が
改善し、出荷数量は計画通りに回復中

配当性向30%

コスト連動性価格分以外にももう売価値下げ(-260)してる
一時的にはりえきでるかもしれないが、値下げ迫られる事もあるかも
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示