03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【4526】 理研ビタミン 2024期

2024年02月22日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-4526-1.jpg
2024-4526-21.jpg



※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

調味料メーカー。天然素材技術(抽出・精製・濃縮)を基盤に家庭用・業務用食品の調味料(ドレッシング・スープ・海藻製品・エキス)、加工食品用原料、ヘルスケア原料、ビタミン、化成品改良剤の製造販売。国内食品事業(家庭用食品、業務用食品、加工食品用原料)、国内化成品その他、海外のセグメント。主要製品は「ふえるわかめちゃん」「ノンオイル青じそドレッシング」「わかめスープ」「和風調味料 素材力だし」。加工食品用原料は国内加工食品メーカー向け食品用改良剤・色素・ビタミン等、医薬品・食品メーカー向けビタミン等の各種ヘルスケア素材等を販売。1938年理化学研究所を母体にビタミンAの製造部門を引き継ぐ形で発足。2008年キッコーマンと資本業務提携。2021年中国子会社の青島福生食品を譲渡。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

3Q短信

業績修正

3Q決算資料

2024年3月1日業務用価格改定
2024/3/5和風だし価格改定
2024/02/1家庭用価格改定

2Q動画・資料・質疑応答
---------------------------------------
・感想

15-2000 EPS84.9 16/17-2200 EPS127.5 18-2000 EPS146.9 19-1800 EPS80.0 20-2000 EPS-272.5 21-1600 EPS-49.4
22-1750 EPS658(127.5) 23-2150 EPS195.5 22年から株数縮小
予249.8 目安:2700-5000

海外事業においても物流コストが予想を下回る水準

連結配当性向 30%以上を目安

外食産業向けの需要回復や価格改定が増収に寄与
価格改定効果や広告宣伝費の減少により大幅増益

人件費等は増も、広告宣伝費の減少や
海外海上運賃の下落で販管費が減少
広告宣伝費 :▲305百万円
物流費 :▲560百万円
その他販管費:+751百万円

●国内食品事業
家庭用は「ザクザクわかめ」「謎ドレッ
シング」が好調維持。春・秋のTVCMス
ポット見送りで広宣費が減少。
業務用は調味料類を中心に外食産業向け
の販売が伸長。海藻商品でCVS向けの販売が伸長。
加工食品用原料等は価格改定効果に加え
数量も回復傾向。ヘルスケア分野では医
薬用マイクロカプセルなどの販売が伸長。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示