03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【6674】 GSユアサ 2024期

2024年02月22日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-6674-1.jpg
2024-6674-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

大手電池メーカー。自動車電池(自動車・バイク用バッテリー、電動車両用鉛蓄電池)、産業電池電源(常用・非常用電源装置、無停電電源装置)、車載用リチウムイオン電池、特殊電池、膜製品の製造・販売。全世界19カ国・37拠点において自動車、オートバイ、産業用蓄電池の製造・販売。鉛蓄電池(バッテリー)分野は自動車用で世界第2位、バイク用で世界第1位。世界で初めて電気自動車向けリチウムイオン電池を量産化、米ボーイング社の「787」にリチウムイオン電池納入(世界初の航空機搭載)、準天頂衛星「みちびき」・ロケット・観測衛星・潜水艦への搭載などの実績。ポストリチウムイオン電池(全固体電池)の研究開発を推進。2012年NEC<6701>とリチウムイオン電池で協業契約。2013年独ボッシュ・三菱商事と自動車用リチウムイオン電池開発で提携。2015年パナソニックの鉛蓄電池事業を譲受、ニッケル電池から撤退。2018年特機製品事業をマクセルに譲渡。2021年サンケン電気<6707>から社会システム事業(電源システム)を譲受。2023年本田技研工業<7267>とリチウムイオンバッテリーの合弁会社(Honda・GS Yuasa EV Battery R&D)設立。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

3Q決算動画

3Q補足資料

3Qプレゼン資料

3Q四半期報告

プレゼン説明

質疑応答

中長期計画
---------------------------------------
・感想

株価から15/16-2400 EPS121.7 17/18-2500 EPS164.7 19/20-2000 EPS168.2 21-2700 EPS141.9
22/23-2400 EPS173.1 予想値209.4=189 3Q143.3*3=429*0.9 386 新株で0.9割
目安3000-2600 妥当 3Q単体:5000-6000ただし今後の伸びが必須

海外自動車は売価是正で利益増、特にリラ安でのトルコ拠点の影響が大きい

トルコ国内・輸出ともに非常に好調で、リラ安を背景に特に輸出が大きく伸び
ている。

産業電池電源は通常 4Q に売上・利益が偏るが、今期は 3Q に利益率のいい案件が出
た面もある。加えて値上げが浸透した影響と、常用分野の需要が旺盛で売上が堅調だった
こと、採算の改善が進んだことが要因。

2Q までは中国の状況が厳しかったが、持分譲渡したことで赤字が改善

・HEV(ハイブリッド) 用:足元での生産能力 5,000 万セル/年から 7,000 万セル/年まで伸ばして
いき、販売数量が増える見込みがあるので、2023 年度よりも 2024 年度に伸びが期待

・ESS(蓄電池) 用:現時点で生産能力が足りなくなるほどの受注が来ているため、増産に向けて生
産能力を増強している。しかし生産能力に制約があるため、どこまで売上高が伸びるかは不
確定な面がある。稼働率の向上効果に加え、需要が旺盛であることで採算の改善が進ん
でいることも大きなメリットであり、好調の要因

リラは今年更に下げている
HEVは生産能力を5000万セル体制→7000万セル体制へ上げる予定
来期・再来期も伸びる見通し
ESSは生産限界まで来ている

2年前くらいから蓄電池システムの補助金が出る事で旺盛な需要もあり

顧客の不正で納品出来なかった分を今期上乗せしていて利益率が改善している
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示