03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【2180】 サニーサイド 2024期

2024年02月21日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-2180-1.jpg
2024-2180-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

PRコミュニケーション会社。企業広報、商業施設やホテルのPR(メディア、広告、キャンペーン)、スポーツマーケティング、エンタテインメントのプロデュース、イベント・キャンペーンの企画・開発を営む。ブランドコミュニケ—ション事業(PR、スポーツマーケティング、コンテンツ開発、キャスティング、購買・成約の意思決定ソリューション、IP活用のコンテンツ制作・販売施策)。フードブランディング事業 (朝食人気で有名なシドニー発のレストラン「bills」運営、ハワイ本社・国内に進出)、ビジネスディベロップメント事業(新規事業の開発・創出)を展開。所属スペシャリストは「中田英寿」「前園真聖」「白井健三」「コシノジュンコ」等。アジア・欧州を中心とする海外プロモーション施策に注力。2019年インフルエンサーマーケティングでGunosy<6047>と業務提携(合弁会社設立)、Red Havas(世界最大級のグローバル・コミュニケーション・グループ)とパートナーシップ締結。2020年持株会社化。主要取引先はハピネット、ファミリーマート。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2Q決算資料

IRセミナー動画

2Q短信

サニーサイドチャンネル

1Q決算資料
---------------------------------------
・感想

株価から14/15-250 EPS-15.1 17-400 EPS20.8 18-500 EPS25. 19-1000 EPS33.4 20-700 EPS-14.0
21-750 EPS19.8 22-650 EPS38.6 23-700 EPS59.3
予想62.3 目安740-1200 2Q33.9*3=100 目安1200-2000

2Q要因によっては割安

ブランドコミュニケーション事業で3億円改善、PR中心に改善

マージンの改善 +2億、費用減少 +1億、減収影響 ▲0.67億
PR中心に受注獲得へ提案強化、利益は保守的に想定

1Qに販促施策・商品企画の特需剥落の影響

吸収合併後の株式会社サニーサイドアップの従業員数は1割弱増加、1人当たり営業利益は2割増加
低収益案件の見直しや稼働の適正化にも着手

2Qは海外コスメ等が伸長、都心の大型施設、都心・広域中心都市のホテル開業も受注拡大

2QPR内容
虎ノ門ヒルズステーションタワー(10/6開業)
麻布台ヒルズ(11/24開業)の開業PR
• 大谷翔平×dip
• NewJeans×ロッテ「イタガム」

2024 年 2 月 に I n f l u e n c e r M a r k e t i n g S u m m i t ※ 1を開催

季節性ありで3Q以降はQonQでは結構落ちる
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示