03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【4088】 エア・ウォーター 2024期

2024年02月19日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-4088-1.jpg

2024-4088-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

大手産業ガスメーカー。産業ガス(酸素・窒素・アルゴン・水素)供給を事業基盤に、デジタル&インダストリー(機能材料、ガス)、エネルギーソリューション、ヘルス&セーフティー、アグリ&フーズ事業を展開。成長ベクトルを「地球環境」と「ウェルネス」の2軸に統合、複合企業として産業系ビジネス(クリーンエネルギーの産業ガスやケミカル、産業ガスは大陽日酸と双璧)と、生活系ビジネス(医療・エネルギー・農業・食品・塩、事業多角化により農業・福祉・水・食品分野に進出)を営む。傘下に川崎化成工業、タテホ化学工業、川本産業<3604>、K&Oエナジーグループ<1663>、歯愛メディカル<3540>を持つ。2000年大同ほくさんと共同酸素が合併・設立。2015年川崎化成工業を子会社化(2018年完全子会社化)。2016年歯愛メディカルと資本業務提携、川本産業<3604>を子会社化。2018年プレミアムウォーターHD<2588>と宅配水サービス事業で業務提携。2019年デリカフーズHD<3392>と業務提携、産業ガス大手の米プラクスエアからインド事業を取得(238億円)、オランダの電源装置大手ハイテックHDを買収(100億円)、産業ガス大手の独リンデからインド事業を取得(204億円)。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

3Q短信

3Q決算資料

質疑応答

中長期計画

2030年度目指す姿

産業・医療ガスの価格改定2024/2/8

---------------------------------------
・感想

株価から15-3000 EPS102.7 16-1850 EPS114.5 17/18-2100 EPS147.3 19-1800 EPS 147.4
20-1550 EPS121 21-1800 EPS191.1 22-1700 EPS176.8 23-1850 EPS192.9
3Q60.3*4=240 目安2300-3000 少し割安気味

産業ガス、業務用塩を中心とした各種製品の価格改定が進展
グローバル&エンジニアリング(北米産業ガス、高出力UPS)の拡大
飲料事業の伸長、青果卸事業の新規連結効果
木質バイオマス発電事業(電力、海水)のコスト影響が緩和

2024/4/1からエアセパレートガス(酸素、窒素、アルゴン、エルナックス)等10%増
炭酸ガス、ドライアイス、ヘリウムガス、レアガス、水素ガス、ダイサイド20-30%増

デジタル&インダストリー
第 4 四半期は、半導体市況の回復遅れはあるものの、産業ガスの価格
改定効果が継続して発現するほか、前年同期に発生した炭酸ガスの設
備トラブルからの回復などが見込まれる。

その他
北米での産業ガス関連機器や高出力 UPS が堅調に推移しているほか、
日本海水㈱における業務用塩の価格改定や前年 8 月に新規稼働した苅
田発電所(福岡県)の業績貢献が見込まれる。

MA効果
第 3 四半期累計において、売上収益で約 100 億円、営業利益で 5~10 億円の貢献
第 4 四半期は、新たに American Gas Products 社の業績を取り込み

4月から価格改定が乗ってくる、また2024年で中計最終年なので
新たな中長期計画が出てくるかも、MAも堅実

ただ今のEPSだと微妙な割安、営業利益1000億目指していければベスト
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示