03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

【7013】 IHI 2024期

2024年02月17日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-7013-1.png

2024-7013-2.png

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

総合重工業メーカー、(旧)石川島播磨重工業。航空機エンジン・ロケットシステム、発電用ボイラ・LNGタンク・ガスタービン、原子力機器、プラント基盤、海洋開発、舶用機械、産業システム等の製造販売。資源・エネルギー・環境、社会基盤・海洋、産業システム・汎用機械、航空・宇宙・防衛の4分野でグローバル展開。主力製品のLNGタンク、車両用ターボチャージャー、吊橋、民間航空エンジン用ロングシャフトは世界をリード。航空宇宙関連の民間航空ジェットエンジンはエアバス・ボーイングに納入実績(世界有数の航空エンジンメーカーとのパートナーシップによりエンジンや部品を提供)。原子力関連は原子炉圧力容器・格納容器・配管システム・核燃料サイクル関連システムを開発・建設。アンモニアや水素を燃料にした発電設備の開発に注力。子会社IHIエアロスペースは科学観測や実用衛星打ち上げ用ロケットを開発。傘下に明星電気、IHI運搬機械、持分法適用会社のジャパンマリンユナイテッドを持つ。2013年造船部門をジャパンマリンユナイテッドに移管。2014年三菱重工業・日本政策投資銀行と三菱重工航空エンジンを共同設立。主要取引先は日本航空機エンジン協会、防衛省。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

3Q決算動画

3Q決算資料

3Q短信

3Q質疑応答

2Q決算資料

中間レポート

2023年報告書

2Q質疑応答

12/14 PW1100G-JM エンジン影響

10/25 業績修正
10/25 業績修正資料
10/25 追加検査の状況

10/17 工事遅延の和解

事業領域説明会資料
事業領域説明動画
質疑応答

9/12 PW1100G-JMエンジン追加検査

駐車装置立ち入り検査

1Q質疑応答

前決算資料

前本決算質疑
---------------------------------------
・感想

株価から14/15-1800 EPS58.8 16-3000 EPS34.0 17/18-3600 EPS258.5 19-2500 EPS84.2 20-160088.1
21-2500 EPS439.8 22/23-3300 EPS294.5 
予想EPS-594.6、1400億検査損減らすとEPS323、3QEPS184.8*4=EPS736 季節性でEPS500
目安EPS323 2500-3500-4500、 EPS736  5000-10000 EPS500 3500-6000

25. 3予 1,450,000 95,000 95,000 65,000 429.5

割安気味だがポイントは検査費用と談合の問題か

PW1100G-JM 追加検査は為替以外は問題ないとの返答

2Q までは大きかったプログラム関連費用の負担が,3Q では落ち着いた

防衛関連案件の受注は,前年度に比して大きく伸びている。今後数年間は,この規模感での受注期待

カーボンソリューション事業におけるサービス事業の取り込みの成果

物流・パーキング等の事業での資機材価格高騰分の価格転嫁が難しい状況

固定資産売却についても計画を進めており,今年度中に実現する案件もあり得る

特に今期は上半期の社会基盤での原価先行算入や
資機材価格等の高騰分の価格転嫁が遅れていること等により,下半期に利益が集中

第2四半期まで,PW1100G 本体の台数増加や,アフターマーケット費用の前年度からの
ズレ等が利益を押し下げているが,スペアパーツ取扱高は順調に回復
今年度下期は利益回復していくとみている。2025 年度の営業利益目標についても変更は無い
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示