01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

中国不動産状況

2023年09月07日
中国の不動産状況を自分なりに考えてみました

中国状況3

懸念事項は4点

・中国進出企業の影響

→中国で販売などしている企業は撤退、製造工場はどうなるだろう
気持ち積極的な工場投資などは出来なさそうな感じはするが
一番の懸念が資本規制、お金出せないじゃ国際的に価値が無い

・台湾有事

→日本への影響最大、国内混乱を乗り切るために可能性はありそう
不況から軍部が力を持って行くのは歴史が物語っている

・世界規模への影響

→GPIFは2021年時で恒大集団へ債券が59億(24年4月償還債16億)、他株式が37億
他の不動産会社への融資、他の金融機関からの融資、他の国からの融資など
また、中国不動産債権を組み入れたCDOなどの影響も不明
ただし、外貨建てはそこまで大きくはないとの事で以外とアメリカとか
テスラなど一部以外は影響でない可能性もありそう。

・中国資本が入った日本不動産への影響

→データを探してもなかったのだが地理的な関係で
日本の不動産での海外資本割合は中国が大きいと考えている
近年の円安で中国資本がかなり入っていると推測しているが
返済の為、今後投げ売りが出てくる可能性も考えられる
で、不況の円高も重なり不動産価格が下落との結論に至ってます。
まとめ一覧 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示