01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【7408】 ジャムコ 2024期

2023年08月03日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-7408-ジャムコ

2024-7408-ジャムコ2


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

世界トップの航空機内装設備メーカー、伊藤忠商事系列。航空機内装品(ギャレー、ラバトリー、調理用器具インサート)、航空機シート、航空機空調用機器・エンジン部品の供給、航空機整備事業を展開。航空機客室内の全装備品を網羅、大型旅客機・旅客用ギャレー(厨房設備)は国内外100社超への納入実績(世界シェア約40%)、ラバトリー(化粧室)はボーイング社・エアバス社に採用(世界シェア約50%)、航空機シート製造はファーストクラスやビジネスクラスのプレミアムシートに特化。航空機整備(中小型機の機体整備・装備品整備)は創業の伊藤忠航空整備からのセグメント。大成建設と共同で独自の炭素繊維構造部材自働成形「ADP」を開発(航空機構造部材に実績)。伊藤忠商事<8001>、ANAホールディングス<9202>の持分法適用会社。2019年大型旅客機777X向け厨房設備「ギャレー」を出荷。2020年グローバルニッチトップ企業100選に選定(ラバトリー、ギャレー内装品)。主要取引先はMITSUBISHI INTERNATIONAL、ITOCHU Singapore、AIRBUS OPERATIONS。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2023年度決算説明資料

2023年度決算説明資料(スクリプト)

2023年度決算説明動画

2023年度有価証券

・2023決算報告

2023決算短信

2019年不適切事情

---------------------------------------
・感想

株価から16-18で2500EPS71.2、19年で1900EPS22.6、20-21で850EPS-506.5、22で1300EPS59.4(81.1)
現在:1619、予想EPS85、前下期EPS56.7、目安1800-2500
19年は不適切事情前と後では大きく変わるEPS半分位修正

黒字化してきたが18-19程の数字がでるか
大株主に伊藤忠・ANAが入っているが
メインの取引先はボーイング・エアバスと海外勢が73%と為替要因で大きく動く
2024年度の為替はドル円130円想定

配当増配は赤字続きから厳しい目

参考
ボーイング 
2023/3 受注808、納入479、受注残4,579
2022/9 受注432、納入327、受注残4,355
2022/3 受注535、納入340、受注残4,250
2021/9 受注349、納入241、受注残4,163
2021/3 受注-1,194、納入157、受注残4,055
2020/3 受注-81、納入380、受注残5,630
2019/3 受注893、納入806、受注残5,951

エアバス 
2023/3 受注820、納入663、受注残7,237
2022/9 受注647、納入437、受注残7,290
2022/3 受注507、納入611、受注残7,080
2021/9 受注133、納入424、受注残6,893
2021/3 受注268、納入566、受注残7,184
2020/3 受注768、納入863、受注残7,482
2019/3 受注747、納入800、受注残7,577

上記を見ると受注はだいぶ回復してきた
受注残もある程度回復、納入が回復傾向だがまだまだ
想定では2024年で19年推移との事

内装品は業務効率改善・為替影響などで増
業績修正は結構多く先の見通しは難しめ
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示