01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【9450】 ファイバーゲート 2023期

2023年03月25日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-9450-1.png

2023-9450-2.png

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

Wi-Fiサービス会社。Wi-FiソリューションとしてB2B2Cモデルのホームユース事業(マンション向け全戸一括接続サービス)、B2Bモデルビジネスユース事業(観光・商業施設、インバウンド)を展開。通信機器開発からWi-Fi環境の構築・運用、顧客サポートまでを提供。ホームユース事業は集合住宅オーナー向けにインターネットト接続サービス「FGBB」、保守・運営・サポート、ホームIoTサービス(スマートキー、エアコン遠隔制御)提供など。ビジネスユース事業は施設(観光施設・各種店舗・商店街・商業施設・ホテル)にフリーWi-Fiサービス「Wi-Fi Nex」、観光地に多言語対応「SHINOBI Wi-Fi」、移動交通機関(バス)向けの「Wi-Fi BUS」、BCP対策サービス「衛星通信Wi-Fi」を提供。その他、Wi-Fiプロダクト/通信機器の製造・販売。2020年デジタルデータソリューションと業務提携、朝日ネット<3834>と合弁会社設立。主要取引先は USEN-NEXT LIVING PARTNERS、積水ハウス不動産東京。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当第2四半期連結累計期間(2022年7月1日~2022年12月31日)におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感
染症の拡大が落ち着きを見せ行動制限が緩和されたものの、国際情勢の不安定化等が加速しており引き続き今後の
感染症の動向や景気変動について注視が必要な状況となっております。
 このような状況下で当社グループは「すべての施設にWi-Fiを」をキーワードにビジネスユース事業はホテル、病
院、介護施設、公共機関等の需要の掘り起こしを進めるとともに、ホームユース事業についてはIoTや再生エネルギ
ーなどの利便性や環境貢献も追求することにより賃貸住宅オーナーや居住者への訴求に努めてまいりました。
 ホームユース事業におきましては、新築案件の導入も順調に進んでおり、前年から引き続きサービス提供戸数が
堅調に増加しております。
 一方で円安、半導体不足による機器の製造コスト等のコストは引き続き増加傾向にありますが、サービス提供戸
数の増加に伴う売上高の増加によりコスト増加の影響を抑えることができました。
 以上の結果、ホームユース事業は売上高4,501百万円(前年同期比15.2%増)、セグメント利益1,389百万円(前
年同期比30.7%増)となりました。
 ビジネスユース事業におきましては、新型コロナウイルスによる行動制限の緩和や観光ニーズの高まりを受けて
タクシーなどの交通機関、ホテル等の観光施設やイベント等の屋外向けのWi-Fiサービスが回復傾向にあります。
 また、子会社である株式会社FG-Labでは得意先ごとの個別要望に対応した機器の開発案件を受注し、当該機器の
販売を行っております。
 一方で、円安や半導体不足による機器の製造コストの増加や新規案件獲得を目指した人員増加により人件費が増
加傾向
にあります。
 以上の結果、ビジネスユース事業は売上高680百万円(前年同期比14.5%増)、セグメント利益116百万円(前年
同期比10.2%減)となりました。
 不動産事業におきましては、株式会社FGスマートアセットが保有する新世代SDGsエコロジーマンションである
Reunir Gracias川口の賃貸収入等があるものの、当第2四半期時点では不動産の販売はありませんでした。
 以上の結果、不動産事業は売上高19百万円(前年同期比75.7%減)、セグメント損失2百万円(前年同期はセグ
メント利益10百万円)となりました。
 その他の事業におきましては、株式会社オフグリットラボの研究開発費等の費用負担がありました。
 以上の結果、その他事業は売上高2百万円(前年同期は売上なし)、セグメント損失1百万円(前年同期はセグ
メント損失5百万円)となりました。
 この結果、当第2四半期連結累計期間の経営成績は、売上高5,203百万円(前年同期比13.6%増)、営業利益991
百万円(前年同期比35.1%増)、経常利益981百万円(前年同期比36.5%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益
676百万円(前年同期比40.5%増)となりました。
 また、当第2四半期会計期間においては過去最高の売上高及び経常利益を達成いたしました。

連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
2023年6月期の連結業績予想につきましては、2022年8月13日に発表しました「2022年6月期 決算短信[日本
基準](連結)」にて公表いたしました連結業績予想に変更はありません。
今後の見通しにつきましては、引き続き検討を行い、連結業績予想に関し修正の必要が生じた場合には、速やか
に開示いたします。
なお、将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいてお
り、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

2023-9450-資料1
2023-9450-資料2
2023-9450-資料3
2023-9450-資料4]

---------------------------------------
・感想

株価から18年900EPS28.8、19.21年1500EPS36.2 、20年1700EPS50.1、22年1000EPS52.6
現在977EPS63.7、PER15 上期EPS33.2 *2=66.4 目安1200-3000
営業成長率が20%位で推移すれば高値範囲まで行きそう

銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示