04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

マザーズETF売りの手数料

2023年03月10日
ふと数字に大きな差があり気になったので記載しました

マザーズ手数料

マザーズのETF売りですが1カ月前のポジを見ると
5000株607.4-現在589.4=90000円
5000株605-現在589.4=78000円
となるのですが、71339円・59533円となっております
つまり18661円・18467円程差分があり合計37128円となります
10万株なら月37万年間444万とコストがものすごくかかります・・

10万株600円で6000万/444万=7.4%
うわ~きついなぁ、これに7月の配当分マイナスが入るのかも

買いの金利も見てみます
買い金利

2カ月:2500株(400万程) 1573円-現在2004円 =1077500
1カ月:1000株(130万程) 1365円-現在1371円 =6000

-15139円(-7570円)、-2293円となります
1カ月100万で1763円~1892円含みが増えればその分増加
1800で計算すると12カ月21600円/100万=2.16%(大口金利)

売りは先物が良いのかと考えてしまいますが
先物はロールオーバー手数料があるのでどちらが良いのか・・
それにしてもキツイ
最低でも信用分7.4%は年間勝たないといけなくなるので
割に合わないな~

でも、ロールオーバーのコスト(2%)を入れて計算した人もいたみたいで金利
先物税金など全て含めて
L2、S1=ネット1の場合でも14.7%の手数料がかかるとの事
L3、S2=ネット1の場合は30.4%くらいになるらしく、めちゃくちゃハードルが高い

ざっくりでも7.4%+2.16%(大口金利)なので年間10%は
指数にアウトパフォーマンスしなければならない。
できなければ素直に現物のみにした方が良い

指数に10%以上アウトパフォームするにはボラティリティがないと
超えない為、何か決算などでカタリストあった銘柄に絞るのが望ましそう
と、なると決算シーズン後の1カ月になるのだがそれでも良いのかも

------------------4/18追記---------------------

マザーズ売り

その後も手数を見て見ます

1カ月:10000株(570万程) 567円-現在570.1円 =-31000円 (評価-37397円)
1カ月:7000株(400万程) 565.5円-現在570.1円 =-31500円 (評価-35898円)
差分6397円、4398円となっており5.7と4で割ると100万円辺り1122~1100円となります
金利表示で0.11%と物凄くコストが低いです。

前回は配当落ち分が上乗せされた可能性が非常に高く0.11%なら気にならないレベルです
個別銘柄で買いも見て見ます

1カ月:3000株(660万程) 2371円-現在2195円 =-528000円 (評価-542404円)
1カ月:500株(68万程) 1272円-現在1321円 =+24500円 (評価+23034円)
2カ月:1000株(135万程) 1365円-現在1321円 =-44000円 (評価-49654円)

差分14404円、1466円、5654円となっており金利が2.18%,2.15%,2.1%

となるため大よそ買い2.2%、売り0.11%+配当落ち7.4%*2回/12カ月=1.23%
2.2+0.11+1.23=3.54%となります

もしかしたら配当落ちじゃなくて逆日歩だったのかも
雑談 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示