02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【2185】 シイエム・シイ 2023期

2023年03月04日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-2185-1.png


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

マニュアル制作&マーケティング支援会社。Manuals&Knowledge事業としてマニュアル制作、業務標準化、人材育成/商材・販売・技術教育、製品の販売促進・広告宣伝、技術情報活用を展開。マニュアルをライティング・制作する事で得る商品知識を武器に顧客のマーケティング活動全般に対して施策を提案。主力はユーザー向け使用説明書・修理書の企画・編集(自動車/技術マニュアルのシェア約50%、工作機械、家電、OA機器、住宅設備等)。業務標準化オープンプラットフォームビジネス業務手順の棚卸を支援する「KAIZEN FARM」、自動車整備事業者向け働き方改革・DXサポートビジネス(整備作業効率化アプリ「楽々エーミング」)、ビジネスモデル変革に向けた「マインドセット」と「リテラシー向上」を推進。2019年ドキュメントソリューションのフィットと資本業務提携、AI&ICTの木村情報技術と業務提携。主要取引先はトヨタ自動車(売上の約40%)。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当社グループは、「情報価値のサスティナビリティをめざして」をビジネスモデル変革のキーワードとして掲げ
ております。情報を必要とする人へ“必要な時に、必要とする情報を、最適な方法で”届け、ユーザーエクスペリ
エンス(顧客体験価値)の最大化を図るために、お客さま企業の商材・市場・会社を深く理解し、お客さまのニー
ズに合わせて情報を体系化することで、社会全体の情報価値向上サイクルの実現をめざしております。
 中期経営計画では、「2030年に向け、人財を育てる、データを育てる」を基本方針としております。
 中期経営計画2年目として、成長戦略を着実に進めた結果、当第1四半期連結累計期間は、前年同期比で増収増
益となりました。
① 成長戦略への取組み状況
 市場戦略では、主力市場・注力市場のお客さま企業のデジタル変革を推進する部門との共創活動を引き続き、
実施しております。また、モビリティ市場をはじめ、各市場のお客さま企業の課題に寄り添ったデジタル商材の
提供を、グループ各社との連携をさらに強化し、進めております。
 事業戦略では、社会やお客さま企業のニーズに応えるために、当社グループの知見を活用した業務効率化・働
き方改革につながるサポートを継続的に推進しております。
機能の高度化に伴うエンジニアの業務負荷の軽減を図るため、AR(拡張現実)技術を活用した自動車特定整
備 エーミング作業(※1)をサポートするアプリケーション「楽々エーミング(※2)」を展開しておりま
す。自動車のセンサー機能の高度化による整備作業の負担軽減に貢献すべく、セミナーなどを通じて整備事業者
への導入活動を推進しております。
また、業務効率化・省人化の取組みに悩みを抱える企業・団体に対して、長年の業務標準化ビジネスで培った
業務手順の整理・分析などのノウハウをシステム化したサービスとして、働き方改革を支援するビジネスプラッ
トフォーム「KAIZEN FARM(カイゼンファーム)(※3)」を展開しております。各業界にネットワークを持つ
企業・団体と協業し、各業界の課題共有、連携活動を行うことで、各業界でのサービス普及を効果的に進め、サ
ービス導入企業・団体数は順調に増加しております。引き続き、各業界のニーズに対応する機能強化や連携ツー
ルの拡充、蓄積データを活用したビジネス展開を進めてまいります。
 人財戦略としては、ビジネスモデル変革実現に向けて、時代に合った教育手法を検証するとともに、従業員の
スキルなどの見える化、適材適所での人財配置を実現することで、将来を担う次世代人財の育成を推進してまい
ります。
 引き続き、情報価値のサスティナビリティをめざし、継続的な企業価値向上と社会の持続可能な発展に貢献し
てまいります。

2023-2185-資料1

決算動画

---------------------------------------
・感想

株価から18-今まで1000-1400の範囲EPS118、15-17は600EPS66.2
予想158.4、目安1500-2000、1QEPS26.9*3=80+83=163
為替差損が入ってた-1億、EPSが+8*3=24、EPS187、目安1600-2000

海外が爆増、アジア地域で技術向けが好調との事
継続できるかは不明、一時的な案件の可能性もあり

ただ3~4Qで海外売上比率が高まっていて4Q単体でひっくり返した
まず海外売上メインになればその水準訂正が入り
成長しているので、成長の水準訂正も入る
また、季節的に1-3の方が伸びるので2Qは注目

12月比では円安で恩恵有
メインは自動車向けなので自動車もコロナからの復旧で
回復傾向でトヨタ向けが40%との事(今は変わってるかも)
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示