02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【3440】 日創プロニティ 2023期

2023年01月15日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-3440-1.png
2023-3440-2.png

※空売り機関

----------------------------------------
・株主/子会社

金属加工製品メーカー、福岡市本社。多種多様な加工技術を基盤に金属材料の板金加工・組立・塗装、金属製品(建材・畜材からインテリア用品や半導体関連・車両部品まで、オーダー加工品と自社ブランド品)の供給。商社からの材料を直接仕入れ、加工設備により素材からユニット部品・消費材まで多岐にわたる用途の製品をオールインワン加工(短納期、大量生産)。主要製品は太陽電池アレイ支持架台、太陽光発電システム搭載型カーポート、不燃断熱パネル。太陽光発電パネル用架台販売で関東・関西エリアへの営業活動シフトに注力。ダンパー製作のダイリツを子会社化(2018年)。その他、ゴム加工事業(住宅、機械、公共インフラ設備向けゴム製品の製造)、建設事業(付随する建設)を展開。2022年ニッタイ工業及びエヌ・トレーディングを子会社化。主要取引先は戸田建設

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当社グループにおきましては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に起因する直接的な影響は軽微であり
ましたが、国内外景気の先行きについては、当面、厳しい状況が続くと見込まれ、感染症が国内外経済をさらに
下振れさせるリスクに十分注意する必要があるなど、不透明な状況が続くものと見込んでおります。
このような状況の中、当社グループは、新規取引先の開拓、既存取引先のリピートに積極的に取り組み、主と
して金属加工事業においてオーダー加工品の案件が増加したことと、建設事業における電気工事及び内装工事の
伸長やM&Aによりグループ化した株式会社壹会の業績寄与により、当第1四半期連結累計期間の売上高は
2,283百万円(前年同四半期比59.0%増)、営業利益は138百万円(同150.8%増)、経常利益は150百万円(同
148.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は75百万円(同76.6%増)となりました。
 なお、セグメント別の業績は次のとおりであります。
(金属加工事業)
太陽電池アレイ支持架台及び金属サンドイッチパネルを中心にオーダー加工品の案件が増加したことで、売上
高は1,143百万円(前年同四半期比12.2%増)、セグメント利益は58百万円(同2.5%増)となりました。なお、
受注高は1,352百万円(同15.6%増)、受注残高は1,451百万円(同3.0%減)となりました。
(ゴム加工事業)
既存取引先との関係強化に積極的に取り組み、一定案件の受注を確保しましたが、材料比率が若干上昇し、売
上高は288百万円(前年同四半期比0.9%増)、セグメント利益は60百万円(同11.0%減)となりました。なお、
受注高は283百万円(同2.4%減)、受注残高は114百万円(同7.5%増)となりました。
(建設事業)
 グループ間の情報連携を図り、電気工事や内装工事を中心に営業活動に取り組んだことや、M&Aによりグル
ープ化した株式会社壹会の業績寄与により、売上高は852百万円(前年同四半期比549.5%増)、セグメント利益
は86百万円(前年同四半期は3百万円)となりました。なお、受注高は2,492百万円(同409.4%増)、受注残高
は4,440百万円(同750.8%増)となりました。
(注)セグメント利益の合計額と営業利益との差異△66百万円は、主として各報告セグメントに配分していない
全社費用であります。

2023-3440資料1

---------------------------------------
・感想

株価から16/22年は550EPS54.6、17/20-22は700EPS87.9、18-19が900EPS203.8
現在567でEPS予想60.9、ぶっちゃけ妥当

ただ、建築の受注残が注目(百万)
1Q:4440、4Q:2800、3Q:1900、2Q:878、1Q:521、4Q:163、3Q:702、2Q:574、1Q:746

急激に伸びている、壹会の影響か内装・電気工事か太陽電池アレイ用か
IRに確認する必要はありそう。
いちえHDは21年度赤字で子会社化による影響は軽微と記載しているので
他の要因は考えられそう、そこを聞かないと判断が難しい。
いちえの売上は7億程なので合算となっても高い

M&Aは他にニッタイ工業(純利益52百万)、エヌ・トレーディング(純利益11百万)
ワタナベテクノス(純利益99百万)、エヌ・テクノス(純利益63百万)計:2.25億

福島工場はパネルNCルーター加工機、長尺パイプ・形鋼用3Dレーザー加工機は
稼働済、今後稼働予定耐火パネル生産ライン、不燃断熱パネル生産ライン
現在は24 時間稼働で対応、他社製の不燃断熱パネルを仕入

IRに確認、福島工場の稼働割合(どのくらいの割合で稼働しているのか)

IRに問い合わせしたところ、福島工場のメインが耐火パネル生産ライン、不燃断熱パネル生産ラインで
こちらが稼働しないとまだ恩恵は薄そう

受注残に関しては壹会の影響で30億増えたとのことなのですが
21年度の売上が705百万円程しかないけどどうゆう事だろう・・・
一先ず福島工場の開示もしくは次の四半期決算見てからにしよう
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示