02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【2669】 カネ美食品 2023期

2023年01月10日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-2669-1.png
2023-2669-2.png


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

食品加工&テナント店舗会社、パンパシフィックインターナショナル系列。中食企業として惣菜等のテナント店舗の運営、スーパー・コンビニ向け食品(弁当・パスタ・おにぎり・惣菜)の製造・出荷。テナント事業(ユニー/アピタ・ピアゴ、UDリテール、百貨店・駅ナカ店舗・駅ビル内での惣菜店「kanemi」「e'z mart」・洋風惣菜店舗「eashion」・寿司専門店舗の運営、約270店舗)と、外販事業(ファミリーマート・鉄道系コンビニエンスストア向けに弁当・惣菜の製造受託、夕食宅配の製造受託、納品)を展開。パンパシフィックインターナショナルHD<7532>の持分法適用会社。2016年ナガイ「秋田工場」の食品製造事業を譲受。2020年日本アクセスから出資を受ける(7.5%)。主要取引先はファミリーマート、ユニー。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

テナント事業においては、人気定番商品のリニューアル実施や拡販に取り組んだことにより、売
上高が順調に推移したことに加え、販売計画によるロスの抑制に注力したことで売上総利益率が向
上したこと、外販事業においては、足元での売上高の増加に加え、工場間の製造品目組替による生
産効率の向上、経費等の見直しを行ったことなどが要因となり、当初の上期の業績予想を上回りま
した。
下期については、原材料価格やエネルギー価格の高騰等動向が不透明な状況であり、予測が困難
であるため、下期の業績予想を据置きました。
従って通期の業績予想については、上期の増収増益分を反映し、前回公表の業績予想を上回る見
込みでありますが、今後、修正が必要と判断した場合には速やかに開示いたします。

当社は、本部間の連携強化や経営資源の効率的な活用、新商品や新業態の開発にも積極的に取
り組み、さらなる品質の追求や事業拡大の推進、経営基盤の強化に努めてまいりました。報告セグメントの経営
成績は、以下のとおりであります。

① テナント事業
テナント事業においては、新規出店を加速するためのチャレンジとして、洋風惣菜店舗「eashion(イーショ
ン)」の主軸商品である米飯に特化した新業態「eashionBOWL(イーションボウル)」の開発を進め、8月に「錦
糸町テルミナ2(東京都墨田区)」に1号店を出店いたしました。加えて、総合惣菜店舗3店舗を新規出店したこ
とにより、当第2四半期末の店舗数は前事業年度末に比べ4店舗増加の275店舗となりました。
既存の総合惣菜店舗では、日本食料新聞社が主催する「ファベックス 惣菜・べんとうグランプリ2022 わが社
自慢の惣菜・べんとう部門」において優秀賞を受賞した「プルコギキンパ(網焼きカルビ)」を中心にキンパ各種
が非常に好評を得たほか、とんかつやコロッケなど人気の高い定番商品のリニューアル実施や拡販に取り組むこ
とで名物商品の育成を図り、事業全体の底上げに努めてまいりました。
これらの結果、テナント事業全体の売上高は前年同期間に比べ1.4%増収の210億27百万円となり、利益面では
売上高の増加を主たる要因として、セグメント利益は前年同期間に比べ3.6%増益の9億81百万円となりました。

② 外販事業
外販事業においては、ファミリーマート店舗において、「サラダ×おかず×おつまみ」をコンセプトにしたチ
ルド惣菜シリーズ「ちょいデリ」が好調に推移しているほか、おむすびやサンドイッチの増量キャンペーンなど
の販促企画の効果もあり、納品量が増加いたしました。
また、コンビニエンスストア以外にもユニー店舗やドン・キホーテ店舗への納品アイテムを拡充しており、さ
らなる納品量の増加に向けた取り組みを着実に進めてまいりました。
これらの結果、外販事業の売上高は前年同期間に比べ5.4%増収の190億56百万円となりました。利益面では売
上高の増加に加え、工場間の製造品目組替の効果や経費の見直しなどにより、2億88百万円のセグメント利益
(前年同期間は31百万円のセグメント損失)となりました。
以上の要因により、当第2四半期累計期間の経営成績は、売上高は前年同期間と比べ3.3%増収の400億83百万
円となりました。利益面については、経常利益は前年同期間と比べ37.8%増益の13億8百万円、四半期純利益は
前年同期間と比べ13.2%増益の8億63百万円となりました

---------------------------------------
・感想

株価15-17まで3400EPS183.5、19-20まで3000EPS132.3

月次売上(テナント 前3Q9,886
11月:102.7、10月:102.3、9月:101.6 =平均102.2
売上10103、営業3%=303 2Q営業5.6%→4.7%

月次売上(外販 前3Q9,037
11月:108.6、10月:112.8、9月:110.5 =平均110.6

売上9994、営業0.7%=74、2Q営業率1.2%=119 価格改定無しそう

合計:営業377~422、も原材料価格がどの位か・・
食品系は円安影響短期でうけそうで9-11月が高かったから少し不安
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示