01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【6083】 ERIホールディングス 2023期

2022年12月30日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-6083-1.png
2023-6083-2.png


※空売り機関無し

----------------------------------------
・株主/子会社

日本ERIを中核とする建築確認検査グループ、業界最大手。建築基準法に基づく民間指定確認検査機関のパイオニア、建築や住宅の「評価」「格付」「検査」の第三者機関として専門的サービスを提供。建築物の確認検査業務、新築・既存住宅の性能評価業務、住宅の審査・適合証明・技術審査・耐震診断、ソリューション業務(エンジニアリングレポート作成、遵法性調査などのデューデリジェンス、現況調査や施工監査、非破壊検査などのインスペクション)など。ドローンを活用した建築物劣化調査業務を開始。新規分野の建築ストックやインフラストック(土木構造物)、電子化推進に注力。2013年日本ERIを中心に持株会社化。2014年インスペクション(既存住宅検査)で三井リハウス・パナソニック等と提携。2017年住宅性能評価センターを子会社化。2019年非破壊検査の構造総合技術研究所を子会社化。主要取引先は飯田グループホールディングス。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当第2四半期連結累計期間の業績は、住宅性能評価及び関連事業を除き、確認検査及び関連事業、ソリュ
ーション事業、並びにその他事業がそれぞれ増収となったことから、売上高は前年同期比5.8%増の8,391百万円となり
ました。営業費用は、人件費、子会社株式取得関連費用等が増加したものの、前年同期比4.7%増の7,328百万円に留ま
った結果、営業利益は前年同期比14.0%増の1,062百万円、経常利益は前年同期比8.2%増の1,069百万円、親会社株主に帰
属する四半期純利益は前年同期比7.3%増の645百万円となりました。
セグメント別の状況は次のとおりであります。
(確認検査及び関連事業)
共同住宅及び非住宅の業務に係る売上が堅調であったことから、売上高は前年同期比6.7%増の4,542百万円、営業利
益は前年同期比7.8%増の635百万円となりました。
(住宅性能評価及び関連事業)
グリーン住宅ポイント制度終了に伴う売上の減少等により、売上高は前年同期比7.8%減の1,815百万円となりました
が、営業利益は、運営体制のスリム化に伴う費用の減少等により、前年同期比1.3%増の237百万円となりました。
(ソリューション事業)
道建コンサルタント株式会社及び株式会社森林環境リアライズの連結子会社化に伴う売上の計上等により、売上高は
前年同期比21.3%増の837百万円、営業利益は前年同期比100.8%増の17百万円となりました。
(その他)
環境関連売上、省エネ適判業務に係る売上の増加等により、売上高は前年同期比17.5%増の1,196百万円、営業利益
は前年同期比55.9%増の204百万円となりました

2023-6083-資料1
2023-6083-資料2

---------------------------------------
・感想

株価から15-17、19年800-900でEPS55.4、18、21年1000でEPS68.9、20年650EPS33.7
現1170でEPS143.4予想、2000目安だとEPS200でPER10、直近47.4*4=189で1500目安か
更なる成長が必要

内容は全体として戸建着工数は減っているが賃貸系はプラス
この部分は横ばいだと思われるので、注目は環境関連
BELSは件数3.5倍も利益は倍、個人的には
完了検査の3.5万件くらいが上限で今2.1万なのであと1.5倍くらいじゃないのかなと予想
2024年4月に法改正でそこまでは期待

また、省エネ適合は2100→3000件で利益3割弱増
300㎡以上なので賃貸用かな、性能評価が15000件なのでそこ目安か

どちらも件数増加とともに利益率が低下しているのが懸念点

M&A3件あり
・森林環境リアライズ 売上3.51億
・道建コンサルタント 売上2.71億
・日建コンサルタント 売上1.12億

上限営業利益目安で2Q累計考慮:M&A+1億、省エネ適合3-4億、BELS1.3億 =5~6憶か
う~む、そこまでは伸びないかも

BELSが現在2Q(6-11月)で21000件(平均3500)
4-11月で25000件ほど4-5で4000件(平均2000)と直近でも伸びてる
月4000-5000なら年48000-60000件、20%位成長
BELS評価は新築86万戸中の8万で1割、非住宅はほとんどなし

2023-6083-資料3
2023-6083-資料4

調べたら2021/4月から中規模省エネ適合義務化(17390棟)、2025/4~小規模の住宅向けも義務化(36万戸)
建確と同数判断だと件数は10倍、上記数字では20倍ほど、単価は落ちると思われる
長い目でみれば2025/4~も含め利益は倍くらいなるのかも
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示