01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【6817】 スミダコーポレーション 2023期

2022年11月24日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-6817-1.png
2023-6817-2.png


四半期傾向は無さそう

※空売り機関

----------------------------------------
・株主/子会社

コイルメーカーのスミダ電機を中核とする電子部品グループ。家電用・車載用コイル部品(インダクタ、トランス、シグナル、パワーソリューション製品)やモジュール製品、磁性材料の製造・販売、EMSサービス。標準品とカスタム設計製品の開発・製造・販売を世界14カ国・従業員2万人規模で展開するグローバル企業。主要製品は部品・モジュール製品(パワーインダクタ、トランス)、自動車用キーレスアンテナ、キセノンイグナイター、モバイル通信機器、RFIDタグ、太陽光発電用パワーインバータなど。キーレスエントリー用コイルで世界トップ。車載(EV/xEV関連)、インダストリー・家電(脱炭素、デジタル化、医療関連アプリケーション)に注力。2014年日本光電工業の変成器事業<6849>を譲受

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

修正の理由
⾞載市場において EV/xEV 関連等が堅調に推移し、また、為替市場において、期初想定に比べて円安
傾向が継続
していること等から、売上収益は前回発表を上回る⾒通しとなりました。
また、利益⾯においても、増収効果、原材料価格⾼騰に対する製品販売価格対応の効果等により、前
回発表を上回る⾒通しとなりました。

当社は株主の皆様に対する利益還元として、配当による利益の配分を最優先に考え、連結配当性向
25%〜30%を勘案した配当を実施することを基本方針としています。この方針に基づき、連結業績予想
を修正したことに合わせて配当予想を修正することと致しました。

電子部品市場では、中国のゼロコロナ政策に伴うロックダウン等の影響から、一部の電子部品及び半導体に
おける需給ひっ迫等供給網の混乱を懸念した顧客による前倒し発注により、顧客が在庫を積み増す動きが見られ
ました。半導体不足による自動車減産は緩和の兆しが見えてきましたが、巣ごもり需要の一服、中華系スマホの
生産調整等に加え、地政学リスクの増大やインフレの加速等による欧米、中国の景気下振れ懸念が強まり、先行
き不透明感が広がっております。そうした中でも自動車のカーボンニュートラルに向けた動きは加速しており、
EV/xEV関連の需要は堅調に推移しました。
こうした中、当社グループではベトナム・クアンガイ工場で2月に稼働を開始した第2工場に加え、好調な
EV/xEV関連の需要に応えるために、11月の稼働開始を目指して第3工場の増設を進めました。中国では生産ライ
ンの自動化・省人化のレベル向上、徹底した生産性向上により、付加価値の高い生産活動を進めました。
当第3四半期連結累計期間における当社グループの業績は以下のとおりとなりました。
車載関連市場では、中国のロックダウンの影響があったものの、特にEV/xEV関連の受注が好調に推移しまし
た。家電製品市場ではスマートフォン関連が、また、インダストリー市場では太陽光発電関連設備等が堅調に推
移しました。地域的にはウクライナ紛争に地理的に近接する欧州は伸び悩んだものの、アジア、北米は堅調に推
移しました。これらに加えて前年同四半期に比べ円に対して米ドル高、ユーロ高で推移したこともあり、売上収
益は前年同四半期比30.3%増の100,957百万円となりました。
原材料価格の更なる高騰や物流費用の増加、エネルギー価格の高騰、人件費の上昇等があったものの、増収
効果、原材料価格高騰に対する製品販売価格への対応効果生産効率の向上等があったことから、営業利益は前
年同四半期比14.3%増の5,348百万円となりました。為替や支払金利等の影響から金融収益/金融費用が1,117百
万円のマイナスであったこと等から、税引前四半期利益は同15.5%増の4,231百万円、親会社の所有者に帰属す
る四半期利益は同13.4%増の3,033百万円となりました。


当第3四半期連結累計期間における市場別の概況は次のとおりであります。
1)車載市場
 世界的な半導体不足、サプライチェーンの混乱が続いたことで新車生産台数が伸び悩む中、EV/xEV
関連売上が堅調に推移したことから、車載市場の売上収益は前年同四半期比26.7%増の59,408百万円
となりました。
2)家電製品市場
スマートフォン関連が堅調に推移したことから、家電製品市場の売上収益は前年同四半期比38.9%
増の20,668百万円となりました。
3)インダストリー市場
 脱炭素化の動きから欧米の太陽光発電用設備関連が好調であり、また医療機器関連も堅調に推移し
たことから、インダストリー市場の売上収益は前年同四半期比33.0%増の20,880百万円となりまし
た。

2023-6817-資料1

---------------------------------------
・感想

株価から17-18年1500EPS176.4、19年1250EPS58.4、20年800EPS30.5、21年1200EPS96.7
現在1480EPS143.4、3QEPS76.4*4=304 目安:1500-2500

直近3Qは円安恩恵と車載向け回復、売上の6割占める車載でEVが堅調
為替は3億程QonQで利益増、前年比では4億程

原材料である銅、鉄、原油等の価格は調整に入って今後は追い風
銅価格に連動したスライドにしているとの事

また、地域別では中国・台湾の売上が上昇
今後も続けば割安っぽいが、最大の懸念が直近で1.5倍になっている事
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示