01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【9726】 KNTCT 2023期

2022年11月11日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-9726-1.png


※空売り機関

----------------------------------------
・株主/子会社

旅行サービス会社、近鉄グループHDの子会社。メディア販売型旅行のクラブツーリズム、一般旅行の近畿日本ツーリスト、法人旅行の近畿日本ツーリストコーポレートビジネスを中核とする業界3位の旅行会社グループ。個人向け旅行商品(ダイナミックパッケージ)、シニア向け商品「クラブツーリズム」(海外旅行、テーマ旅行、クルーズ旅行、プレミアム客船の企画商品、媒体誌「旅の友」)、団体旅行(企業系コンベンション、インセンティブ旅行、修学旅行、スポーツ観戦ツアー)の企画販売。成長領域事業(地域交流、コミュニティ「新・クラブ1000事業」、スポーツ)への事業シフトによる取扱拡大、個人旅行事業の組織再編による新生スタートを推進。2013年クラブツーリズムとの経営統合に伴い商号変更。2017年近畿日本ツーリストを組織再編(全国地域制、2021年再統一)。2021年新生・近畿日本ツーリスト誕生(全国地域会社を統一)、「メイト」「ホリデイ」のサービス終了、クラブツーリズムはオンラインサービスでKDDI<9433>と業務提携。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当社グループは、ワクチン・検査パッケージの活用など新型コロナウイルス対策に万全を
期しつつ、修学旅行その他の団体旅行、国内個人旅行の催行に努めるとともに、近畿日本ツーリスト㈱、クラブツ
ーリズム㈱の両社において都道府県民割、ブロック割等の助成金を活用したツアーの販売拡大を図りました。ま
た、海外旅行については、本年5月から近畿日本ツーリスト㈱がハワイ、グアムへの、クラブツーリズム㈱が世界
30カ国へのツアーの販売をそれぞれ開始いたしました。
 このほか、近畿日本ツーリスト㈱および㈱近畿日本ツーリストコーポレートビジネスでは、団体旅行事業で培っ
た自治体等とのネットワークを活用して、BPO(Business Process Outsourcing)事業を拡大し、各地の自治
体、企業から、新型コロナウイルスのPCR検査やワクチン接種の受付・会場運営業務等を受託いたしました。加
えて、コロナ禍を教訓に事業ポートフォリオの拡大を図ることを目指し、PTA業務のアウトソーシングサービス
等の新規事業開発に取り組みました。
 以上の結果、当第2四半期連結累計期間における連結業績は、連結売上高は1,067億31百万円(前年同期比
85.5%増)、連結営業利益は20億25百万円(前年同期 連結営業損失84億83百万円)となり、連結経常利益は25億
28百万円(前年同期 連結経常損失59億25百万円)、親会社株主に帰属する四半期純利益は25億64百万円(前年同
期 親会社株主に帰属する四半期純損失68億53百万円)となりました。
---------------------------------------
・感想

株価から15年2000EPS160.3、17-19年1500EPS51.7
現在1650EPS予想146.4、上期93.9*2=186 目安2000

15年業績程、コロナからの回復も
貸借対照表が赤字になって悪化でそこも考慮
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示