01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【8130】 サンゲツ 2023期

2022年11月08日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-8130-5.png
2023-8130-4.png


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

インテリアの専門商社。インテリア(壁装材/壁紙国内トップ、カーテン、床材、椅子生地等のファブリック)、エクステリア(フェンス、カーポート、公共施設)などスペースクリエーション商品の開発と卸売。12000点超の商品ラインナップで内装工事業者・販売代理店・ゼネコン・住宅メーカー・設計事務所等に販売。海外は北米(米国・カナダ)、アジア(中国・東南アジア)に物流・営業体制を確立。業務改革と情報システム・物流システム再構築、抗ウィルス対策商品に注力。傘下に素材加工のウェーブロックホールディングス<7940>(持分法適用会社)を持つ。2008年照明器具の山田照明を連結子会社化(2019年オーデリックに譲渡、照明事業から撤退)。2015年ウェーブロックHDと資本業務提携。2019年EC事業開始(ECサイト「WARDROBE sangetsu」開設)。2021年壁紙メーカーのウェーブロックインテリアを子会社化(ウェーブロックHDから51%譲受、23億円)。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料



第2四半期連結累計期間における当社グループの連結業績につきまして、主力とな
るインテリアセグメントにおいて、原材料価格の高騰や物流コストの上昇等を背景に、
2022 年4月1日受注分より実施した商品取引価格の改定が浸透したことなどにより、
売上高及び営業利益が当初想定を上回る見込であり、連結業績予想を上方修正いたし
ます。
通期の連結業績予想に関しましては、更なる原材料価格の高騰やエネルギーコスト
の上昇が見込まれるものの、インテリアセグメントにおいて、2022 年 10 月1日受注分
より第三次取引価格改定を実施したこと、また、第2四半期連結累計期間の業績及び今
後の予測を踏まえて、前回公表数値を修正することといたします。

1Q資料
2023-8130-資料1

---------------------------------------
・感想

株価から16-19年まで2000程EPS97.5 、コロナ後1550EPS79.0
現在1900EPS予想204.5、2Q予想値EPS60*4=240 目安2500-4000
変動鈍い、水準訂正切り下げあるかもPER20→15or10など

営業利益が1999-2021までほぼ変わらず
営業切りあがったが動きは不明

内容は第三次取引価格改定など
主に価格改定、以上
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示