02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【9888】 UEX 2023期

2022年09月07日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-9888-1.png
2023-9888-2.png

四半期傾向は余りなし

※空売り機関無し

----------------------------------------
・株主/子会社
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

【修正の理由】
当第1四半期は、主力事業であるステンレス鋼その他金属材料の販売事業において、ニッケルを中心とした原料価格の
上昇を背景にメーカー各社は大幅な値上
げを実施しました。その結果、ステンレス鋼市況は強含みの展開となり流通市場
においては仮需も発生し需給タイトな展開となりました。そのような状況のなか、仕入価格の上昇に対応した販売価格の
改定に注力した結果、売上総利益率が計画を上回り、販売数量も増加したことから第 2 四半期累計期間の売上高および各
利益予想を上表のように修正いたします。
通期連結業績予想につきましては、今後の事業環境を踏まえ下期計画を概ね据え置き、前回予想から上表のように修正
いたします。
なお、配当予想については前回公表予想から変更ありません。

当社企業集団の連結業績は、主力事業であるステンレス鋼その他金属材料の販売事業
において、在庫販売に重点をおいた営業を推進するとともに、加工品やチタン等の高付加価値商品の拡販にも注
力した結果、売上高は前年同期に比べ36.1%増加の13,596百万円となりました。利益面では、販売数量の増加に
加えメーカー値上げに対応した販売価格の改定
に取り組んだ結果、営業利益は前年同期に比べ4.5倍の1,152百万
円、経常利益は5.0倍の1,302百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は5.5倍の854百万円となりました。
なお、セグメント別の状況は以下のとおりです。

ステンレス鋼その他金属材料の販売事業
UEX単体のステンレス鋼の販売について、前年同期に比べ販売価格が26.2%上昇、販売数量も13.3%増加し
たことに加え、連結子会社においても半導体関連向けを中心に好調に推移したことなどにより、売上高は前年同
期に比べ36.6%増加の13,225百万円となりました。営業利益は、販売価格の改定により売上総利益率が上昇した
ことから、前年同期に比べ4.9倍の1,168百万円となりました。
当事業におきましては、引き続き在庫販売に重点をおいた営業活動を進めてまいりますとともに、加工品分野
を中心に付加価値を高める提案営業をさらに充実させてまいります。加えて、チタン販売及び建材の拡販にも注
力してまいります。一方で、コストと収益性を重視した販売を進めていくことにより収益力の向上に取り組んで
まいります。
ステンレス鋼その他金属加工製品の製造・販売事業
国内建築分野のステンレス加工品販売事業及び中国における造管事業とも概ね堅調に推移し、売上高は前年同
期に比べ27.7%増加の321百万円となりました。営業利益は、国内事業において製造原価が上昇したことにより、
前年同期に比べ42.9%減少の19百万円となりました。
中国造管事業におきましては、引き続き新規需要家の開拓が課題と認識しております。既存顧客の深掘りに加
え中国に進出している日系企業を中心に営業活動を展開し、確固たる収益基盤を構築してまいります。
機械装置の製造・販売及びエンジニアリング事業
当第1四半期は、主要な受注物件の売上計上がなく、売上高は前年同期に比べ20.2%減少の49百万円、営業損
益は33百万円の損失(前年同期は17百万円の損失)となりました。
当事業におきましては、顧客基盤の拡大が課題と認識しております。そのため、機械商社や機器メーカーとの
連携強化等により顧客開拓に全力を尽くしてまいります。

2023-9888-資料1

---------------------------------------
・感想

株価から18年720でEPS100.1、19年550でEPS101.2 、20年400でEPS63.0、21年480でEPS127.1
現在780円予想EPS158.8、1Q決算で77.5*4倍で310,EPS200位目安でも1000-1300位かな

内容は価格改定が大きな要因、加えて原料は少しづつ下落中
原料は下落中だが円安で円換算にすると原材料費は上昇している可能性も
上海に子会社があるがそこまで売上は無しで、円安はデメリットになるかも

価格マージンが広がれば利益出るとの事で、
価格見直しは1年くらいは大丈夫かな、
ニッケル・ステンレス共に下落中で、下火になるやすいとの認識だけは持たないと
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示