02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【ECPG】 アンコール・キャピタル・グループ

2022年05月06日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

ECPGグラフ1

ECPGグラフ2


時価総額(5/7):14.98億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

アンコール・キャピタル・グループは、国際的な専門金融会社で、幅広い金融資産の中から消費者のために債務回復ソリューションやその他の関連サービスを提供しています。アンコール社は、世界中の子会社を通じて、大手銀行、信用組合、公共事業者から消費者債権のポートフォリオを購入しています。
Encoreは、個人が債務を返済する際にパートナーとなり、経済的回復への道を支援し、最終的に経済的な幸福を向上させます。アンコールは、消費者に業界をリードする約束を提供する消費者権利章典で運営される、この種の最初で唯一の会社です

2022年5月4日、サンディエゴ--国際的な専門金融会社であるアンコール・キャピタル・グループ(Encore Capital Group, Inc.(NASDAQ:ECPG)は本日、2022年3月31日に終了した第1四半期の連結決算を発表しました。
「第1四半期において、当社は引き続き戦略を実行し、財務目標を達成しました」と述べました。「当四半期の優れた業績は、主に米国事業である MCM の回収が想定を上回ったことによりもたらされました。ここ数四半期におけるMCMの継続的な回収超過の結果、一部のヴィンテージの推定残存回収率(ERC)を引き 上げました。当四半期の業績好調と将来への期待感の高まりにより、1億6,700万ドルが収益ラインに加わ り、当四半期の大幅な増益に貢献しました。"

「グローバル・ベースで見ると、当四半期のポートフォリオ購入額は1億7000万ドルで、前年同期とほぼ同じでした。チャージオフの減少による市場供給量の減少にもかかわらず、当社は魅力的なリターンでポートフォリオを取得し続けています。これは、当社の規律ある購買活動、優れた分析、回収効果によって可能になったものです。"

「当社の事業は、クラス最高のリターンと堅実なキャッシュフローを提供し、非常に好調に推移しています。その結果、当社の資本配分戦略に沿って、第1四半期にはアンコール社の株式を買い戻すことで、2600万ドルの資本を株主に還元しました。当社の強固なバランスシートにより、当社は、レバレッジ比率1が1.9xと目標範囲の下限にあり、資本市場に完全にアクセスできる状態で、十分な流動性を備えた将来のポートフォリオの購入機会を十分に活用できる体制を維持しています」とマシューは述べています。

--------------------------------------
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示