01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【BXC】 ブルーリンクス・ホールディングス

2022年05月04日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

BXCグラフ1

時価総額(5/4):7.45億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

第1四半期2022ハイライト
(すべての比較は前年同期との比較です)

•純売上高は2億7700万ドル(27%)増加して13億ドルになりました
•粗利益は22.3%、470ベーシスポイント増加
•希薄化後1株当たり利益は$13.19、110%増加
•調整後EBITDAは2億2​​00万ドル、9600万ドル、つまり90%増加
•0.9倍の純レバレッジと4億2100万ドルの利用可能な流動性
•6000万ドルの加速株買戻しを含む、1億ドルへの株式買戻し承認の増加

「BlueLinxチームと、第1四半期の収益性の記録に貢献した継続的な強力な実行を非常に誇りに思っています。繰り返しになりますが、継続的な供給の制約と木材ベースの商品価格の変動を乗り越えながら、建築製品に対する継続的な旺盛な需要を活用する能力を実証しました。純売上高は前年比で約27%増加し、調整後EBITDAは2億2​​00万ドル、調整後EBITDAマージンは15%を超え、BlueLinxの四半期ベースで過去最高を記録しました。」

「特に、当社の成長は、純売上高が36%増加し、粗利益が470ベーシスポイント改善して24%となった特殊製品によって牽引されました売上総利益のほぼ3分の2は、当社の事業のその部分を積極的に成長させるという当社の戦略と一致して、特殊製品の販売から生み出されました。」

「現在、米国の住宅業界の短期的なファンダメンタルズは、最近の住宅ローン金利の上昇と広範なインフレにもかかわらず、健全であると信じています。具体的には、高水準の住宅の公平性、住宅の売り上げ、住宅ストックの老朽化が修理や改造活動の成長を支え続け、利用可能な住宅の供給が少ないことで、既存住宅と新築住宅の両方への投資が促進されると確信しています。」

「複数年にわたる資本配分計画の詳細な検討の結果、取締役会は、今週実行を開始する6000万ドルの加速株買戻し契約を含め、株式買戻しの承認を1億ドルに増やしました。これらの行動は、当社の長期的な成長戦略への信頼、実行の継続的な改善、および規律ある資本配分を通じて株主価値を提供するというコミットメントを示しています。BlueLinxの社長兼最高経営責任者であるDwightGibsonは、次のように述べています。

同社の増加した株式買戻し承認および加速された株式買戻し契約の詳細は、本日発行された別のニュースリリースに記載されています。

2022年第1四半期の財務実績

第1四半期の純売上高は13億ドルで、前年同期比27%増の2億7,700万ドルでした。粗利益は2億9,100万ドルで、前年同期から1億1,100万ドル、つまり61%増加し、粗利益は470ベーシスポイント拡大して22.3%になりました。販売費および一般管理費(「販売管理費」)は、前年比で1,600万ドル(21%)増加して9,100万ドルになりました。これは、純売上高の7%であり、前年と同じです。販管費の増加は、主に変動インセンティブ報酬の増加と、程度は低いものの、配送およびロジスティクスのコストの増加によるものでした。支払利息は、主に前年度の会社の旧タームローンファシリティの消滅に関連した債務発行費用の償却により、500万ドル(30%)減少して11百万ドルになりました。純利益は1億3300万ドル、つまり希薄化後1株あたり13.19ドルでした。

調整後EBITDAは2億2​​00万ドル、つまり純売上高の15.5%でしたが、2021年第1四半期の1億700万ドル、つまり純売上高の10.4%でした。

前年同期比での純売上高および収益性の増加は、継続的な供給制約、木材ベースの商品価格の上昇、および業績の改善の中で、建築製品に対する継続的な堅調な需要に牽引されました。特に、純売上高と粗利益の増加は主に特殊製品によるものであり、特殊製品カテゴリーの純売上高の割合を増やすという同社の戦略と一致しています。

集成材、サイディング、モールディング、木工製品、アウトドアリビング、特殊木材、工業製品などの特殊製品の純売上高は、第1四半期に2億500万ドル(36%)増加して7億6,800万ドルになりました。特殊製品の売上総利益は1億8400万ドルで、前年比で7600万ドル(70%)増加しました。特産品売上総利益率は24.0%で、前年同期比470ベーシスポイント増加しました。純売上高の伸びと収益性の改善は、主に、新築、修理、改造プロジェクトの両方における特殊建築製品に対する継続的な強い需要、継続的な供給の制約、および戦略的な価格設定アクションによって推進されました。

木材、合板、配向性ストランドボード、鉄筋、リメッシュなどの構造製品の純売上高は、建築製品に対する引き続き強い需要と木材の増加により、第1四半期に7,200万ドル(16%)増加して5億3,400万ドルになりました。ベースの商品価格。構造製品の売上総利益は1億700万ドルで、前年比で3,500万ドル(49%)増加しました。構造製品の売上総利益率は450ベーシスポイント増加して20.0%になりました。これは、期間中の木材ベースの商品の価格設定の上昇と、構造製品の在庫を管理するための統制のとれた無駄のないアプローチを反映しています。

営業活動から生み出された純現金は、前年同期の2,500万ドルの純使用量と比較して、2022年第1四半期には200万ドルでした。営業活動によるキャッシュ・フローの増加は、売掛金および棚卸資産の増加により一部相殺された純利益の増加によるものです。期間中の正味運転資本投資は1億8,100万ドルで、そのうち1億5,700万ドルは売掛金に関連し、残りは主に特殊製品の在庫増加による正味の影響に関連していましたが、買掛金の増加により一部相殺されました。第1四半期の正味運転資本投資は、米国の住宅建設業界における強い需要を反映しており、木質商品の販売価格の上昇の影響も反映しています。

現金資本投資は250万ドルで、主に当社の流通支店への投資に関連しており、程度は低いものの、同社の車両群のアップグレードに関連しています。2022年第1四半期のフリーキャッシュフローは($ 0.3)百万でしたが、前年同期は($ 26)百万でした。

第2四半期2022アップデート

2022年第2四半期の最初の4週間を通じて、特殊製品のマージンは23%から24%の範囲であり、構造製品のマージンは一桁台後半でした。これは、木質商品の平均価格が相次いで下落したことを反映しています。特殊製品と構造製品の両方のカテゴリーにわたる数量は、一般的に第1四半期のレベルと一致していました。

同社の収益性と現金の大部分は特殊建築製品の販売から生み出されており、同社は特殊建築製品の需要が今後数ヶ月間比較的安定していると予想している。また、過去5四半期にわたって同社が実証した能力である、木材ベースの商品の変動性を効率的に管理し続けることも期待しています。

木材ベースの商品価格の上昇を利用構造製品の結果(百万ドル)
$ 241 $ 250 $ 375 $ 367 $ 463 $ 633 $ 330 $ 331 $ 534
10.1%9.3%19.6%10.2%15.5%13.6%1.7%16.1%20.0%
1Q20 2Q20 3Q20 4Q20 1Q21 2Q21 3Q21 4Q21 1Q22
GMレート12純売上高純売上高は16%、つまり7,200万ドル増加しました。
木材ベースの商品価格の上昇による成長:平均で26%の増加。材木の価格平均で23%の増加。

-----------------------
現在18年株価の倍ほど21年から1.5倍
営業は21年から倍、18は赤字
EPSは21年から倍ちょいで昨年比でPER2.55
続けば流石に上がるのでは?

集成材、サイディング、モールディング、木工製品、アウトドアリビング、特殊木材、工業製品などの
特殊製品が売上・利益のメイン

今後の予想では数カ月は安定する予定との発表
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示