01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【USAK】 USAトラック

2022年05月01日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

USAKグラフ1

時価総額(5/1):1.47億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2022 年 3 月 31 日に終了した四半期(以下「2022 年第 4 四半期」)の連結営業収益は、2021 年 3 月 31 日に終了した四半期(以下「2021 年第 4 四半期」)の 1.58 億ドルに対し、2.01 億ドルでした。燃料サーチャージ収入を除いた 2022 年第 4 四半期の基本収入(a)は、2021 年第 4 四半期の 1 億 4430 万ドルに対して、1 億 7640 万ドルとなりました。2022年四半期の純利益は1,310万ドル(希薄化後1株当たり1.45ドル)、調整後純利益は1,340万ドル(希薄化後1株当たり1.48ドル)となり、これに対し2021年四半期の純利益は360万ドル(希薄化後1株当たり0.40ドル)、調整後純利益は380万ドル(希薄化後1株当たり0.43ドル)となっています。当社の連結営業比率は、2021 年第 1 四半期の 96.2%に対し、90.7%となりました。

社長兼CEOのジェームズ・リードは、「今期USAトラックは、第1四半期として当社史上最高の1株当たり利益を達成し、7四半期連続で過去最高益を更新した」とコメントしています。また、第1四半期の総売上高と調整後1株当たり利益も過去最高となりました。

トラック運送事業の調整後営業利益率(a)は前年同期比 890bp 改善し 87.0%となり、USAT ロジスティクス事業の積高は前年同期比 24.8% 増、営業収入は同 42.5% 増と、セグメント結果は引き続き営業成績の改善を反映しています。経営陣の事業戦略および戦略的施策への注力と継続的な実行が、これらの業績を牽引しました。"

トラック輸送2022 年第 2 四半期のトラック運送事業の営業収益(セグメント間取引消去前)は、2021 年第 2 四半期に比べ 1300 万ドル(12.6%)増加し、1 億 1610 万ドルとなりました。2022 年第 2 四半期のトラック運送事業の営業利益は、2021 年第 2 四半期の営業利益 350 万ドル、営業比率 96.6%に対し、1260 万ドルとなり、営業比率が 89.1%となりました。これは、営業利益が前年同期比で 910 万ドル増加し、営業比率が 750bp 改善したことを意味します。2022年四半期のトラック輸送の調整営業利益(a)は1,290万ドル、調整営業比率(a)は87.0%で、これに対して2021年四半期の調整営業利益(a)は380万ドル、調整営業比率(a)は95.9%となりました。これは、調整後営業利益(a)が前年同期比で910万ドル増加し、調整後営業比率(a)が890bp改善したことを意味します。

​トラック運送事業では、2022年第1四半期は2021年第1四半期と比較して、以下のような業績となりました。

● トラクター1台あたりの基本収入は451ドル(11.8%)増加.
● 積荷1マイルあたりの基本収入は0.417ドル、16.7%の増加.
● デッドヘッド比率は、2021年第2四半期比で80bps、前四半期比で90bps改善.
● トラクター1台あたりの週間走行距離は、2021年第2四半期比で65マイル(4.2%)減少しましたが、前四半期比では53マイル(3.7%)増加しました。.
● 平均着座トラクター台数は1,716台、2021年第1四半期の平均1,782台と比較すると3.7%減少している平均未着工トラクター比率は、2021年第2四半期の5.8%から横ばいだが、前四半期の6.1%から改善.
USATロジスティクス。2022 年第 2 四半期の営業収益(セグメント間取引消去前)は 9740 万ドルとなり、2021 年第 2 四半期に比べ 2910 万ドル(42.5%)増加しました。2022年四半期の営業利益及び調整後営業利益(a)は610万ドルで、営業比率93.8%、調整後営業比率(a)93.2%となり、2021年四半期は営業利益250万ドル、営業比率96.3%、調整後営業比率(a)96.1%であったという。この変化は、営業利益及び調整後営業利益(a)が前年同期比で350万ドル増加し、営業比率が250bp、調整後営業比率(a)が290bp改善したことを意味します。

USAT ロジスティクス事業の第 22 四半期の業績は以下のとおりです。

● 売上総利益ドルは、前年同期比61.2%、前四半期比11.9%、140万ドル増加し、1330万ドルとなりました。.
● 売上総利益率は、前年同期の12.0%から160ベーシスポイント増加し13.6%となり、前四半期の12.5%から110ベーシスポイント増加しました。.
● 負荷あたりの収益は2021年第2四半期比で14.2%、294ドル増加、前四半期比では0.4%、10ドル増加しました。.
● ロードカウントは2021年第2四半期比で8,194ロード(24.8%)、前四半期比で1,005ロード(2.5%)増加した.

運用結果-セグメントレビュー

トラックの営業収益

2022年3月31日に終了した3か月間、トラックの営業収益(セグメント間消去前)は12.6%増の1億1,610万ドルで、2021年の同時期の1億310万ドルに比べて増加しました。トラックベースの収益(セグメント間消去前)は7.6%増の9,980万ドルでした。 2021年第1四半期の9,280万ドルと比較して。営業収益の増加(セグメント間消去前)は、主に、ロードマイルあたりの基本収益が16.7%増加したことにより、利用可能なトラクター1週間あたりのロードマイルが4.2%減少したことにより相殺されました。

トラック営業利益

2022年3月31日に終了した3か月間、Truckingは、2021年の同時期の営業利益350万ドルに対し、1260万ドルの営業利益を報告しました。上記は、セグメントの固定コスト構造を管理しながら、中古収益機器の販売による利益の620万ドルの増加と対になっています。

USATロジスティクスの営業収益

2022年3月31日に終了した3か月間、USATロジスティクスの営業収益(セグメント間消去前)は、2021年の同時期の6,840万ドルから42.5%増加して9,740万ドルになりました。営業収益の前年比増加(セグメント間消去前) )は、負荷あたりの収益が14.2%増加し、負荷量が24.8%増加した結果です。

USATロジスティクス営業利益

USAT Logisticsは、2021年3月31日に終了した3か月間の営業利益が610万ドルで、2021年の比較対象四半期の営業利益が250万ドルであったのに対し、350万ドル増加したと報告しました。この増加は、主に営業利益の42.5%の増加によるものです。上記の収益(セグメント間消去前)およびグロスマージンの160ベーシスポイントの改善。

燃料税および燃料税は、主に会社所有のトラクターのディーゼル燃料費および燃料税に関連しています。会社の燃料費に影響を与える主な要因は、ディーゼル燃料のコスト、会社の設備の燃費、および会社の運転手が運転するマイル数です。2022年3月31日に終了した3か月間の燃料および燃料税の増加は、主に2021年の同時期と比較したディーゼル燃料のガロンあたりの価格の上昇によるものです。2022年3月31日に終了した3か月の平均ディーゼルDOEによって報告されたガロンあたりの燃料価格は、2021年の同時期と比較して48.2%増加しました。この増加は、2021年3月31日に終了した3か月間の燃料サーチャージ収入の73.1%の増加によって大幅に相殺されました。 2022年3月31日に終了した3か月間で2,470万ドル

インフレーション

当社の営業費用のほとんどはインフレに敏感であり、そのため、1マイルあたりの収益の増加とコスト管理の取り組みによって常に相殺できるとは限りません。インフレが長期化すると、金利、燃料、賃金およびその他の営業費用が増加する可能性があり、それに応じて運賃が上昇しない限り、当社の経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。当社は、1マイルあたりの収益の増加、特定のコスト管理努力、および燃油サーチャージと燃料消費量の削減を目的とした措置による燃料価格の影響を制限することにより、インフレの影響を制限しようとしています。経営陣はまた、全体的な運用コストに対するインフレによるコストの増加は、当社にとって競合他社と実質的に異ならないだろうと考えています。

USAKグラフ2

-----------------------------
流動性が少し弱い

2022年高値から半分近くまで下げたので、チャートは厳しい
運賃が上昇したあとだから更に上がるのは難しいところもあるかも
EPSで見れば割安になっているのだが上で捕まってる人も多そう
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示