01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【CVEO】 シベオ

2022年05月01日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

CVEOグラフ1

時価総額(5/1):3.68億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

About Civeo
シベオ・コーポレーションは、カナダのオイルサンドとオーストラリアの天然資源地域で顕著な市場ポジションを持つ、ホスピタリティ・サービスの大手プロバイダーです。シベオは、数百人、数千人の労働者を宿泊させるための長期および臨時の宿泊施設と、食事サービス、ハウスキーピング、施設管理、洗濯、上下水道処理、発電、通信システム、警備、物流サービスを提供する包括的なソリューションを提供しています。シベオは現在、カナダ、オーストラリア、米国で合計27のロッジとビレッジを運営しており、客室数は合計で28,000室以上になります。シベオは、ニューヨーク証券取引所にCVEOのシンボルで上場しています。詳細については、シベオのウェブサイト(www.civeo.com)をご覧ください。

「2022年第1四半期、シベオは3つの地域すべてで継続的な回復を生かし、特にカナダ事業で好調でした。シベオの社長兼最高経営責任者のブラッドリー・J・ドッドソンは、「カナダのロッジの請求客室数は前年同期比で大幅に増加し、カナダのモバイルキャンプの活動も増加しました」と述べています。

ドッドソンは、「カナダでは、ブリティッシュ・コロンビア州でモバイル・キャンプの活動が続いていることに加え、好転期に向けた宿泊ニーズが高まっており、いずれも2022年の第2四半期と第3四半期に恩恵をもたらすだろう」と続けました。オーストラリアでは、ボーエン・ベイスンの村々で、瀝青炭の価格が上昇し、鉱夫による拡張的な支出が見られ始めているため、活動も改善しています。当社は、人件費や食費など、世界的なインフレ圧力に対処しています。労働インフレは西オーストラリア州で最も深刻ですが、当社の総合サービス事業ではマージンの改善が見られ始めています。見通しが全体的に改善した結果、通期ガイダンスを上方修正します。

ドッドソンは次のように述べました。「過去2年間、当社のチームの回復力と、レバレッジの削減および顧客サービスに対する取り組みにより、当社がさまざまな事業環境で成功し、株主に利益をもたらすために必要な財務および事業の柔軟性が生み出されました」。


First Quarter 2022 Results
2022年第1四半期、シベオの売上高は1億6570万ドル、純利益は0.9百万ドル(希薄化後1株当たり0.06ドル)と報告されました。2022年第1四半期、シベオは200万ドルの営業キャッシュフロー、2560万ドルの調整後EBITDA、070万ドルのフリーキャッシュフローを生み出しました。
これに対し、2021年第1四半期のシベオは、売上高1億2540万ドル、純損失1000万ドル(希薄化後1株当たり0.70ドル)を計上しました。2021年第1四半期、シベオは1,280万ドルの営業キャッシュフロー、1,620万ドルの調整後EBITDA、1,610万ドルのフリーキャッシュフローを生みました。
全体として、2022年第1四半期の売上高および調整後EBITDAが2021年第1四半期と比較して増加したのは、主にカナダのロッジ請求客室数の大幅な増加およびカナダの移動キャンプ活動の増加、ならびにオーストラリアのビレッジ請求客室数の増加によるものです。営業キャッシュフローおよびフリーキャッシュフローが前年同期比で減少したのは、2022年に運転資金が増加した結果、営業キャッシュフローおよびフリーキャッシュフローがそれぞれ前年同期比で1090万ドルおよび1540万ドル減少したことによるものです。2022年第1四半期の運転資本の増加は、2022年第2四半期および第3四半期に解消が見込まれる支払および受取のタイミングによるところが大きいです。

Canada
2022 年第 1 四半期のカナダセグメントの売上は 9,600 万ドル、営業利益は 400 万ドル、調整後 EBITDA は 1,720 万ドルで、これに対して 2021 年第 1 四半期は売上 6,190 万ドル、営業損失 770 万ドル、調整後 EBITDA 1,080 万ドルとなりました。2021年第1四半期の営業損失および調整後EBITDAには、カナダ緊急賃金補助金制度(CEWS)からの収入に関連するその他の収益が280万ドル含まれていましたが、2022年第1四半期はゼロ、カナダの製造施設の売却益は090万ドルとなっています。

これは主に、原油価格の回復に伴う顧客アクティビティの増加及びCOVID-19による影響の減少に よるものです。カナダセグメントの調整後 EBITDA は、主に前述の要因により前年同期比 59%増加しました。

Australia
2022 年第 1 四半期のオーストラリアセグメントの売上は 6,350 万ドル、営業利益は 610 万ドル、調整後 EBITDA は 1,540 万ドルで、これに対して 2021 年第 1 四半期は売上 5,960 万ドル、営業利益 330 万ドル、調整後 EBITDA 1,280 万ドルとなりました。2022年第1四半期の業績は、米ドルに対する豪ドル安の影響を反映しており、売上高と調整後EBITDAがそれぞれ420万ドルと100万ドル減少しています。

これは、ボーエン・ベースンにおける顧客のメンテナンス活動の増加により、請求された客室数が前年同期比で 12%増加したことによるものです。豪州セグメントの調整後 EBITDA は、前年同期比で 21%増加しました。これは、ボーエン・ベースンにおける宿泊施設の稼働率 が上昇したことによるものですが、宿泊施設及び統合サービス事業における人件費の増加により一部相殺されまし た。
U.S.
米国セグメントは、2021年第1四半期の収益390万ドル、営業損失260万ドル、調整後EBITDAマイナス120万ドルに対し、2022年第1四半期は収益620万ドル、営業損失160万ドル、調整後EBITDA0万ドルを計上しました。売上高と調整後EBITDAは前年同期比で増加しましたが、これは主に米国の石油・ガス掘削装置数の増加により、シベオのウェルサイトサービスとオフショア事業が改善したことによるものです。
Financial Condition
2022年3月31日現在、シベオの総流動性は約8310万ドルで、その内訳は回転信用枠で利用可能な7670万ドルと手元資金640万ドルです。
2022年3月31日のシベオの負債残高は1億7790万ドルで、2021年12月31日から280万ドル増加しました。この増加の内訳は、不利な為替換算が310万ドルで、事業が生み出すキャッシュフローによる債務の支払いが330万ドルで、一部相殺されました。
シベオは、ネットレバレッジ比率を2021年12月末の1.49倍から2022年3月末には1.40倍まで引き下げました。
2022年第1四半期、シベオは資本支出に360万ドルを投資しましたが、これは2021年第1四半期に投資した340万ドルと比較的同じでした。両期間における資本支出は、主に当社のロッジおよびビレッジのメンテナンス支出に関連するものでした。

Full Year 2022 Guidance
シベオは2022年通年について、先に提示した収益と調整後EBITDAのガイダンス範囲を、それぞれ6億6000万ドルから6億7500万ドル、9500万ドルから1億200万ドルに引き上げます。2022年通年の資本支出ガイダンスは、2,000万ドルから2,500万ドルを維持します。

CVEOグラフ2
株取引 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示