02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【TBI】 トゥルーブルー

2022年04月27日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

TBIグラフ1

TBIグラフ2


時価総額(4/22):9.2億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

第1四半期の収益は5億5200万ドルで、2021年第1四半期の収益4億5900万ドルと比較して20%増加しました。希薄化後1株当たり当期純利益は、2021年第1四半期の0.20ドルに対し、0.30ドルでした。第1四半期の希薄化後1株当たり調整後当期純利益1は、2021年第1四半期の希薄化後1株当たり当期純利益0.25ドルに対し、0.44ドルでした。

「トゥルーブルーのパトリック・ベハレルCEOは、次のように述べています。「4四半期連続で2桁の増収を達成し、営業利益率も継続的に拡大しており、好調なスタートを切ることができました。「当社のサービスに対する幅広い需要を生かしながら、3つのセグメントすべてで収益が伸びたことをうれしく思います。PeopleReadyの収益は請求書レートの上昇と労働者供給の改善により増加し、PeopleScoutは新規および既存の顧客の需要により4四半期連続の成長を達成しました。また、グローバルなサプライチェーンの課題にもかかわらず、PeopleManagement事業の収益が伸びたことも喜ばしいことです。

「デジタル戦略への継続的な取り組みと業務効率の改善への注力により、営業利益率が拡大し、市場での競争優位が確立されつつあります」とベハレル氏は述べています。「これらの戦略により、当社は長期的かつ収益性の高い成長を実現する態勢を整えています。

当社の事業セグメントおよび報告セグメントは以下のとおりです。

PeopleReadyレポート可能セグメントは、PeopleReadyオペレーティングセグメントを通じてブルーカラーの派遣スタッフを提供します。

PeopleReadyは、建設、製造とロジスティクス、倉庫保管と流通、小売、廃棄物とリサイクル、エネルギー、ホスピタリティ、一般労働など、幅広い業界でオンデマンドで熟練した労働力を提供します。

当社のPeopleManagement報告セグメントは、US GAAPに従って1つの報告セグメントに集約された以下の事業セグメントを通じて、主にクライアントの施設のオンサイトで、偶発労働およびアウトソーシングされた産業労働力ソリューションを提供します。

•PeopleManagementOn-Site:製造、倉庫保管、流通施設の派遣産業労働力のオンサイト管理と採用。と

•PeopleManagementCenterline:運輸および流通業界への派遣および専任の商業ドライバーの採用と管理。

PeopleScoutの報告セグメントは、次の事業セグメントを通じて、大量の常勤の従業員採用プロセスのアウトソーシング、雇用主のブランディングサービス、および外部委託された労働サービスプロバイダーの管理を提供します。これらのセグメントは、USGAAPに従って1つの報告セグメントに集約されています。

•PeopleScoutRPO:クライアントおよび雇用主のブランディングサービスに代わって正社員をアウトソーシングして採用します。と

•PeopleScoutMSP:クライアントに代わって複数のサードパーティの人材派遣ベンダーを管理します。

PeopleReady
収益で最大のセグメントであるPeopleReadyは、オンデマンドの偶発的な一般労働者および熟練労働者向けの幅広い人員配置ソリューションを通じて、資格のあるアソシエイトへのアクセスをクライアントに提供します。PeopleReadyは、米国(「US」)、カナダ、プエルトリコの50州すべてにまたがる支店のネットワークを通じて、そしてますます業界をリードするモバイルアプリであるJobStackTMを通じて、幅広い業界の人々と仕事を結び付けています。JobStackは、アソシエイトとクライアントの間に仮想交換を作成し、ブランチリソースが採用、販売、およびサービス提供の取り組みを拡大できるようにします。JobStackは、競争力のある差別化を図り、サービスの範囲を新しい人口統計に拡大し、サービスの提供と作業指示の履行率を向上させています。

人材管理

収益で2番目に大きいセグメントであるPeopleManagementは、米国、カナダ、プエルトリコ全体で施設の派遣労働力の採用とオンサイト管理を提供します。PeopleReadyと比較すると、サービスは規模が大きく、期間も長く、生産およびロジスティクスプロセスの不可欠な部分として、専任のサービスチームがクライアントの施設に配置されています。派遣労働者の大規模な調達、スクリーニング、採用、および管理を提供することにより、労働集約的な製造、倉庫保管、および流通施設のボリューム要件を満たすスケーラブルなソリューションを提供します。PeopleManagementはまた、Centerline Drivers(“ Centerline”)ブランドを通じて、輸送および流通業界に専用の偶発的な商用トラックドライバーを提供しています。
PeopleManagementでの私たちの主な焦点は、ローカルおよびサービスの行き届いていない市場をターゲットにすることによってクライアントベースを拡大し続けること、および顧客維持を改善するために顧客およびアソシエイトケアプログラムに投資することです。

PeopleScout
収益で最小のセグメントであるPeopleScoutは、主に米国、カナダ、英国、オーストラリアのさまざまな業界や地域に、採用プロセスのアウトソーシング(「RPO」)およびマネージドサービスプロバイダー(「MSP」)ソリューションを提供しています。PeopleScoutは、世界経済にまたがる人材ソリューションを管理するRPOサービスと、総労働力のニーズをサポートする人材アドバイザリー機能を提供します。私たちのプログラムは、人材の質と候補者の経験の向上、採用の迅速化、拡張性の向上、採用コストの削減、柔軟性の向上、および規制コンプライアンスの向上を実現します。独自のテクノロジープラットフォーム(AffinixTM)を活用して、常勤の従業員を調達、スクリーニング、提供し、専任のサービス提供チームがクライアントとの統合パートナーとして機能します。PeopleScoutには、ベンダーの選択、パフォーマンス管理、コンプライアンスの監視、リスク管理など、クライアントの臨時労働プログラムを管理するMSPビジネスも含まれています。PeopleScoutの主な焦点は、強力なブランドの評判、営業チームへの継続的な投資、および独自のテクノロジープラットフォーム(Affinix)の使用を活用して、パンデミック後に急速に拡大している業界での機会を獲得することです。

2022年の第1四半期のハイライト

2022年3月27日までの13週間の全社売上高は、3つのセグメントすべてにおける当社のサービスに対する強い全体的な需要により、前年同期と比較して20.2%増加して5億5,150万ドルとなり、前年からの好業績が続きました。 。PeopleReadyの収益は、請求率の上昇と労働供給の改善により17.4%増加しました。PeopleManagementの収益は8.0%増加しました。これは、グローバルなサプライチェーンの課題にもかかわらず、既存のクライアントの成長と、商用トラックサービスに対する強い需要に支えられています。PeopleScoutの収益は76.1%増加し、企業がハイブリッドで完全にアウトソーシングされた採用モデルに戻ってきたため、新規および既存のクライアントでのパンデミック後の採用急増の恩恵を受け続けました。
2022年3月27日に終了した13週間の売上高に占める会社の総利益の割合は、前年同期の24.1%から130ベーシスポイント増加して25.4%になりました。この増加は主に、支払率と比較して請求率が高く、売上構成が利益率の高いセグメントに向かう傾向にあることによるものです。
2022年3月27日に終了した13週間の会社の販売費および一般管理費(「SG&A」)の合計は、前年同期と比較して23.8%増加して1億2,060万ドルになりました。販管費の全体的な増加は、主に20.2%の収益成長をサポートすることでした。今年の追加の増加は、主に、2021年の第4四半期に開始されたデジタル戦略と新しいサービス提供モデルをより適切にサポートするためにPeopleReadyテクノロジープラットフォームを置き換えるために行った投資によるものです。前年の販売管理費パンデミックに対応して2020年に行われた残りの一時的なコスト削減の恩恵を受けましたが、今年は削除されました。

収益の伸びは、収益の割合としての粗利益の改善とともに、収益の割合としての追加の販売管理費を相殺し、2022年3月27日に終了した13週間の純利益は6.9ドルから1,050万ドルに改善しました。前年同期の百万円。
2022年3月27日の時点で、当社は現金および現金同等物が3,670万ドル、未払いの債務総額が400万ドル、未払いのスタンドバイ信用状に使用された620万ドル、および回転信用契約に基づいて利用可能な2億8,980万ドルの堅調な財政状態にありました。 「リボルビング信用状ファシリティ」)、合計流動性は3億2660万ドル。

PeopleReady
PeopleReadyの収益は、2022年3月27日に終了した13週間で、前年同期と比較して17.4%増加して3億570万ドルになりました。収入は、労働供給が改善したために賃金率よりも高くなった請求率の上昇の恩恵を受けました。PeopleReadyの収益は、ほとんどの地域と業界で向上しました。小売業とホスピタリティは、主にプロジェクト作業とイベントによる量の増加からそれぞれ恩恵を受けました。
アソシエイトと仕事をデジタルでつなぐJobStackモバイルアプリの使用により、収益の伸びが支えられていると確信しています。2022年の第1四半期に、PeopleReadyはJobStackを介して約792,000シフトをディスパッチしましたが、前年同期は716,000でした。また、収益量が多い場合、デジタルフィル率は59%に増加しましたが、同じ場合は58%でした。前年の期間。

人材管理
PeopleManagementの収益は、2022年3月27日に終了した13週間で、前年同期と比較して8.0%増加して1億6,380万ドルになりました。PeopleManagementの収益の伸びは、自動車および製造業のクライアントのグローバルなサプライチェーンの課題、および商用トラックサービスに対する強い需要にもかかわらず、既存のクライアントの成長によるものでした。

PeopleScout
PeopleScoutの収益は、2022年3月27日に終了した13週間で、前年同期と比較して76.1%増加して8,200万ドルになりました。PeopleScoutの収益は、企業が通常の業務に戻り、完全にアウトソーシングされたハイブリッド求人サービスの利用を増やしたため、2021年の第2四半期末に始まったパンデミック後の採用急増の恩恵を受け続けました。収益の伸びは、主に旅行やレジャー、および新規顧客ビジネスにおける既存の顧客の雇用量と需要の改善によって影響を受けています。

会社の販売管理費の合計は、2022年3月27日に終了した13週間で、前年同期と比較して2,320万ドル(23.8%)増加しました。販売管理費の増加は、主に20.2%の収益成長をサポートするためでした。収益の割合として、販売管理費は70ベーシスポイント増加しました。その大部分は、第4四半期に開始されたデジタル戦略と新しいサービス提供モデルをより適切にサポートするためにPeopleReadyテクノロジープラットフォームを置き換えるために発生した260万ドルの費用に関連していました。前年度の販売管理費は、パンデミックに対応して2020年に行われた残りの一時的なコスト削減の恩恵を受けましたが、今年は削除されました。

将来の見通し

以下のハイライトは、2022年度第2四半期および通年の当社の経営見通しを表しています。これらの予想は、当社の事業が経済全体とともに変化するにつれて修正される可能性があります。

経営見通し

•2022年第2四半期の通常の収益ガイダンスは提供していません。2020年第2四半期を除く、過去5年間の過去5年間の連続収益成長率は約8%です。た​​だし、2022年3月以降の収益傾向は3%から5%の連続的な収益成長。
•2022年第2四半期の売上総利益率は、前年同期と比較して60〜20ベーシスポイント縮小すると予想しています。2022年度は、前年度と比較して、40ベーシスポイントの縮小と20ベーシスポイントの拡大の間で粗利益の変化が見込まれます。労働者災害補償費用の増加は粗利益に悪影響を与えると予想されます。

•2022年度の第2四半期の販売管理費は、1億2600万ドルから1億3000万ドルの間になると予想しています。これには、PeopleReadyで新しいクラウドベースのソリューションを実装するための約300万ドルのコストが含まれます。今後も規律あるコスト管理を行いながら、販売資源やデジタル戦略に投資し、収益性の高い収益成長を図っていきます。また、地理的なフットプリントの強さを維持しながら、テクノロジーの活用、作業活動の集中化、職務の転用を通じて、PeopleReadyブランチネットワークのコストをさらに削減するパイロットプロジェクトを実施しています。これらのパイロットは2022年まで行われ、成功した場合、将来的にさらなる効率化につながる可能性があります。
•2022年度の実効税率は14%から18%の間になると予想しています。

流動性見通し

•2022年度第2四半期の設備投資とサービス資産としてのソフトウェアの支出は、約1,200万ドル、2022年度は4,300万ドルから4,800万ドルになると予想されます。将来。私たちは、アソシエイトや候補者へのアクセスを改善し、クライアントとの接続の速度と容易さを改善するために、オンラインおよびモバイルアプリへの投資を続けています。これらの投資により、長期的なサービスの競争力の差別化が促進され、サービス提供の効率が向上し、PeopleReadyが従業員を見つけて仕事に結び付けるために地元の支店に依存することが少なくなると期待しています。例としては、PeopleReadyのJobStackモバイルアプリやPeopleScoutのAffinix人材獲得テクノロジーがあります


2022年3月27日 成長率% 全体のセグメント% 2021年3月28日 全体のセグメント%(千単位)
PeopleReady 305,690 17.4 % 55.4 %$ 260,392
人材管理 163,819 8.0 29.7 151,754 33.1
PeopleScout 82,006 76.1 14.9 46,560 10.1

-------------------------------------
ブルーカラーの人材派遣と言う事でインフレ・製品製造などに有利かなとは思ってました
ただ、2022/2Q見通しでは売上総利益率は前年同期と比較して60〜20ベーシスポイント縮小予想
まあ、あくまで予想ですがなかなか厳しい
おもな原因としては労働者災害補償費用の増加との事
(でも年間報告書にも記載があったので1Qからってことはなさそう)


銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示