02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【CTRA】 コテラ・エナジー

2022年04月10日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

CTRAグラフ1

時価総額(4/16):238億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2021年第4四半期のハイライト

9億5300万ドルの営業活動から生み出されたキャッシュフロー。
裁量的キャッシュフローは合計10億2600万ドル(非GAAP)でした。
7億5800万ドルのフリーキャッシュフローを生み出しました(非GAAP)。
合計686MBoepdの同等の生産を実現しました。
石油生産は平均88.6MBopd、天然ガス生産は平均3,123MMcfpdでした。
コテラの3つの主要な事業地域での定期的な高圧フレアリングはゼロで今年を終えました。
株主還元のハイライト

2022年2月23日、Coterraの取締役会(「取締役会」)は、年間基本配当を1株あたり0.50ドルから0.60ドル(1株あたり四半期あたり0.15ドル)に20%引き上げることを承認しました。
2022年2月23日、取締役会は、2021年第4四半期のフリーキャッシュフロー(非GAAP)の生成に基づいて、1株あたり0.41ドルの変動配当金の支払いを承認しました。
承認されたベースと変動する四半期配当は、1株あたり0.56ドル(ベース0.15ドル、変動0.41ドル)であり、2022年3月17日に2022年3月7日に登録保有者に支払われます。
基本プラス変動四半期配当は、営業活動からのキャッシュフローの48%、またはフリーキャッシュフロー(非GAAP)の60%の収益を表します。
これとは別に、当社は、2022年2月22日の市場終了時点での当社の時価総額の約7%に相当する、12億5,000万ドルの承認を得た普通株式の買い戻しプログラムを発表しました。
2022年の見通し

2022年の総設備投資額は1,400〜15億ドルと予想され、約88%が掘削および完成作業に割り当てられています。
2022年の設備投資は、最近のストリップ価格での営業活動による予測キャッシュフローの35%未満です。
最近のストリップ価格で約30億ドルの2022年のフリーキャッシュフロー(非GAAP)を予測しています。
会社を統合すると、年間の石油量は4%増加し、10%増加し、同等の総生産量は約3%減少します。
上記の非GAAP指標の説明、およびこれらの指標と関連するGAAP指標との調整については、以下の「補足的な非GAAP財務指標」を参照してください。

最高経営責任者兼社長のThomasE.Jordenは、次のようにコメントしています。最近のストリップでの営業活動による予測キャッシュフローのこの決定は、フリーキャッシュフローの生成と株主への還元を最適化することに重点を置いたことに基づいており、液体と天然ガスの間でよりバランスの取れた収益プロファイルを提供するという追加のメリットもあります。」

「本日、基本配当を増やし、12億5,000万ドルの株式買戻しプログラムを開始することにより、株主還元戦略の次の段階を誇らしげに発表します。引き続き、基本配当と変動配当を通じて四半期フリーキャッシュフローの50%以上を還元することを約束します。フレームワークと補足的な株主還元方法としての株式買戻しの使用。」

2021年第4四半期のまとめ

2021年第4四半期の総同等生産量は、1日あたり平均686千バレルの石油換算量(MBoepd)でした。第4四半期の石油生産量は1日あたり平均88.6千バレル(MBopd)、天然ガス生産量は1日あたり平均31億2300万立方フィート(MMcfpd)でした。

コテラの2021年第4四半期の石油、天然ガス、天然ガス液(NGL)の平均実現価格は、商品デリバティブの影響を除いて、1バレルあたり75.61ドル(Bbl)、1,000立方フィートあたり4.43ドル(Mcf)、1バレルあたり34.18ドルでした。 、 それぞれ。コモディティデリバティブの影響を含めると、2021年第4四半期の石油と天然ガスの平均実現価格はそれぞれBblあたり60.35ドル、Mcfあたり3.57ドルでした。

強力なキャッシュフローを生み出

2021年第4四半期のコテラは、営業活動による9億5,300万ドルのキャッシュフローを報告しました。2021年第4四半期の任意キャッシュフロー(非GAAP)は10億2600万ドル、フリーキャッシュフロー(非GAAP)は合計7億5800万ドルで、どちらも合併関連費用を含みます。

Coterraは、2021年第4四半期に合計2億6,400万ドルの設備投資を行いました。これには、2億4,000万ドルの掘削および完成資本が含まれます。

2021年通年のまとめ

2021年通年の総等価生産量は平均457.8MBoepdでした。石油生産は平均22.3MBopd、天然ガス生産は平均2,496MMcfpdでした。2021年通年の総等価生産量は平均634MBoepdで、これには平均石油生産量77.9MBopdと天然ガス生産量2,927MMcfpdが含まれます。

コモディティデリバティブの影響を除いた2021年のコテラの石油、天然ガス、NGLの平均実現価格は、それぞれ1バレルあたり75.61ドル、1バレルあたり3.07ドル、1バレルあたり34.18ドルでした。商品デリバティブの影響を含めると、2021年の石油と天然ガスの平均実現価格はそれぞれBblあたり60.35ドル、Mcfあたり2.73ドルでした。

Coterraは、2021年通年の営業活動によるキャッシュフローを16億6700万ドルと報告しました。2021年通年の任意キャッシュフロー(非GAAP)は18億1100万ドル、フリーキャッシュフロー(非GAAP)は合計10億8300万ドルでした。合併関連の費用。

Coterraは、2021年通年で合計7億2500万ドルの資本的支出を負担しました。これには、6億8800万ドルの掘削および完成資本が含まれます。合併前にCimarexが負担した資本的費用を除いた、2021年に発生した資本的支出の合計は、1,135百万ドルの掘削および完了資本を含め、合計1,211百万ドルでした。

2021年の証明された埋蔵量

2021年12月31日現在、コテラの証明済み準備金は合計2,893 MMBoeであり、主に合併によって推進された2020年12月31日時点の当社の証明済み準備金2,279 MMBoeから27%増加しました。同社の実証済み埋蔵量は、約86%の天然ガス、6%の石油、8%のNGLです。証明された開発埋蔵量は合計2,128MMBoeであり、証明された総埋蔵量の74%に相当します。2021年12月31日のコテラの証明された埋蔵量は、2020年12月31日時点で合計2,813 MMBoeであったレガシーキャボットとシマレックスの合計埋蔵量の3%の増加を表しています。 2020年末は、主に、新たに証明された開発済みの生産井が追加されたことに起因しています。2021年12月31日現在のコテラの推定埋蔵量の概要については

見通し

Coterraは2022年に1,400〜15億ドルを投資する予定であり、そのうち1,225〜13億2,500万ドルが掘削および完了活動に割り当てられています。当社は、2022年に3つの事業地域で合計134から153の純井戸をインライン化する予定です。掘削および完成資本の約49%はペルム紀盆地に投資され、44%はマーセラス頁岩に投資され、残りはアナダルコ盆地に投資されます。中流、塩水処理、電化、インフラストラクチャーおよびその他の投資は、年間で合計約1億7500万ドルになると予想されています。

2022年には、同等の総生産量は平均600〜635 MBoepdであり、Coterraと従来のCimarex2021の合計生産量634MBoepdから中間点で3%減少すると予想されます。年間の石油生産量は81〜86 MBopdと予想され、Coterraと従来のCimarexの2021年通年の総量から4〜10%増加します。年間の天然ガス生産量は2,680〜2,850MMcfpdと予測されています。2022年第1四半期の総等価生産量は、2,775〜2,850 MMcfpdの天然ガス量と79〜82 MBopdの石油生産量を含め、平均で610〜630MBoepdになると予想されます。

株主への利益の増加

2022年2月23日、Coterraの取締役会は、年間基本配当を1株あたり0.50ドルから0.60ドル(1株あたり四半期あたり0.15ドル)に20%引き上げることを承認しました。

2021年第4四半期のフリーキャッシュフロー(非GAAP)に基づいて、Coterraの取締役会は本日、四半期ベースと1株あたり0.56ドルの変動配当を宣言しました。基本プラス変動配当は、当社の普通株式の1株当たり0.15ドルの基本構成要素と1株当たり0.41ドルの変動要素を反映しています。ベースと変動配当の合計は、2021年第4四半期の営業活動によるキャッシュフローの48%、またはフリーキャッシュフロー(非GAAP)の60%に相当します。基本配当と変動配当の合計は、2022年3月17日に、2022年3月7日の営業終了時点で登録されている株主に支払われます。

当社は本日、株主還元戦略の次のステップを発表し、現在の時価総額の約7%に相当する12億5,000万ドルの承認を得て補足的な株式買戻しプログラムを開始しました。

この承認に基づく自社株買いの時期と量は、経営陣の裁量により決定されます。経営陣は、自社株買い戻しプログラムが相対的かつ本質的な価値の機会によって推進されることを期待しています。株式買戻しプログラムは、当社の基本配当と変動配当戦略を上回っており、当社の最優先事項は、引き続き資金調達と持続可能な基本配当の拡大です。

CTRA資料1

CTRA資料2

---------------------------------------
メインデリバティブ

・NYMEX (Mmbtu)

36000000 2022/1-2022/3
42800000 2022/4-2022/10

・2022年初頭契約
71500000 2022/4-2022/12
10700000 2022/4-2022/10

他小規模多数

生産量
4Q:287.3 (Bcf) 2021年度:911.1 (Bcf)

計算方法としてはINPEXのホームページ参考にすると

1cf ≒ 966Btu
1bcf ≒ 966Bbtu(966000MMbtu)
287.3Bcf ≒ 277531Bbtu(277531800MMbtu)
853Bcf ≒ 823998Bbtu(823998000MMbtu)

1 BCF ≒ 28.3×106m3(10億立方フィート)

メインデリバティブ数
161000000 Mmbtu (他いくつか有)
4Q生産量277531800MMbtu/デリバティブ161000000 Mmbtu
4Q生産量823998000 MMbtu/デリバティブ161000000Mmbtu

4Qデリバティブ割合:58%
2022年デリバティブ割合:19%
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示