03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2022年ポートフォリオ目安

2022年04月01日
4月に入ったことで今後の資金投入先を個人的にまとめて起きます
100%保有の法人及び個人のローン負債も併せて計算致します。

●国内金融資産:45% (資産割合)

旧システム 35%前後 (実利15%~30%)

新システム 65%前後 (不明)

●海外金融資産:10% (資産割合)

・インデックス 60%前後 (実利10%~20%)

・米国ファンダ 40%前後 (不明)

●国内不動産:45% (資産割合)

・収益 80% (実利4%~5%)

・個人用 20%

●負債:35% (資産割合)


-------------ポートフォリオ(目安)------------

金融資産50%(株式・債権・預金・コモデティ)

・現金もしくは直に換金可能な証券 20%
・自国金融資産 10%
・他国金融資産 20%

実物資産50%

・自国土地 40%~30%
・他国土地 20%~10%
・宝石/金類(持ち運び) /ネット資産5~1%

最低割合金融資産実物資産共に上限7割まで
不動産価格は固定資産税評価

1年以上の長期負債に関しては資産の5割までを上限

------------------------------------------
目安は長期運用を目的に客観的にバランスを考えてみました
得意分野があればそちらに10%~20%は割いても良いかも

年齢によるが一般的には住宅ローン割合が高くて不動産90%金融資産10%負債100%ぐらいが多そう
住宅購入して金融資産率を上げるのは非常に難しそう

そして不動産に関しては結構頑張っているのですがそれでも
投資金額に対数利回りが年4~5%計算となっているので非常に厳しく感じた
ざっくり初期投資金450万を18年で1200万計算で5%弱、40年計算で4%強となりました。

子孫に残すという意味では換金が簡単なのはあっという間に消費に使ってしまう事もあるので
換金しづらく安定している資産が良いとの考え、
負債が無い土地・もしくは換金が難しい外国金融資産辺りが良いのかも。
まとめ一覧 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示