02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【FANG】 ダイヤモンドバック・エナジー

2022年05月03日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

時価総額(4/16):245億$
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

FOURTH QUARTER 2021 HIGHLIGHTS
平均生産量226.3MBO/d(387.1MBOE/d
パーミアンベースンの生産量は224.4 MBO/d(383.5 MBOE/d
営業活動によるキャッシュ・フローは1,167百万米ドル、運転資本変更前営業キャッシュ・フロー(以下に定義、調整される)は1,206百万米ドル
現金資本支出は4億3,400万ドル、2021年第4四半期に発生した活動ベースの資本支出は約4億2,700万ドル
フリー・キャッシュ・フロー(以下に定義および調整される)は772百万米ドル
年間配当金を20.0%増額し、1株当たり2.40ドルとし、2021年第4四半期の現金配当を1株当たり0.60ドルとし、2022年3月11日に支払うことを宣言。
2021年第4四半期に普通株式3,858,931株(前期発行済み株式数の約2.1%)を約4億900万ドル(105.96ドル/株)で買い戻した。

自己株式の取得および2021年第4四半期に宣言した配当金により、515百万ドル(2021年第4四半期フリーキャッシュフローの67%)の資本還元を行い、フリーキャッシュフローの少なくとも50%を株主に還元するというコミットメントを上回る。
2021年第4四半期の天然ガス総生産量の1.55%(QEPパーミアンを除くと1.32%)をフレア化

FULL YEAR 2021 HIGHLIGHTS

2021年通年の平均生産量は223.3MBO/d(375.3MBOE/d
2021年度通期の営業活動によるキャッシュフローは39億4,400万米ドル、運転資本増減前の営業キャッシュフロー(以下に定義および調整を行う)は39億800万米ドルを達成
2021年通年の現金資本支出は14億8,700万ドル、275本の水平坑井を生産開始
2021年度通期のフリー・キャッシュ・フロー(以下に定義および調整される)が24億2,100万ドルになったこと
2021年YEの総負債は67億5,600万ドル、連結純負債(以下に定義および調整を行う)は61億200万ドルで、2021年Q1末から20%減少、同期間に12億7,700万ドルのシニアノートを償還
2021年12月31日時点の確認埋蔵量は、前年比36%増の1,789百万ポンド(928百万ポンド、石油52%)、開発済み生産物(PDP)の確認埋蔵量は、前年比47%増の1,201百万ポンド(620百万ポンド、石油52%、確認埋蔵量の67%)。
2021年の連結既成事実化された開発費(以下に定義され、「PD F&D」と呼ばれる)は1BOEあたり7.87ドル、ドリルビットの開発費(以下に定義され、「ドリルビットF&D」と呼ばれる)は1BOEあたり4.53ドルです。
2021年通年の天然ガス総生産量の1.00%(QEPパーミアンを含むと1.45%)をフレア化し、2020年から49%(QEPパーミアンを含むと26%)減少

2022 GUIDANCE HIGHLIGHTS

2022年通年の原油生産量ガイダンスは218-222MBO/d(369-376MBOE/d
2022年通年のキャッシュCAPEXガイダンスは17.5~19.0億ドル
現在のストリップ商品価格とDiamondback社の生産量および営業コストのガイダンスの中間値を前提とした場合、2022年に営業活動から得られる純キャッシュは約58億ドルになると予想しています。
上記の営業活動によるキャッシュフローのガイダンスと2022年のCAPEXガイダンスの中間値を前提とすると、2022年には約40億ドルのフリーキャッシュフローを創出すると予想されます。
当社は、2022年に総計270~290本(正味248~267本)の井戸を掘削し、平均支柱長約10,200フィートの総計260~280本(正味240~258本)の井戸を完成させることを見込んでいます。
2022年第1四半期の石油生産量ガイダンスは218-222MBO/d(369-376MBOE/d
2022年第1四半期のキャッシュCAPEXガイダンスは435-475百万ドル

「Diamondback社の第4四半期は、当社にとって記録的な年となりました。当四半期において、Diamondback社は7億7,200万ドルのフリー・キャッシュ・フローを創出し、生産と資本の両方が予想を上回りました。これまで述べてきたように、当社はフリーキャッシュフローの少なくとも50%を株主に還元することを約束していますが、第4四半期はこの目標を上回り、フリーキャッシュフローの67%を機動的な自社株買いと成長する基本配当によって還元しました」と、Diamondback社のCEOであるTravis Stice氏は述べています。

Sticeは次のように述べています。「今後も、パーミアン油田の生産量を横ばいに維持することで、資本規律を維持していきます。2022年には、現在のストリップ価格で、この維持資本計画によって40億ドル近いフリーキャッシュフローが生み出されると予想しており、そのうちの少なくとも50%は、成長する基本配当、機動的な自社株買いプログラム、そして必要に応じて変動配当を組み合わせて株主に還元されます。Diamondbackの取締役会は、この事業において、最低のコスト構造で一貫した実行を行うことにより、長期的な株主価値が創出されると考えています。フリー・キャッシュ・フローの創出と、そのフリー・キャッシュ・フローのオーナーへの還元は、その価値創造のアウトプットです。先に述べたように、当社は今年、多額の現金を株主の皆様に還元することを期待しており、少なくともフリーキャッシュフローの50%を還元したいと考えています。また、当社が生み出すフリーキャッシュフローの残り50%をどうするかについては、取締役会が裁量権を持っています。株主の皆様に不当な価値をもたらすような資本の使い道がない場合は、取締役会がその時点で株主の皆様に最善の利益をもたらすと考える方法で還元します。"

Stice氏は、「2021年に現場で達成したオペレーションの成果は、Diamondbackにとって新たな基準となりました。私たちは、営業コストと資本コストの変動部分をコントロールすることで、これらのオペレーションの効率化を継続していきます。その結果、この先もクラス最高の資本効率とコスト構造を維持できると確信しています」と述べています。

2021年第4四半期、Diamondback社はミッドランド盆地で40本、デラウェア盆地で13本の水平井を総計で掘削しました。当社は、ミッドランド盆地で55本、デラウェア盆地で15本の稼働中の水平坑井を生産に回しました。第4四半期に完成した坑井の平均水平坑道長は9,711フィートでした。第4四半期に完成した稼働中の井戸は、ウォルフキャンプAが27本、ローワー・スプラベリーが18本、ミドル・スプラベリーが8本、ウォルフキャンプBが8本、サード・ボーン・スプリングが4本、ジョー・ミルが2本、セカンド・ボーン・スプリングが2本、バーネットが1本でした。

2021年12月31日に終了した通期で、Diamondback社はミッドランド盆地で175本、デラウェア盆地で41本の総計で水平井を掘削しました。当社は、ミッドランド盆地で207本、デラウェア盆地で64本、ウィリストン盆地で4本の水平井を生産しました。完成した井戸の平均水平距離は10,602フィートで、その内訳は、ウルフキャンプAが88本、ローワー・スプラベリーが68本、ミドル・スプラベリーが33本、ウルフキャンプBが25本、ジョー・ミルが23本、サード・ボーン・スプリングが13本、セカンド・ボーン・スプリングが12本、ディーンが7本、バーネットが2本、バッケンが2本、スリーフォークスが2本となっています。

2021年第4四半期のヘッジなし平均実現価格は、原油1バレルあたり74.50ドル、天然ガス1Mcfあたり4.56ドル、天然ガス液(以下「NGL」)1バレルあたり35.02ドルで、ヘッジなし平均実現価格の合計は1BOEあたり56.47ドルとなりました。

ダイヤモンドバック社の2021年第4四半期の現金営業費用は、1BOEあたり10.17ドルで、これにはリース営業費用(LOE)4.21ドル、現金一般管理費(G&A)0.93ドル、生産税および従価税3.40ドル、集荷・輸送費用1.63ドルが含まれていました。

2021年12月31日時点で、Diamondbackは単体で5億9,500万ドルの現金を保有しており、リボルビング・クレジット・ファシリティでの借入残高はなく、ファシリティでの将来の借入可能額は約16億ドルで、流動性の合計は約22億ドルでした。

2021年第4四半期、Diamondbackは、操業中の掘削・完成と非操業物件に3億4700万ドル、インフラに8000万ドル、中流に700万ドルを費やし、現金資本支出総額は4億3400万ドルとなりました。2021年12月31日までの1年間に、Diamondback社は、操業中の掘削および完成に12億9,800万ドル、インフラに1億2,300万ドル、非操業中の物件に3,600万ドル、中流に3,000万ドルを費やし、現金資本支出の合計は14億8,700万ドルでした。

RESERVES

Ryder Scott Company, L.P.は、2021年12月31日時点のDiamondbackの確認埋蔵量の推定値を作成しました。基準価格は、米国証券取引委員会の規則に基づき、原油1バレルあたり66.56ドル、天然ガス1Mbtuあたり3.60ドルとしました。適用される差金を含む実現価格は、原油1バレルあたり64.78ドル、天然ガス1Mバイトあたり2.61ドル、天然ガス液1バレルあたり23.71ドルでした。

2021年末時点の確認埋蔵量は1,789MMBOEで、2020年末時点の埋蔵量に比べて36%増加しています。2021年12月31日時点の確認済み開発埋蔵量は、当社の水平坑井在庫の継続的な開発を反映して、47%増の1,201 MMBOE(確認済み埋蔵量全体の67%)となりました。既成未開発埋蔵量(「PUD」または「PUD」)は2020年末比18%増の588MMBOEに増加し、619カ所で構成されており、そのうち65カ所はデラウェア盆地にあります。原油はDiamondback社の総確認埋蔵量の52%を占めています

正味の確認埋蔵量が610万MOE増加したことにより、埋蔵量代替率は445%となりました(延長、発見、修正、購入および売却の合計を年間生産量で割って定義)。有機性埋蔵量交換率は280%(延長、発見、修正の合計を年間生産量で割ったもの)でした。

埋蔵量の増加は、延長および発見が主な要因であり、これに続いて埋蔵量の買い取りが225MBOE、下方修正が135MBOEとなっています。PDP延長は、埋蔵量増加の15%を占めています。PDP延長は、当社が作業権益を保有する125本の井戸によるもので、PUD延長は、当社が作業権益を保有する439箇所の新規ロケーションによるものです。埋蔵量の取得は、285百万キロワットの取得と60百万キロワットの売却の結果、225百万キロワットとなりました。埋蔵量の下方修正は、主にQEP社及びGuidon社の買収に伴う企業開発計画の変更に関連したPUDの下方修正により256百万MOEとなりましたが、商品価格の上昇及び坑井の性能向上に関連した121百万MOEの上方修正により一部相殺されました。

新債券の販売から引受割引および募集費用の概算を差し引いた純手取額は約 7 億 3,590 万米ドルとなる見込みです。当社は、新債券の販売による純収入の一部を、当社の発行済み 2025 年満期 4.750%シニア債券(以下「2025 年 債」)の全部の償還に充てる予定です。償還価格には、2025 年債のメークホールプレミアムと未払い利息が含まれま す。当社は、新債券の販売による純収入の残額と手元資金を、2024 年満期 2.875%シニア債券(以下「2024 年満期債券」)の全 額を償還価格で償還する資金に充てる予定ですが、この償還価格には、満期保険金および未払い利息が含 まれています。新債券の募集は償還の完了を条件とするものではありません。

FANG資料1

---------------------------------------

まず注目がFCF還元率50%以上を約束!との記載
いや~、ここらへんがアメリカ企業な感じがするな~

2022年FCF予想が40億$程を予想で50%還元だと20億、2021年FCFが24億となってますが
時価総額が242億$なので8.2%程。
2021年株価80$(8月末迄)で時価総額140億ドル程、50%の12億還元率で8.5%
2021年8月時点で原油70ドル、年末75$、現在110$

ロシア産原油取引の自粛で2022/12月頃には2月比でシェール日量100万バレル増産の方向らしい
あくまで予想値だが2022/12:日量約1264万バレルくらい
FANGの2021年で石油換算バレル/日が平均38万バレル

-----------------------1Q--------------------------

FIRST QUARTER 2022 HIGHLIGHTS

-平均生産量 222.8 MBO/d (381.4 MBOE/d)
-営業活動によるキャッシュ・フロー:12億5,200万米ドル、運転資本増減調整前営業キャッシュ・フロー(以下に定義、調整後)14億1,100万米ドル。
-現金資本支出は4億3700万ドル、2022年第1四半期の活動ベース資本支出の発生は約4億4400万ドル。
-フリー・キャッシュフロー(以下に定義および調整後)は9億7,400万ドル。
-2022年第1四半期の基本配当を17%増の1株当たり2.80ドルとし、2022年5月23日に支払うことを宣言。
-基本+変動配当の合計3.05ドルは、2022年4月29日の終値126.23ドルに基づき、年率9.7%の利回りとなります。
-2022年第1四半期に普通株式57,300株を670万ドルで取得(加重平均価格約117.34ドル/株)。
-総資本利益率は5億5,500万ドル。これは、自社株買いおよび2022年第1四半期の基本+変動配当によるフリーキャッシュフロー(以下に定義および調整後)の57%および調整後フリーキャッシュフロー(以下に定義および調整後)の50%に相当する。
-既報の通り、Diamondbackは2024年満期2.875%シニアノートの発行残高10億ドルと2025年満期4.750%シニアノートの発行残高5億ドルを手元資金と2052年満期4.25%シニアノートの発行純額750百万ドルにより全額償還しました。
-テキサス州ワード郡の約6,200エーカーの買収を完了、買収総額は2億3,000万ドルとなる。

「2 月、ロシアは主権国家であるウクライナに無謀な侵攻を開始しました。私たちはロシアの行動を強く非難し、3月には、この不当な戦争の影響を受けている何百万人もの男性、女性、子どもたちの人道的ニーズを満たすために立ち上がったさまざまな非営利団体を支援するために、1,000万ドルを拠出することを決定しました。この紛争が平和的に解決されることを祈ります」と述べています。



ロシアの行動は、世界の石油供給をめぐる不確実性の結果、商品価格に大きな変動をもたらし、私たちの分野のボラティリティを高めています」と、スタイスは続けました。ダイヤモンドバックでは、ちょうど10年前に日量3,500バレル弱(BOE/d)だった生産量を、今期は38万BOE/d超に伸ばしたことを誇りに思います。この生産量の増加は、米国全土およびパーミアン・ベースンにおける多くの同業他社の生産量増加とともに、わが国のエネルギーコストを大幅に引き下げ、エネルギー安全保障、通貨の強さ、世界舞台におけるわが国の地政学的地位の向上に寄与しています。

今日、Diamondbackは現在の生産レベルを維持し、我が国と世界に重要なエネルギー供給を行うことに全力を尽くしています。私たちは、長期的には生産量を効率的に増やすことが可能であると考えていますが、現在の市場の不確実性と変動性を考慮すると、今日から数四半期後までバレル数の増加に相当しない費用を使い始めることは適切なタイミングではないと考えています。

他の多くの業界と同様、私たちは厳しい環境の中で事業を展開しています。私たちのビジネスのあらゆる側面にインフレ圧力がかかり、サプライチェーン全体で労働力や資材の不足が発生しています。当社は幸いにも資本計画を遂行するために必要な設備、人員および資材を確保していますが、現在の活動量を増やすことは資本効率の低下を招き、今日の石油市場における世界的な需給バランスの悪化に有意義に寄与するものではありません。

そのため、私たちは卓越したオペレーションを維持し、世界で最も低コストで環境に優しいバレルを生産することに注力しています。そうすることで、差別化された利益を生み出し続け、生産と資本の目標を達成し、フリーキャッシュフローの少なくとも50%を株主に還元できると考えています。

2022 年第 1 四半期に、ダイヤモンドバックはミッドランド盆地で 47 本のグロス水平井を、デラウェア盆地で 14 本のグロス水平井を掘削しました。当社は、ミッドランド盆地で54本の稼働中の水平井を生産に回し、デラウェア盆地では15本の稼働中の水平井を生産に回しました。当四半期に完成した坑井の平均横方向長さは9,658フィートでした。当四半期に完成した坑井の内訳は、Lower Spraberry坑井19本、Wolfcamp A坑井15本、Jo Mill坑井11本、Middle Spraberry坑井10本、Wolfcamp B坑井6本、Second Bone Spring坑井6本、 Third Bone Spring坑井1本、Barnett坑井1本となっています。

DELAWARE BASIN ACQUISITION

2022年1月、当社はテキサス州ワード郡の非公開の売主から約6,200ネットエーカーを総購入価格230百万ドルで取得しました。2022年第1四半期において、1日平均生産量は1.3MBO/d(2.3MBOE/d)、ダイヤモンドバックの2022年第1四半期に貢献した生産量は約1.0MBO/d(1.9MBOE/d)でした。今回の買収には、推定グロス58箇所(ネット43箇所)、平均ラテラル長10,300フィート超の水平掘削が含まれています。この鉱区は100%操業で、平均74%の作業権益と66%の純収益権益(実質的な純収益権益は85%)を有しています。買収資金は手元資金でまかなわれました。カークランド・アンド・エリスは、ダイヤモンドバックの法律顧問を務めました。

ENVIRONMENTAL UPDATE

ダイヤモンドバックの2021年のスコープ1 GHG原単位とメタン原単位は、2020年からそれぞれ15%、21%減少しました。ダイヤモンドバックは、GHGとメタンの強度を計算するために、米国探鉱生産協議会のESG Metrics Frameworkを使用しています。

ダイヤモンドバックの2021年の総営業BOE生産量は2020年から約24%増加し、スコープ1 GHG排出量の絶対量は2020年から5%増加し、二酸化炭素換算で約126万トンとなった。2021年の絶対的なメタン排出量は、2020年比で2%減の約5千トンに減少しました。2022年第1四半期、ダイヤモンドバックは天然ガス総生産量の約1.5%をフレアリングしました。2021年初めに発表したNet Zero Nowの誓約で約束したように、ダイヤモンドバックは2021年のスコープ1排出量に対して約126万個のカーボンオフセットを償却する予定です。

2022年4月30日現在、Diamondbackは、稼働中の石油生産の約70%をカバーする連続排出量監視システムを設置し、メタン排出量、一酸化炭素および硫化水素(H2S)をリアルタイムで監視しています。ダイアモンドバックは、2023年末までに稼働中の石油生産の90%以上をカバーするために、このモニタリングの取り組みを強化することを約束しています。




FINANCIAL UPDATE

ダイヤモンドバックの 2022 年第 1 四半期の純利益は 7.79 億ドル、希薄化後 1 株当たり 4.36 ドルとなりました。調整後純利益(以下で定義および調整される非GAAP財務指標)は9億2900万ドル、希薄化後一株当たり5.20ドルでした。

2022 年第 1 四半期の連結調整後 EBITDA(以下に定義、調整後)は 16 億ドルでした。非支配持分控除後の調整後EBITDAは、15億5,100万ドルでした。

2022 年第 1 四半期の平均非ヘッジ実現価格は、原油が 1 バレル当たり 97.03 ドル、天然ガスが 1Mcf 当たり 3.61 ドル、天然ガス液体が 1 バレル当たり 40.36 ドル、合計で 1BOE 当たり 69.60 ドルと なりました。

ダイヤモンドバックの2022年第1四半期の現金営業費用は、リース営業費用(LOE)4.34ドル/BOE、現金一般管理費(G&A)0.61ドル/BOE、生産税・付加価値税4.69ドル/BOE、収集運搬費1.72ドル/BOEで、1BOE当たり11.36ドルとなりました。

2022年3月31日現在、ダイヤモンドバックの単体現金は103百万ドル、リボルビング・クレジット・ファシリティの借入残高はなく、将来ファシリティの下で借入が可能な金額は約16億ドル、流動性の合計は約17億ドルとなっています。

2022年第1四半期、ダイヤモンドバックは、操業中の掘削・完成物件と非操業中の物件に3億7400万ドル、インフラに4400万ドル、中流に1900万ドルを支出し、現金資本支出の合計は4億3700万ドルとなりました。

DIVIDEND DECLARATIONS

ダイヤモンドバックは、本日、当社の取締役会が、2022年5月12日の営業終了時に登録されている株主に対して、2022年第1四半期の普通株式1株当たり0.70ドルの基本現金配当を、2022年5月23日に支払うことを宣言したことを発表しました。

また、当社の取締役会は、2022年5月12日の営業終了時点における登録株主に対し、2022年第1四半期に普通株式1株当たり2.35ドルの現金配当(変動配当)を行うことを決議しました。

FANGグラフ1

銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示