02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【7674】 NATTY 2022期

2021年11月19日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

NATTYグラフ1

※空売り機関無し
----------------------------------------
・株主/子会社

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当社では、感染対策を講じながら店舗営業の通常営業を再開したことにより客数が大きく増加しました。また、
様々なお客様のニーズに対応すべく、テイクアウトやデリバリーサービス、ECサイトでの通信販売なども実施して
参りました。なお、当第1四半期累計期間に新規直営店4店舗及び新規フランチャイズ店1店舗を出店し、直営店
からフランチャイズへの切替を1店舗致しました。
上記の結果、当第1四半期累計期間における当社の業績は、売上高1,723,827千円(前年同期比66.7%増)、営業
利益220,204千円(前年同期は40,902千円の営業損失)、経常利益227,850千円(前年同期は38,105千円の経常損
失)、四半期純利益159,795千円(前年同期は17,639千円の四半期純損失)となりました。
なお、「収益認識に関する会計基準」等を当第1四半期会計期間より適用したことにより、売上高は12,976千円
減少し、営業利益、経常利益及び税引前四半期純利益はそれぞれ1,024千円減少しております。

収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っ
ており、当第1四半期会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当第1
四半期会計期間の期首の利益剰余金に加減しております。
この結果、当第1四半期累計期間の売上高は12,947千円減少、販売費及び一般管理費は11,951千円減少し、
営業利益、経常利益及び税引前四半期純利益はそれぞれ995千円減少しております。

NATTY資料1

---------------------------------------
・感想

四半期で利益が抜けて来ました、水準はコロナ前と比較して
同じくらいですが、居酒屋系でPER20台は少し成長加味した水準かも

直近利益はコロナ回復&店舗増加の影響かも、っていうか7-9月は緊急事態中だった
それで1Qこの営業利益は期待出来そう、ってこれも時期変更で次四半期決算が1月だった。
期間長めなので少しだれて来そう

兎に角2019年の業績は超えないと流石に厳しそうで
コロナが回復すれば超えられるとは考えております。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示