01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【4445】 リビン・テクノロジーズ 2022期

2021年11月17日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

リビン・テクノロジーズグラフ1

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・グラフ/会社資料

このような状況のもと、当社は、2021年9月期を将来の成長に向けた積極投資実行年度の第Ⅱフェーズと位置づ
け、人材投資、サービス拡充投資、ブランディング投資、M&A・事業提携への投資を行ってまいりました。人材投
資としては、営業・開発人員の新卒・中途社員の採用・教育へ積極的に投資を行いました。ブランディング投資と
しては、『リビンマッチ』の更なるブランディングと認知度向上のため、当社の営業拠点のある関東、東海、関
西、広島、福岡などの全国の主要都市でテレビCMを継続的に放映いたしました。また、エンドユーザー・クライア
ント企業双方の更なる認知度向上を図るため、新イメージキャラクターとしてタレントの坂下千里子氏を起用しま
した。M&A・事業提携への投資としては、顧客紹介に関する業務提携等を積極的に推進し、オリックス銀行様をは
じめ、多くのお取引様と弊社サービスの利用促進につながる業務提携などを締結いたしました。サービス拡充投資
としては、2020年11月に複数のリースバックサービスを比較できるサイト『リースバック比較 PRO』の提供を開始
しました。また、2021年9月に複数の外壁塗装、屋根塗装の施工会社を比較できるサイト『ぬりマッチ』を開始い
たしました。

リビン・テクノロジーズ資料1

リビン・テクノロジーズ資料2

---------------------------------------
・感想

グラフは売上綺麗な右肩上がり、上場2年位かな
利益についてはバラバラ。

資料を見ると分かるが、今回最大のポイントが来期から広告費を減らす予定

予 2022.09 売上3,450 営業500 利益272

と、売上成長を削って利益を伸ばしてくるみたい。
少し気になるのが直近2Q位テレビ効果が少し薄れてきた感じもする
CM当初よりは成長率がなだらかになっている。

まだ有報が出てないので広告費参照は2Q:7.7億、前期:12億
まだまだ、削れば利益は出そうだがそこは社長次第なので読めないところ

今後最も気になるのが売上が成長していくか?と言う事
不動産系って事業でもやってるからわかるけど、なかなかIT化は進みずらいと感じる
管理とか賃貸とかは良いけど売買部分ってなるとどうだろう?

それでもこの利益なら現状は安いとなるのでPER次第で購入も検討しては良いかも
売上成長を見ながら長期的視点での投資になると思う。
広告費追加はあり得るので想定はしないといけないが。

ちなみに横の比較をするとHOMESがPER53、SRE PER170、GAテクノ赤字、いい生活PER40、ファーストロジック14.2
売上成長有りを加味するとPER30くらいで、売上伸びないとPER10台くらい
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示