01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

父の死去

2021年11月13日
完全にプライベートな事になってしまいますが、忘れない為にも記載する事にしました。

プライベートの記事は家族信託に続いてなのですが、家族信託は不動産関連も含めている為
完全にプライベートな事は今回が初めてになります。

--------------------------------------

先日に父が亡くなりました、
年齢は父が70歳で亡くなったが子供に関してはアラフォー&30代になります

時系列で記載して行くと

・2019/09 物忘れ症状
・2020/08 食道がんの手術
・2021/06 胃潰瘍(治療前にワクチンの副作用も有り)
・2021/07 誤嚥性肺炎
・2021/11 誤嚥性肺炎(2回目)

となり原因は誤嚥性肺炎となります。
1回目と大きく違うと感じたのは肺炎重症度で
レントゲンで1回目は薄ら一部白くなっていましたが、
2回目は片方の肺全体が白くなっていました。
また、抗生物質の影響で肝臓の数値が通常の10倍以上の数値になってしまい肺以外にも影響が出ていました。

誤嚥性肺炎に関しては2点程重要な事があり、
まず1点が食道がん手術の前は発生していなくて手術後に発生したとの事です

因果関係は不明ですが国立がんセンターのHPでは誤嚥、逆流性食道炎などが
起こりやすくなるとの記載はあります、しかし1年程経過してその間発生していないので何とも言えません。

2点目が65歳の肺炎球菌ワクチンを接種していなかった事です
肺炎の原因となる細菌で最も多いのが肺炎球菌なので今回も肺炎球菌での発生は十分考えられます
接種しなかった理由は聞く話によると65歳時は元気だったので70歳以降に打てばいいとの考えだったらしいです
(母も打ってないので意見は尊重しながらも早く打ってもらいます)

余談で祖父の死因は左癌性胸膜炎で同じく肺関係になります
自分も肺や気管系は気を付けないといけません。

次に間接的に影響になった可能性がある胃潰瘍・食道がん・物忘れに関してですが、
どれも言えそうなのがアルコールです。
アルコールに関してはお医者さん含め都度注意をしたりしていましたが、どこかで飲んでくることもあり
運転だけはさせない事を気を付けていました。

胃潰瘍時は食道がん手術後から直ぐにお酒を飲んでおり、食事は余り取らなかったらしいのですが
量はそこまででは無いと感じましが、350m缶で2杯を毎日で1缶は7~8%の度数も多々ありました。
飲酒は胃粘膜の血流を低下し胃潰瘍の引き金となる事があるとの事です
アルコールは好きだったが、強い方ではなかったか
それとも毎日の習慣化していたのが良くなかったのかは分かりません。

食道がんに関してもアルコールのアセトアルデヒドによる影響も十分考えられますが
祖父も左癌性胸膜炎なので癌関係も十分注意しないといけません。
(祖父の子供が3人いますが癌は現在父のみとなっております)

物忘れ症状ですがこちらも断定はもちろん出来ないのですが
アルコールによる影響もあったと考えられます、と言うのもアルコールを
さほど飲まなかった祖父祖母は90歳近くまで、しっかりしていた為です

父・祖父からアルコールと肺関係(癌関係も)は気を付けた方が良さそうです。

最後にまとめる事で比較的落ち着て状況が見えてきて
今後の健康に注意する事で、その分残された人は元気に過ごせればと考えております。

-----------------------------------------------------

・雑談

物事を忘れていかないように少し父の事も記載します

まず、祖父は以前豚小屋をやっていて父の子供の頃は
学校帰りに家畜の餌を取りに行ったりしていたみたいです。
修学旅行が終わったら直ぐに戻って餌をもらいに行ったりしていて
とても嫌だったらしいです。

昔は子供のころから家族の手伝いなどが当たり前だったのかも知れません
その後、恐らく嫌なイメージしかなかったので親族で好きなお店を始めて、
一生懸命働いてました、好きな事をして頑張ってました。
母も豚小屋だったら来なかったと言ってたくらいなので、
個人的にも本当に良かったです。

小さい頃は余り好きではなかった父ですが、
男の親なんて基本そんなのかもしれませんね
ただ、やれるだけの親孝行は出来たので後悔はないですが
もう少し昔の話を聞けばよかったかも、
と言うのも昔は写真や大きなことは伝わって行くけど
親関係などは記録などがないので分からないため。
まあ、叔母がいるので大体の話は聞けますが。。

もう一つは何か不動産関係で物理的に変化が起きる場合
写真を撮ってもいいかなって考えました。
過去の建物、風景は有名な建物では写真がある場合もありますが
住まいの周りではほとんど無い為、記録的にも良いかなと思います。

------------3/20追記 今後の方針---------------

基本は余り変わらないと思ったのですが1点リスク面で考えました
家族信託を実施すると言うことは相続税が発生する程度の資産があるのですが
その資産の使い道についてです。

殆どが土地なので利用していない土地の整理を実施する予定で使える土地は使うのですが
相続税を支払うために一部売却で進めてますが少し多めに売却しようと考えてます

所得税なども考えないといけないですが、リスクを取りに行くために
挑戦して行きます。
というのもアラフォーで引き継げたのも運命なので
何もしないでいるのは勿体ないと感じたからです。

また、非常におこがましい事を前提で記載しますが
不動産含め、投資経済関係についてある程度は経験ができているので
一般の人に比べては運用出来る自信はあります
自分が稼いだ土地やお金では無い為、気持ち的には先祖からの借入に
なるのですが、仮に自分だったら子孫が豊かになるために物事に挑戦する場合
(更に新しいことをするのではなく続けている事の追加協力)
全資産までは出来ないが1回で1/4位は協力すると思うので挑戦して行くことにしました。

内容としては今の投資リスクを上げる事とアメリカ株のファンダメンタルに挑戦することです。
アメリカ株のファンダメンタルは環境が変わって情報(株探など)が入手しやすくなって、
挑戦する環境は出来ていると判断したためです。
3年頑張って資産マイナス&S&P500に劣るならインデックスに戻ります。
まとめ一覧 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示