01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【6855】 日本電子材料 2022期

2021年11月17日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

日本電子材料グラフ4

日本電子材料グラフ2

※空売り機関

2021/11/05 JPモルガン証券 62,461株
2021/11/05 Merrill Lynch international 73,769株
2021/11/04 GOLDMAN SACHS 110,611株
2021/11/01 モルガン・スタンレーMUFG 131,673株
----------------------------------------
・株主/子会社


---------------------------------------
・グラフ/会社資料

当社グループの主たる事業分野である半導体市場は、パソコンやデータセンター関連機器に加え、自動車や家
電等、幅広い分野において堅調に推移いたしました。また、IoT、AIの活用の進展や5Gの普及に加え、足元
の半導体需要の増加を背景に、半導体メーカーの設備投資も継続いたしました。
このような事業環境の中、当第1四半期連結累計期間の売上高につきましては、メモリーIC向け製品を中心
に、プローブカードの需要が堅調に推移したことにより、前年同四半期を上回る結果となりました。利益面につき
ましても、メモリーIC向け製品の売上高の増加により、前年同四半期を上回る結果となりました。

日本電子材料資料1

---------------------------------------
・感想

グラフから売上は伸びて来たところで1Qは下げた少しきになる
利益に関しては急増、利益率も改善も株価はそこまで反応せず
なので売上が成長できれば株価水準も割安目と判断が出来そう

セグメントは2つあるが基本半導体検査器が殆どなため、そちらのみで判断

内容としては、メモリーIC向けが堅調との記載
地域では直近は日本向けが多い、次にアジア向け
ちょっきん売上下がったのはプローブカードのMタイプが資料から減っていそう。

アドバンストプローブカード/Mタイプ
主にDRAMやNAND型フラッシュメモリー等のウエハテストに使われている、プローブカードです。 ... より多くのプローブを搭載し、高密度なプローブカードを実現する為に、MEMSと呼ばれる高度な技術が、プローブや配線基板の一部に使われています。

と、記載があるのでやっぱりメモリICで左右されそう、サムスン電子やSKハイニックスの決算を参考にすればいいか?
両方直近良かったから良さそうだが、あくまで検査器にはなるのでどこまで影響になるか

一番のポイントは受注残、前年度4Q期と比較しても1.5倍となっているため
期待はできそう。

----------2Q-------------------------
日本電子材料資料3

当社グループの主たる事業分野である半導体市場は、データセンター向けを中心に堅調に推移いたしました。
また、IoT、AIの活用の進展や5Gの普及に加え、自動車向けをはじめとした半導体不足の解消に向けて、
生産体制の強化も進められました。
このような事業環境の中、当第2四半期連結累計期間の売上高につきましては、
メモリーIC向け製品を中心に、国内向けに加え海外向けにつきまして、
一時的な需要の伸びにより、前年同四半期を上回る結果となりました。
利益面につきましても、売上高の増加及び工場稼働率が一段と向上したこと等により、
前年同四半期を上回る結果となりました。

・感想

データセンターはSNSなどで動画データなど容量が大きいのも
溜まって行くと思われるため今後もっと伸びると感じる

2Qは主に日本向けとアジアが伸びてる、しかし一時的な需要との記載があるので
そこは結構気になる。有報で受注残が記載されているのでそちらも参考にして他
メモリ系の半導体でサムソンやSKの決算も参考にして判断。

--------------------
2Q(百万)
半導体検査用部品:受注高12850、受注残:6158
1Q(百万)
半導体検査用部品:受注高7309、受注残:6994

有報が出てました
う~ん、ちょっと1Qより減ったか~3Qは業績受注残減って横横か、ちょっと下がる事も考慮しないとな。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示