01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【6315】 TOWA 2022期

2021年09月01日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

TOWAグラフ4

TOWAグラフ2

四半期傾向ではそこまでばらつきは無さそう

※空売り機関
2021/08/06 Nomura International 199,900株
2021/08/03 モルガン・スタンレーMUFG 142,892株
----------------------------------------
・株主/子会社

筆頭が信託系なので大きい変化はなさそう

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

TOWA資料1

TOWA資料2

---------------------------------------
・感想

半導体のICチップをカバーするモールディングを行う装置が好調
モールディング工程では世界トップシェアと強いです、いわゆるニッチトップ

圧倒的に半導体セグメントが割合をしめており、今後も5G、中国向け、自動車向けなど
需要は高いです
東和南通新工場(2021/2月完成)・TOWAM新工場(2020/1月稼動)

問い合わせしてみたが東和南通新工場は稼働していて、既に本稼働(フルに近い)ですが
別の工場分からの作業移設もあって、新規売上と言う訳ではなさそう。

しかし、中国市場は今後も下がる気配は今は無いとの事。

もともとシンガポールの会社から譲り受けた事業で、工場完成までは
シンガポール会社から賃借利用していた(工場1970.5㎡事務所373㎡)→(工場:14166㎡)(土地 36526㎡)
東和半導体設備公司、中国江蘇省工場 賃料年:13百万 従業員:103人
→2021期決算、賃料が無くなり中国江蘇省工場、帳簿2786百万、従業員:127人

TOWA資料3


現在東南アジアでコロナの感染拡大により、自動車工場停止など一部業種で影響が出ていますが
マレーシア工場を含めて東南アジアのコロナ感染拡大による影響は発生していますでしょうか?

→影響は殆ど出ていない、マレーシア工場も政府から工場出社許可をもらって8割方は出勤しているとの事

中国の2月に完成した新工場についてですが、工場の規模として新工業の金型棟(かながたとう)
メッキ棟(めっきとう)合わせると以前借りていた工場面積より大分大きく、従業員も25人前後増やされていましたが
規模を考えると今後も従業員も増やして行くとの認識でいいでしょうか?

→新たに装置製造も実施しているので、今後も一気には採用はしないが人員は確実に増やして行くとの事

新工場の土地スペースに将来スペースとの記載がありましたが、今は特に計画などはしていないとの認識で良いでしょうか?

→1/3はまだ計画未定、更地状態との事


-----------2Q------------------------
・修正理由

TOWA資料3

いや~調子ですね~
下期は売上高による増強って上期よりさらに伸びるのか
地域では日本・そのたアジア向けが増えてます、商品先は中国がメイン
設備投資が下期40億程計画との事ですが実際どの位になるか。

受注残が376億と計画通りにはなりそうです。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示