01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【7038】 フロンティアM 2021期

2021年04月11日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

フロンティアMグラフ

フロンティアMグラフ2

四半期傾向はファイナンシャル事業だけ4Qが高くあとは変化なしか
コロナ影響度(推測)はファイナンシャル事業だけ影響あったぽい

※機関空売り無し

----------------------------------------
株主は創業者が代表取締役2名で同じ数もってます
43.6%ですが、少しづつ割合を減らしてます

新株発行もちょこっとあり、分割もあり
1部への市場変更もあり(プライム狙い?)
-----------------------------
グラフを参照
直近4Qは跳ねてるが、ファイナンシャル事業の季節によるものっぽい
時価総額も結構上がって来てるが、現在は222億程
買い残は少しある、事業は経営コンサルとファイナンシャルがメイン
19/10-12で一度跳ねてそこから水準も上がって織り込まれた感もある

------------------------------
会社資料
フロンティアM資料

フロンティアM資料2

20/02/13営業800で950、19/02/14営業650で700、18/11/14営業600で1050
18/09/28営業462で1250、21/02/09営業1000なら1076~1750(2700:IPO時)の範囲

ブティックス業種
※ブティックス時
------------------------------
感想

まず、人数50人増やしたか~と言うのが一番のポイント
大よそフロント1.3倍となった。
ブティックスでも増やしていたし買収案件増えてるのか?と感じる

次に気になるのが大型案件(3~4億)の期ズレ、
クロスボーダー系で恐らくコロナの影響もあって、遅延したとの想像
受注残高は大型2件を抜かすと通常通りか、案件数は減ってるが単価が上がっている
単価が上がっている要因はクロスボーダー系が多くなって来たからだとの考え
ただ上記2件も含めて、その分成約までの期間が長くなる可能性も高い為、注意が必要。
そこを解決する為にも人員が増やされた可能性も。

株価水準は大型2件分は2Q以降で織り込まれた感もあるが、
期ズレなどから直近は下げ傾向で再度割安感は出てきている
それでも過去の推移からは高いと感じる。
ただし、コンサル・M&A関連で見るとPER30前後は割安!
まあ以前からPERは割安なのだが違いは成長による水準訂正が入って無い事。

大型2件が乗ってくる四半期は上昇する可能性もあるので
そこに勝負して見ても良いかも、そろそろっぽいし。

今後も成長して行けるかがポイントで
クロスボーダー系の成約までの期間が伸びなければ結構行けるのではとの考えになってます。

銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示