01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

ファンダメンタル投資

2021年02月19日
今現在睡眠削って決算書や企業分析を行っておりましたが、
ふと、一度考えて見ます

大前提としてあるのが投資人生についてに記載されている通り、
歳を取っても投資は行って行きたいと考えてます。

近年株たんなどでも決算で変化があった銘柄を分析して投資していく手法が
大変流行っております、自分も流行りに乗って分析してきたのですが
こちらのやり方だと年齢から何時までも続けられないと言うのと、
資金額から何時までも続けられない可能性はあります。

と言ってもまだまだ先の話になってきそうなので
今は続けても良いかもしれません。

もう一つは優良大型株への投資も良いのでは?と考えております
これは感覚なのですが、バブル時は大型割安・小型割高で恐慌時は大型割高・小型割安
なりやすいのではと考えてます。
マクロ的な要素になってしまうのですが、個人が入りやすい銘柄はバブル化しやすく
逆に暴落時も個人が入っている銘柄の方が落ちやすいとの結論です

まあ、バブルかバブルじゃないかを見分けるのが一番難しいのですが
現時点ではコロナで金融緩和じゃぶじゃぶなのでここが締まりそうとなったらポジションを減らすのですが
大型と小型の乖離が主に1年くらいで大きく離れた時は銘柄変更を行おうかなとも考えています

大型株の良いところは流動性があるので出入りしやすいので、
シストレも参考にした短期売買も出来る可能性は高いです
若いうちは細かい部分も取りに言って、年取ったら短期やめてと
手法の変化が容易な為、続けられやすいです。
それと、最も良い点は上手く行ければリスクが小さい、ドローダウンが小さくなる事です
リーマンショック・コロナショックなど暴落時は粗全ての銘柄が下がるので
資金管理以外でドローダウンを回避するには優れています、
また、シストレに落とし込めれば管理や時間効率も上がりそうです

明日から大型の研究も行ってみます。
中長期戦略 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示