02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【4349】 テスク 2021期 タイプA タイプs

2021年02月18日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

テスク

四半期傾向は4Qに向けて伸びてそう
コロナ影響度(推測)は殆どなさそう

※機関空売り無し
----------------------------------------
株主は以前は社長の親御さんと思われる人で二代目社長で、
筆頭株主だったのですが、2020/12/3に8%程譲渡しました
社長は3代目に変わっていたのですが、実質的な権限も渡した形です
---------------------------------------
グラフ/資料を参照
売上はまずまず綺麗な右肩になってます、利益はここ近年は上げてそのまま
そして営業利益率が15%を超えたのは良い傾向です
売上原価率も毎年3Qに比べよくなりましたが、販売管理率が上がってます

流動性が極端に低いので株価目線は難しいのですが
20/05/15利益予想17で3050円、19/11/07利益予想140で3500円、19/05/10利益予想85で3000円
18/05/11利益予想68で3600円、17/05/11利益予想50で2300円、15/05/13利益予想30で2000円
21/02/15利益予想170、3Qで107の62%なので4250円-6000円

----------------------------------------
会社資料

期初に見られた商談の遅れに伴う影響は、おおむね解消され、前四
半期に続き当社主力のオリジナルパッケージ・ソフトウェア「CHAINSⅢ+」や「GROWBSⅢ」など複数の受注を獲得
することができました。また、前期までに獲得した複数の大型案件の開発が進み、ホスティングサービスやクラ
ウドサービスなども順調に積み上がり、安定的な収益の底上げに貢献し、懸念された新本社移転コストも当初の
想定より低く抑えることができました。


2021年3月期第3四半期において、その影響が概ね解消されて受注が好調なこと、
複数の大型案件の開発が進んでいることで製品開発投資の要員
が確保できず研究開発費が予定より下振れしたこと、
当初想定していた本社移転にかかる費用計上額が低く抑えられたこ
とに加え、旧本社の売却による維持経費の削減ができる見込みなど、
複数の要因によって、2020年11月13日に公表いたしました業績予想を上回る見込み


2020年11月5日に、固定資産(旧本社)の売却が決まったため、固定資産売却益が概算で57百万円発生

建物取得費用13.35億円、借入:名古屋銀行15億、RC47年償却目安。

2020年度から売上10%以上の主な取引先としてイオンアイビス2.4億が出ています

-------------------------------
感想
時価総額11億と、とても小さいです。何といっても本社建設での取得費用よりも小さいです
償却47年目安とすると年間28百万ほど経費計上になり、長期借入も今年度2Qから18億になりました

しかし、旧本社の引渡しが2021年1月18日にあり譲渡利益は57百万で4Qにのります
ここでフロー系や貸借対照表を見ればどのくらいで売れたか想定は付きそうです(一様金額開示は伏せている)

それでも、本社建設費の方が高いのは間違いないと思うので最初は良いですが
本業が躓くと負担にならないかが気になります
→有価証券を見たら賃貸物件併用見たいです

ここから本業の話になるのですが、本社移転にかかる費用削減は一時的だから気にしないとして
旧本社の維持経費の削減、コロナの影響が解消されて受注が好調、
複数の大型案件の開発が進んでいて研究開発費・投資費が抑えられたとの事。
3Qは「CHAINSⅢ+」や「GROWBSⅢ」など複数の受注を獲得とあったが来期も寄与するか
クラウドsafriの動画なども見たが正直全然分からないというのが感想、
新聞チラシをスマホ用にした感じくらいしか・・情報やソフトウェア系は将来投資し続けるのは
頭が付いていけず厳しいな

2020年度の有価証券を見ると顧客先としてイオンアイビス向けの売上が14%と10%超え報告書に乗ってきました
イオン株式会社の株式も少しばかりですが増やしているので、もしかしたら大型案件の開発っていうのは
イオン向けの可能性も考えられます。

本社は賃貸も併用しているらしく、おそらくテナント系で今の時期は厳しいですが
埋まれば売上増加も考えられます。

----------------------------------------------------
IRに電話しました、本社ビルの賃貸物件割合は約半分近くっぽく
テナントの空き状況はぼちぼちとの事、って言うか現地で見れば全てわかるんだけどね。。
電話で話している時に気が付きました、関東からだと名古屋はちと遠いのもあるからなぁ
→HPで募集してました7F(350㎡)満床、6F(350㎡)空き、5F(449㎡)空き
ざっくり1F、月200~300万位か?

イオンアイビス向けの増加は以前から付き合いがあって、ここ最近増えた流れみたいで
コロナの影響で小売りが忙しいとかの影響では無いとの事。
となると、継続的に取引する可能性はありそうです。
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示