01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

世界大恐慌

2020年04月04日
コロナショックがリーマンショック程度と思いリーマンショック時を調べていたのですが、
もしかすると超える可能性もあるので世界大恐慌と言う歴史からも学ぼうと考え、まとめます。

・株価チャート
大恐慌

チャート拡大
大恐慌拡大
※高値から-89%下げ

・アメリカの失業率、実質GDP
大恐慌失業率
※参考2008失業率:5.8%、2009失業率:9.28%、2010失業率:9.61%
     2008実質GDP:-0.14%、2009実質GDP:-2.5%

・アメリカの国債金利、債務残高
大恐慌債務残高

・状況
1929年 NYダウは1929/9まで数年で3倍以上のバブルが発生していた
1929年 10月に暗黒の木曜日が発生、以降フーバー大統領は大規模な対策はせず
1930年 スムート=ホーリイ関税法が成立し高関税実施、世界貿易が一気に縮小
1932年 イギリス、フランス、アメリカなど近隣窮乏化政策のブロック経済を形成(各国対立)
1933年 ルーズベルト大統領就任、ニューディール政策を実施(金本位制度廃止など)
1936年 ケインズの雇用・利子及び貨幣の一般理論が発行、補正的財政政策が採られる傾向
1937年 景気が回復傾向もインフレ懸念もあり財政支出を大幅削減、9月以降下落
1939年 第二次世界大戦勃発
1940年 5月に暴落、1937年高値の50%近くまで下落
1941年 イギリスへの武器貸与、真珠湾からの参戦により軍事需要拡大で回復
分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示