01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

各国中央銀行対策

2020年04月08日
2/3 中国 18兆6000億(1兆2000億元) 公開市場操作で金融市場(銀行含む)に供給
2/17 中国 3兆1500億(3000億元) 中期貸出制度MLF経由で支柱銀行に供給(金利0.1下げ)
2/28 日本 2月合計5624億 ETF買い入れ
3/2 日本 1002億 ETF買い入れ(先月703億から増額)
3/2 日本 5710億 4年ぶり国債買現先オペ
3/3 日本 1500億 国債買現先オペも札割れ(予定額5000億)
3/3 米国 政策金利 0.5%引き下げ
3/6 日本 1002億 ETF買い入れ
3/9 日本 1002億 ETF買い入れ
3/9 米国 500億$ レポオペ拡大1.5倍(1500億$)
3/10 日本 1002億 ETF買い入れ
3/11 米国 250億$ レポオペ拡大(1750億$)4月中旬まで
3/11 英国 政策金利0.5%引き下げ
3/12 日本 1002億 ETF買い入れ
3/12 EU  14兆(1200億€) 供給(QE民間メイン年末迄)、政策金利現状、TLTRO3-0.75
3/12 米国 158兆(1兆5000億$) 供給(毎月600億$国債購入、銀行間短期金融市場1兆5000億$)
3/13 日本 1002億 ETF買い入れ
3/13 日本 5億 国債買現先オペも大幅札割れ(予定額5000億)
3/13 日本 1兆5000億(予定) 共通担保資金供給オペ
3/13 中国 8兆3000億(790億ドル) 中銀への預金準備率引き下げ
3/16 米国 政策金利 1%引き下げ(ゼロ金利)
3/16 米国 74兆(7000億$) 5000億$国債、2000億$住宅ローン担保証券MBS購入 QE4
3/16 米国 預金準備率10% → 0% (日本:0.8%)
3/16 日本 6兆 ETF買入を年6兆から12兆へ(1日1200億程)
3/16 日本 2兆 CPと社債購入枠増加
3/17 ECB 12兆8500億(1091億€) 短期つなぎ用リファイナンスオペ実施
3/17 米国 1兆700億(100億$) リーマン以来のCP市場供給1年間
3/18 英国 1兆6000億(150億$) レポオペ7日物82億、84日物72億5月下旬まで
3/18 ECB 89兆2500億(7500億€) 供給、債権購入(年内まで?)
3/19 日本 1兆3000億 国債購入
3/19 日本 2000億 ETF買い(先月の3倍近く、売買代金の4.3%)
3/22 米国 220兆 経済対策(給付・融資)国債発行
3月  FRB 176兆(1兆6500億$) 3月資金供給量(2008/10時で7572億$)
4/06 日本 108兆 経済対策(6兆現金給付、26兆税・保険料猶予、40兆企業向け支援他医療など)GDP20%
4/09 FRB  248兆(2兆3000億$) 社債購入(低格付けBBまで) 
4/27 日本 20兆 社債、CP枠上限3倍、国債購入上限撤廃

108兆詳細:薬、マスク、自治体交付金1.8兆、中小資金繰り3.8兆、中小給付2.3兆、家計給付4兆、公庫の融資9.3兆
大企業向けファンド0.2兆、19年未執行分9.8兆、経済政策による民間資金42兆、税・保険猶予26兆、対策による追加国債16兆
分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示