02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

人材派遣業界(アウトソーシング含む)について(メモ)

2017年09月14日
中長期用のメモとしてスルーして下さい

平成27-28年の業界規模 2兆9,658億円 成長+17.0% 過去7年上昇
派遣先業種によるが殆どが人材不足、売り手市場。

2017年1~3月派遣社員数約129万人。雇用者全体に占める派遣社員の割合は2.4%
感じ的には派遣社員の割合はそこまで増加傾向でもない、
その代わりパート・アルバイト・契約社員が増加傾向

人材派遣なのか人材紹介なのかアウトソーシングか(他人材広告・人材コンサル)で伸びが違うと考えられる
紹介系・アウトソーシングは伸びそうが景気悪くなったらどちらも縮小になるが
まあ、全て業種に次第にはなると思うが。

外国人労働者や65歳以上・女性は今後も伸びそう
景気に非常に影響を受けると思うので2020年前後からどうなるか・・

不景気になった場合の私考
人を雇わない→アウトソーシングを自社・派遣切り→自社契約社員切り→正社員リストラ

候補
---------ヒップ--------------
時価総額40億程、PER10-11 従業員743名
PER安いが直近で株価2倍に急上昇しすぎがかなり厳しい
アウトソーシング事業がメイン、微プラスの進捗、SMO事業は譲渡で単体へ
人材稼働率94.3%、技術者2016で630人→2017で669人
2017年新卒55名・中途44名の99名採用、2018年度新卒47人・中途32名(予定)の79名採用
2019年新卒予定60名

構成:輸送用44.8(+4.3%)、電子機器半導体11.6(+0.8%)、情報通信精密20.7(+20.7%)、機械8.9(-3.7%)、情報ソフト14.0(+3.4%)

2018売上は+5.5%、営業14.6%、経常14.5%予想(単体のみ)
技術者数2017は669人→2018年698人 (2018年売上予想と同程度の上昇)

-----------アルトナー--------
時価総額80億程、PER18-19 従業員736名
PERは普通だが今年で株価が2倍に上昇し調整あるかも
技術者派遣のみ、売上は10%弱位で直近推移
技術者2016年601人→2017で654人→2018で800人目標(実際750人行けばいいかも)
新卒2017年が107人・2018年120人予定 中途2017年21人・2018年23人、離職率9.7%

構成:電子機器32.6(-4.5%)、輸送用34.9(+15.6%)、精密15.9(+9.1%)、情報通信6.1(+36.9%)、機械5.8(+2.8%)
売上別:機械設計40.3(+7%)、電気・電子設計36(-2.4%)、ソフトウェア開発23.8(+32.7%)

--------キャリアデザインセンター------
時価総額116億程、PER15前後 従業員490名
PERは普通、1年で株価が1.5倍に上昇
@typeなどの転職サイト・人材紹介系、派遣は少し
セグメント別売上ではメディア+9%、人材紹介+24%、IT派遣+27%、新卒系-28%
セグメント別利益ではメディア+39%、人材紹介+35%、IT派遣+63%、新卒系(赤字)
@type-1%、女性@type+18%、適職フェア(エンジニア25%・女性14%)+20%

宣伝費は-4.7%、@type新規会員+15%、女性@type新規会員+6.8%(登録数なので目安程度)
今後も広告費は抑制傾向

不景気になったら影響大と考える

-----------クイック------------
時価総額333億程、PER20前後 従業員960名
PERは普通ちょい上、1年で株価が1.7倍程度に上昇
業種:人材サービスメイン・リクルーティング・海外事業もあり
人材サービスは看護師・専門職分野に集中

セグメント別売上では人材サービス56(+23%)、リクルーティング25(+8.6%)、情報出版12(+7.5%)、その他7(+16.1%)
セグメント別利益では人材サービス56(+31.2%)、リクルーティング34(+2.8%)、情報出版7(+55.3%)、その他3(+83.4%)、調整-37.4%
セグメント別人数:人材2016年307人→2017年361人、リクルーティング2016年214人→228人、出版2016年146人→150人

2020年経常利益約1.5倍計画

----------富士ソフトサービスビューロ-------
時価総額31億程、PER15前後 従業員3236名
PERは普通、1年で株価が2倍程度に上昇
業種:コールセンター業・BPO(アウトソーシングみたいなもの)相手先は官公庁が多い。
決算状況は官公庁に合わせ下期偏重型
案件別
・日本年金機構:コールセンターにおける年金電話相談等業務(4557)2015/9~4年間
・日本年金機構:年金保険の適用業務に係る電話照会対応業務(3575)2016/1~4年間(300→400規模拡大予定)
・国税庁:国税電子申告・納税システム等ヘルプデスク業務(1879)2015/7~4年間
・中小企業基盤整備機構:共済業務に係る加入者申込書等データエントリー業務(175)2014/8~3年間
新:日本年金機構:事務センターにおける入力業務・共同処理委託業務(1509)2016/10~1年間
新:公立学校共済組合:年金電話相談対応業(302)2017/4~3年間
新:国家公務員共済組合連合会:年金業務関係届出書データ入力業務(37)2017/1~2018/3
新:中小企業庁:消費税の転嫁拒否に関する調査に係るコールセンター業務(54)2017/4~2018/3
新:国民健康保険中央会:介護・障害者事業所ヘルプデスク運営委託(1119)2017/4~3年間
新:東京都:特殊詐欺被害防止対策事業委託(163)2017/4~1年間
社員数2015(2142)→2016(2554)→2017(3553)

----------クリエアナブキ-----------
時価総額21億程、PER19-20 従業員102名
PERは普通ちょい上、1年で株価が2~3倍程度に上昇直近で1.5倍
業種:人材派遣&アウトソーシング、中四国中心
売上率:人材派遣3956(+3.9%)、アウトソーシング2309(+3.4%)、人材紹介151(+11%)、採用支援317(29%)
その他55(-62.5%)※IT事業撤退の為、前期148位?
通期は200~250位予想、今後の売上はそこまで伸びないと思う
中長期戦略 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示