02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

仮想通貨(ブロックチェーン)勉強④

2017年04月21日
ブロックチェーン

----------------------------------

ようやくビットコインに戻りましてPicsyやi-WATと何が違うのかと言うと
ビットコインには「ブロックチェーン」が使われているのが最大の特徴です

ブロックチェーンについては多数サイトで説明してるので省きます、
分散型管理台帳と思ってくれれば、、

ビットコインで個人的に気になる点があります。

・51%攻撃
マイニングの計算能力過半数を一部の人が保持してしまう問題
マイニングプール割合見てもらうと分かりますが
大半が中国で上位4つで占領出来る、、
いずれ不正が出るのでは?と思ってます。

ただ、一番安心出来る事が51%攻撃を行っても今の時点では経済的に不利になると言う事です
今後市場規模が広がり、自国通貨が危ぶまれる様になればビットコインなどを潰しにくる可能性はあるかもしれません。

・ブロックサイズ
現在1Mまでのブロックですが取引量が増え今後足らなそう、
んならサイズ増やせば?と思うが半分以上のマイナーがいる中国で国の帯域制限の為、大幅変更に難色。
中国マイナー側でハードウォーク(枝別れ)して2Mに増やし電子署名を分離しサイズ落とす(Segwit)方法で合意。
しかし、開発者側は反発と荒れてる様子、、

・セキュリティの問題
説明不要でしょう、ネット上だと取引所やアカウント、ウイルス感染によるウォレットBTC流出などなど、、
詐欺アドレスへの送付など細かい事もありそうです

・インフラの停止
簡単に言うとインターネットに依存してる為、ネットに繋げないと利用出来ない
ATMなどもあるがATMもネットに繋がってるので、、
(紙幣も出てるが基本は電子で管理するはず)

・融資や債権に不便
もし世界でBTCしかなくなって、大金を借りるとしたら誰から借りるか?
銀行が無いので個人間か、それとも取引所が銀行代わりになるのかな~
だとしたら借りる手続きなどで借用書作ったりと今までと手間が変わらないと思う

・取引手数料の問題
まだまだ先の問題ですがマイニングで生成されるビットコインが半減期を繰り返し
減っていった時に変わりに手数料があがるのではないか?と考えられます
生成出来なくなったら手数料で取るしかないし・・・

・価値のばらつき
取引所別でBTC/JPYの値段が違います、ある取引所で1BTC=10万で買えたとして
1BTCでAmazonカード10万円分買えるかと言うと買えません!
取引所より1割近く下がる場合もあります(9万分しか買えない)
となると日本円で買うより割高になる場合があり、そうなるとわざわざ使わない、、、
(そこにチャンスもあるのだが)
仮想通貨 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示