02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

【7296】  エフ・シー・シー 2024期

2024年03月01日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-7296-1.jpg
2024-7296-2.jpg



※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

クラッチ専門メーカー、ホンダ系列。四輪車用クラッチ(AT車、マニュアル車)、二輪車用クラッチ(オートバイ、スクーター、バギー)、デファレンシャルギヤ、触媒(排ガス浄化触媒)の開発・生産。摩擦材の開発からアッセンブリー組立までを一貫生産。世界トップ(約50%のシェア)の二輪車用クラッチは国内四大メーカー(ホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキ)に供給(50cc〜2000cc超の排気量に対応)。四輪クラッチはホンダ車のほぼ全車種、他フォード社、GM等に供給。世界10ヶ国・22拠点での現地生産体制によりグローバルな生産体制を確立。新事業のモータコア(ラジアルギャップモータ、アキシャルギャップモータ)、電気自動車向け車体部品(エイチワンと共同開発)、水処理(UF膜)、燃料電池(SOFC燃料電池スタック、CONNEXX社と資本業務提携)の開発を推進。本田技研工業<7267>の持分法適用会社。主要取引先はFord Motor Company、General Motors Company、本田技研工業。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

3Q報告書

3Q短信

2Q決算資料

業績修正
---------------------------------------
・感想

株価から15/16-2100 EPS144.1 17/2400 EPS143.5 18/3100 EPS193.1 19-2200 EPS235.1
20-1850 EPS78.9 21-1700 EPS89.8 22-1400 EPS172.1 23-1700 EPS192.4
予想EPS221.1 目安2000-4000 3Q89.6*3=268 目安2200-4800 *4=356 目安2900-5500

季節性なしで3Qが続けば割安

4輪で本田向けが堅調か
米国の四輪車用クラッチの販売が増加したことや円安の影響

(米国)営業利益は6,106百万円(前年同期比255.5%増)、2Qで営業利益は3,452百万円(前年同期比237.7%増)

為替の影響が大きそう
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【2811】  カゴメ 2024期

2024年03月01日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-2811-1.jpg
2024-2811-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

野菜加工食品会社、トマトジュースのトップブランド。「トマトの会社から、野菜の会社に」をビジョンに、野菜系飲料、トマト調味料・ケチャップ・ソースなど加工食品の製造販売、生鮮トマトの生産販売。トマトの種子から、土づくり、栽培、収穫、製造、最終商品に至る垂直統合型のビジネスを展開。トマトジュース、トマトケチャップ、野菜果実ミックスジュースの国内最大手。主力ブランド商品は「カゴメトマトジュース」「野菜生活100シリーズ」「野菜一日これ一本」、「トマトケチャップ」、パスタソース「アンナマンア」など。その他、通信販売事業(野菜飲料、サプリメント、スープ等)、国内農事業(直営大型菜園/栽培〜販売)、国際事業(世界80カ国以上で種子開発・農業生産、商品開発、加工、販売)。2017年「GREENS グリーンスムージー」発売。2019年5社(味の素、ハウス食品グループ、カゴメ、日清フーズ、日清オイリオグループ)による共同物流会社「F-LINE」を発足。2020年日本電気とAIによる加工用トマトの営農支援事業を開始。2024年トマト一次加工大手の 米Ingomar 社を買収(約360億円)。主要取引先は日本アクセス。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

本決算説明資料

本決算補足資料

本決算短信

Ingomar Packing Company孫会社化
補足資料

3Q補足資料
---------------------------------------
・感想

株価から16-2500 EPS68.3 17-3400 EPS114.0 18-3500 EPS101.5 19-2800 EPS114.9 20-3200 EPS83.7
21-3100 EPS109.4 22-3100 EPS105.1 23-3200 EPS121.2
予想209.0 目安5000-7600

達成出来ればかなり割安
海外売上が急増

連結業績を基準に、総還元性向40%

米国フードサービス企業向け堅調、価格改定効果で増収増益
・米国フードサービス企業向け二次加工、欧州トマト一次加工事業が堅調
・市況に連動した価格改定により増益

売上収益
・米国 :価格改定による販売価格の上昇や、外食需要の拡大に
よりピザソースなどの二次加工品が好調
・ポルトガル :トマトペーストなどの一次加工品の販売価格の上昇に加え
英国向けの二次加工品の販売も拡大

事業利益
・米国 :価格改定や23年産原材料の切り替え時期後ろ倒し
Ingomarの持分法投資利益などにより増益
・ポルトガル :トマトペースト価格の上昇などにより増益

24年度の事業利益が170億で前年比マイナスになっている

Ingomarへの既存出資持分20%の時価評価益による増分で
営業利益が量ましっぽい、20%時の株価→買収価格時の株価へ変更での利益
配当も評価増部分で40%出ない

2025年度で事業利益250億想定なので2024年はお休み期間
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【6269】  三井海洋開発 2024期

2024年03月01日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-6269-1.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

世界トップクラスの海洋エネルギー開発会社、通称MODEC。石油・ガス開発会社を顧客に浮体式の海洋石油・ガス生産設備(FPSO、FSO、TLP、FLNG)の設計・建造・据付工事、リース提供と運転・保守。前身は三井造船と三井物産の出資により設立。海洋油田からの石油・ガスの生産開発プロジェクトに係るトータルサービスを世界各国の石油開発会社・産油国の国営石油開発・ガス開発会社に提供。事業分野は浮体式の海洋石油・ガス生産設備のEPCI(設計・資材調達・建造・据付)から、その後20年以上の長期にわたる生産設備のリース提供およびO&M(オペレーション&メンテナンス)。新規事業の洋上風力発電(風力発電と潮流発電を組み合わせた浮体式発電装置)、洋上船体補修、表層型メタンハイドレート開発に注力。三井E&S<7003> の持分法適用会社。2022年東洋エンジニアリング<6330>と合弁会社(FPSO の EPCI 事業)設立。2023年三井物産・商船三井<9104>と資本業務提携。主要取引先はEquinor Brasil Energia Ltda、Woodside Energy (Senegal) 。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料


---------------------------------------
・感想

株価から15/16-1800 EPS372.5 17-2500 EPS344.9 18-3000 EPS388.2 19-2800 EPS-323.5
20-1700 EPS-232.1 21-1900 EPS-742.8 22-1400 EPS88.0 23-1650 EPS219.4

予想249.2 目安1200-2000 3Q133.3*2.5=332 目安1600-2800

3Qの数値考慮でも少し割高、予想値修正は必須
3Qから更に伸びていけるかがポイント

受注残高
16,817 ← 10790 ← 11617 ← 12749 ← 12662
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【5018】 MORESCO 2024期

2024年03月01日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-5018-1.jpg
2024-5018-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

化学品メーカー。「モレスコ」ブランドの特殊潤滑油(難燃性作動液、高真空ポンプ油)、合成潤滑油、ホットメルト接着剤(衛生材)、素材(流動パラフィン)、デバイス材料(有機デバイス用封止材)の製造販売。水と油と高分子を駆使するスペシャリスト(研究開発型企業、前身は松村石油研究所)として、モノとモノが触れ合う境界領域で独創的なオンリーワン製品(潤滑、接着、表面保護機能製品)を開発。主要製品のホットメルト接着剤(紙おむつなどの衛生材料向け)、高真空ポンプ油、難燃性作動液、化粧品の原料となる流動パラフィンは国内トップ。合成潤滑油(高耐熱グリースのベースオイル、ハードディスクの表面潤滑剤)は世界トップ。有機EL関連では有機ELパネルや照明・有機デバイスの長寿命化に貢献する高バリア性封止材料を供給。有機薄膜太陽電池(フィルム状の太陽電池)の販売開始。コート剤・粉体離型剤・次世代磁気ディスク用表面潤滑剤・次世代バッテリー・メディカル材料の研究・開発を推進。2013年日華化学<4463>と業務提携。主要取引先は松村石油。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

自社株買い

業績修正

中長期計画

3Q短信

3Q決算資料

2Q短信

2Q決算説明

アナリストレポート

3Qレポート

企業レポート
---------------------------------------
・感想

株価から15-2000 EPS169.5 16-1300 EPS157.8 17-2000 ESP165.5 18-1750 EPS167.8 19-1450 EPS148.9
20-1050 EPS80.9 21/22-1150 EPS192.8 23-1200 EPS66.2
予想122.4 目安730-1400 中計EPS200 目安1200-2300

中計達成出来て何とか割安位
ただ下方修正の常習犯みたいなところがある為、注意が必要
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |