01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

【6882】 三社電機製作所 2024期

2024年02月24日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-6882-1.jpg
2024-6882-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

パワー半導体&電源機器メーカー。パワーエレクトロニクスに特化、独自のプロセス・パッケージと電力変換技術により「SanRex」ブランドのパワー半導体(インバーター・溶接機・電源装置用)、電源機器を供給。大電流・電圧の制御など電源装置に使用されるパワー半導体(ディスクリート/個別半導体、パワーモジュール/複合半導体)、電源機器(太陽光発電システム用パワーコンディショナ、金属表面処理用電源・めっき用電源、無停電電源装置、直流電源装置・充電装置)を生産。大電力パワー半導体素子(Sicパワーモジュール)をパナソニック<6752>と共同開発。貴金属表面処理用電源、無停電電源装置は業界トップクラス。燃料電池では車載用燃料電池評価用システムや事業所用中容量燃料電池パワーコンディショナを納入。2012年IDEC<6652>と太陽光発電用・電力マネジメントシステムを共同開発。2015年SiCパワーモジュールを開発(パナソニックと共同開発)。2020年DIP型三相整流ダイオードブリッジを量産化。2022年三菱重工業<7011>、日東工業<6651>と各資本業務提携。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

中長期計画

3Q決算資料

3Q短信

業績修正
配当修正

個人向け動画

中間株主通信

2Q動画

2Q決算資料
2Q決算補足資料

滋賀工場・岡山工場の紹介(製造工程)
---------------------------------------
・感想

16-600 EPS8.7  17-1000 EPS73.5  18-1200 EPS93.4 19-800 EPS-48.2
20-700-EPS35.4 21-1000 EPS83.3 22-900 EPS95.3 23-1250 EPS100
予想188.0 目安2350-1800 3Q124.5*3=372 目安4500-3500

予想値でも若干安い、3Qが続けばかなり割安

販売価格の見直しなどにより限界利益率の良化

主に電源機器の伸長
大型のパワーコンディショナの評価用電源をはじめ
高付加価値製品の販売を実現し増収・増益
プリント基板などの高精度の表面処理用電源の販売が伸長

一部の案件が来期の売上となることから前回見通しより減収となるものの、
大型のパワーコンディショナー評価用電源をはじめ、顧客からの要望に対応し付加価値の提供を進めたこと
により、前回予想値より増益となる見込み


3Q累計:売上増加1704増、限界利益率良化2075増、固定費増加-989
2Q累計:売上増加387増、限界利益率良化866増、固定費増加-724

大型投資の実行
ウエハ大口径化 2.4億円 来期稼働
増産ライン 5.3億円 下期にモデルチェンジ製品の生産開始
太陽光発電 1.5億円 下期にモデルチェンジ製品の生産開始

当期の設備投資計画
工程合理化設備 0.9億円
品証・検査関連設備 0.3億円

配当性向は連結純利益の30%を目途

来期予想値 中計だと営業1900なので下げて来る可能性も
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【6584】 三櫻工業 2024期

2024年02月24日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-6584-1.jpg
2024-6584-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

独立系の車輌配管(チューブ)メーカー。自動車部品(車輌配管/燃料・ブレーキ配管製品、パワートレイン/エンジン・熱交換製品、安全・環境製品)、電器部品(スチールチューブの応用加工製品)の製造・販売。自動車用の各種チューブや集合配管など車輌配管メーカーとして世界2位。主力製品は自動車・輸送用機器用配管製品(ブレーキ配管、燃料配管)、自動車用樹脂製品。サーマル・ソリューション事業として電気自動車コンポーネントに必要な高性能な冷却機能製品供給、非自動車分野への深耕を新たな成長ビジネスに位置付け。ニッケル水素バッテリー、樹脂クイックコネクター、全固体電池(米スタートアップ企業/Solid Power社と共同開発)、熱電発電素子(東京工業大学と共同開発)の開発を推進。2018年全固体電池開発の米ベンチャー(ソリッド・パワー社)へ出資。2019年新型熱電発電素子の連続発電成功(東京工業大学と共同開発)。2020年スーパーコンピュータ「富岳」に冷却水用樹脂配管製品採用。主要取引先は本田技研工業、トヨタ自動車、日産自動車
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

資本コストや株価への意識

3Q四半期

業績修正(配当

3Q決算資料

3Q決算短信

量産開始案件12月

2Q動画

総合報告書

量産開始案件11月

2Q決算資料

本決算動画
---------------------------------------
・感想

13-19年まで900-600間 EPS60.1 20-800 EPS59.8 21-1100 EPS100.2(70) 22-750 EPS27.9 23-800 EPS43.3
予想111.8 目安

中期経営計画 2024/5開示予定 1500(1200)-2000
ぼちぼち安い

2Q-3Qは北米・日本が伸長

中国において EV シフトの加速に伴う販売台数の減少による減収、
減益を価格転嫁及びコストコントロールの効果が補い、
日本、北南米等において価格転嫁効果や固定費の改善効果により採算性が向上し、
円安に伴う為替換算効果も相まって
連結全体の売上高及び営業利益は前回予想値を上回る見込

原材料価格をはじめ運送費や人件費、エネルギーコスト高騰の影響は
継続したものの、価格転嫁及び稼働状況の安定化に伴い採算性が向上

日本
売上高は半導体不足、サプライチェーンの混乱の解消により、国内売上及び輸出売上共に前期より大きく増加。
利益面は、増収に加え価格転嫁の進捗、安定した稼働及び固定費の抑制効果の継続により大幅増益。

北南米
売上高は北米における半導体不足に伴う取引先の減産の解消傾向及び円安に伴う為替換算影響により増加。
利益面は、価格転嫁の効果に加え稼働状況が改善傾向にあり採算性が回復し、営業黒字に転換。

アジア
売上高は円安に伴う為替換算影響に加え安定した稼働により増加。
利益面は、材料高騰やインフレ影響に伴う人件費上昇、
エネルギーコスト高騰等の影響を受けるも増収に伴う増益効果が補い増益。

要は海外は円安と半導体不足回復、減産解消、価格改定での利益増って事なので
まだ続きそう、売上変動3Q計4422、売上構成3Q計2936
ただ良くてEPS120位かなぁ、まあまあ安いって感じ

計画で既存営業10%目指すってどうやって伸ばすんだろう
本決算での計画書をまつ
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【3300】 アンビDX 2024期

2024年02月24日
前期の調査

※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2024-3300-1.jpg
2024-3300-2.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

不動産デジタルサービス会社。賃貸DXプロパティマネジメント(住居用不動産の賃貸借/サブリース、第三者へ貸転、入居者募集代理)、賃貸DX賃貸仲介(斡旋)、売買DXインベスト(開発・販売)事業を営む。デザイナーズマンションを中心とする不動産開発、販売、賃貸管理、賃貸仲介、リノベーション、二次流通の事業バリューチェーン構築を営む。主力の賃貸DXプロパティマネジメント事業は家賃保証、敷金・礼金・保証金ゼロ「ALL ZERO PLAN」に特長。物件は東京23区を中心に神奈川・千葉・埼玉に集中のワンルームマンションタイプのデザイナーマンション、顧客層はDINKS・単身マーケツト中心。不動産テック会社としてAIを取り入れた自動接客システム、IoTサービス、RPAなど積極導入。2017年エボラブルアジア(現エアトリ)<6191>と資本業務提携、ヴェリタス・インベストメント(投資用マンション販売)を買収。2018年RPAテクノロジーズ社と業務提携。2019年リサイクルショップのトレジャー・ファクトリー<3093>、ネット型リユースのBuySell Technologies<7685>と業務提携。2020年弁護士ドットコム<6027>、マーケットエンタープライズ<3135>と業務提携。2021年AMBITIONから商号変更。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2Q決算説明資料

2Q報告

2Q短信

1月過去最高

前決算動画他
---------------------------------------
・感想

株価から17-700 EPS24.6 18-1200 EPS90.3 19-1100 EPS108.3 20-800 EPS48.2 21-700 EPS87.5 
22-600 EPS121.4 23-750 EPS141.2
予想160.7 目安800-1300 2Q104.2*2.5=260 1300-2100

2Q単体が続けばだけど売買DXが伸びてるからなぁ

賃貸DX事業の繁忙期が3Q以降のため、例年下期偏重傾向

販売用不動産
第2四半期2,725 → 第3四半期3,170 → 2023/6末 2,817 → 2024年6月期 1Q 3,785 → 2024年6月期 2Q 7073

めちゃくちゃ積んできた

• 子会社ヴェリタス・インベストメント:自社開発の新築投資用ワンルームマンション販売を中心に展開
• 当社インベスト部 :多様なルートからの物件仕入れ力により、立地を重視した分譲マンションの買取
再販、リノベーション販売を展開

単価の高い物件販売が進み、第2四半期累計販売戸数は横ばいも、増収増益。
販売チャネルを拡大し外国契約者数増加

今後も円安追い風に外国人向けなど踏まえて伸びそう

最大の問題は金利警戒や市況的に不動産に向かい風が吹いていて
売買のフローだから余り反応しない可能性も、予想値は超えると思う
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |