06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

【3969】 エイトレッド 2024期

2023年07月07日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-3969-1.jpg


※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

ワークフローシステムメーカー、ソフトクリエイトHDの子会社。Java技術を活用、日本型業務プロセスに適応した独自開発のワークフロー製品(パッケージソフト、クラウドサービス)を販売。ワークフロー市場のトップクラスベンダー。主力商品は中小法人向けのX-pointのクラウド版「X-point Cloud」、オンプレミス・ノーコード版の大規模法人向け「AgileWorks」(4000社超の企業・自治体・官公庁・教育機関などに導入)。パッケージ版の「X-point」は販売終了、通常サポートは2025年3月終了。ワークフロー製品は企業の様々な業務にかかる稟議・申請から承認・決裁(ワンクリックでの決裁)に至るまでの事務フローを電子化、業務プロセスの効率化・自動化、内部統制の機能を持つ。個別案件ごとのスクラッチ開発、グループウェア製品やERP製品の付随機能、独立したパッケージソフト、クラウドサービスとして製品を提供。2018年ソフトブレーンと業務提携。主要取引先はディーアイエスソリューション、リコー。

---------------------------------------

2023有価証券報告

2023決算説明資料

2023決算短信

ストックオプション付与

2023/3Q決算資料

2023/2Q決算資料

2023/1Q決算資料

2022決算資料

2022有価証券報告書

東証1部時動画

PRTIMES記事
---------------------------------------
・感想

株価から17-18で1300EPS45.5、19で1500EPS55.3、20で2000EPS71.7、
21で2400EPS80.8、22で1900EPS89.6、予想EPS99.9 目安2200-2500
ただし成長最低+10%は考慮、成長なしなら1500程

内容は3つ程気になるポイントがある

①X-pointのパッケージ→クラウドへの切り替え

・X-point(PKG)
2023年度1QからX-point新規ライセンス販売が中止
次回1Qは停止から1年後となる、販売以外にも
年間サポートサービス(ライセンス料の15%)があるのでその売上が加算

2023/4Q:83(326)、3Q:80(243)、2Q:80(163)、1Q:83
2022/4Q:99(387)、3Q:91(288)、2Q:94(197)、1Q:103
2021/4Q:127(430)、3Q:106(303)、2Q:102(197)、1Q:95

・X-point(クラウド)
パッケージからのシフトは10%未満
主な理由は60万~したPKGから直ぐに移行するのは
減損とか償却など色々問題があるからだと推測

2023/4Q:234(871)、3Q:222(637)、2Q:214(415)、1Q:201
2022/4Q:196(739)、3Q:188(543)、2Q:181(355)、1Q:174
2021/4Q:164(600)、3Q:157(436)、2Q:145(279)、1Q:134

・X-point(合計)

2023/4Q:317、3Q:302、2Q:294、1Q:284
2022/4Q:295、3Q:279、2Q:275、1Q:277
2021/4Q:291、3Q:263、2Q:247、1Q:229

見るとPKGは販売停止もあり四半期で80(百万)程で1年横ばい
前年からは停止した影響で結構減ってるが、今後はサポート切れなど
無い限りは緩やかに下げ傾向かも

クラウドは四半期毎で約10百万弱程増加していっている
広告などによってある程度バラつくが成長継続していれば良さそう

②AgileWorksの成長性

2023/4Q:227(969)、3Q:265(742)、2Q:231(477)、1Q:246
2022/4Q:251(985)、3Q:258(734)、2Q:265(476)、1Q:211
2021/4Q:303(893)、3Q:193(590)、2Q:229(397)、1Q:168

3Q/1Qが下がりやすい等季節性はあるのかも
ただ前Q比で2022/4Qから下がっているので注意

「要因として半導体不足の影響により受注が長期化し
フロー売上が大幅に減少したことにより微減」
「半導体不足等により、導入が大幅に遅延」

ん?AgileWorksに半導体が使われているのか?
フロー売上が減少とあるのでクラウドは大丈夫そうで
パッケージ系で影響か確認が必要

サーバー(AgileWorks用)の設置する必要がありその影響なのかな?
IRに問い合わせか

余りなさそうだで教えてくれるか分からないけど
AgileWorksのクラウド比率なども聞いてみる。

③ワークフローシステムの市場規模

いわゆる売上の上限がどの位ありそうなのかを見てみます

PRTIMES記事ではワークフロー市場規模が

2021年 SaaS 41億、PKG103億
2022年 SaaS 55億、PKG110億
2026年 SaaS100億、PKG129億

X-point(クラウド)が市場18%占有率
2022年:クラウド8.7億(7.4億)/55億=15(13)%
2026年:100億*15%=15億、年15%程の成長イメージ
後はシェアの増加次第
ジョブカンワークフロー・コラボフロー・楽々WorkflowIIなどがある

-----------------------------

思ったよりゆっくりだけど確実にある程度は成長して行きそう
しかし、2026年以降少しづつ頭打ち感も出てくる可能性はありそう
っと思ったが利益率改善も考慮した方が良いかも
前期営業利益率46%、55%なら1.8倍*0.55(前46%)で4年で倍

悪くはない、割安感も出て来たってイメージ
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |