04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

【7038】 フロンティアM 2023期

2023年05月25日
2021年度以来になります

※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-7038-1.png

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

独立系の経営支援サービス会社。経営コンサルティング(経営戦略、経営執行支援)、M&Aアドバイザリー(ディールアドバイザリー、事業承継コンサル、組織再編)、再生支援(ハンズオン型経営改革支援)を提供。創業メンバーは産業再生機構の出身者が中心。多様なバックグラウンドをもった専門家によるチームプレー、経営コンサルティングとM&Aアドバイザリーの複合モデルに特色。新規に地域金融機関のファンド事業の取り組み支援、プリンシパル投資、次世代経営者人材の育成支援などに取り組む。海外は上海・シンガポール・ニューヨークに拠点開設。2017年日本政策投資銀行とファンド運営の合弁会社を設立。2020年オウンドメディア「Frontier Eyes Online」の運営開始。2022年セレブレイン(コンサルティング会社)と資本業務提携。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

1Q決算動画

1Q決算説明

1Q決算短信

新株発行

余剰金のお知らせ(増配

前本決算説明資料
---------------------------------------
・感想

19で700EPS37.7、20で2000EPS36.9、21-22で1200EPS48.7
現在1172、EPS60.9、目安1200-1400 妥当か
20年の上昇は省いた方が良さそう

2021年度調査時から結構下がってます
そして投資事業も始めました、事業的に良いかもしれないけど
株価(PER)的には高PER群から外れるのでマイナスっぽい

経営コンサルティング事業が横ばい、4Q前期比マイナスから1Q最高売上
M&Aアドバイザリー事業は微成長、1Qは季節性ありだが前期比減
再生支援事業は4Q回復で1Qは更に順調

フロンティアキャピタルが足を引っ張っているが
少し不安・・長期化はしそう

受注額合計の週次推移は順調2022年超えて来た
期末受注残高も回復も前年1-3Q比では届かず

1Q季節性もあり少し様子見かな
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)

【6560】 エル・ティー・エス 2023期

2023年05月25日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-6560-1.png

2023-6560-2.png

※空売り機関
----------------------------------------
・株主/子会社

企業改革支援会社。ロボテックス・AI・ビジネスプロセスマネジメントを活用、企業変革と働き方改革を促進支援するプロフェッショナルサービス(コンサル、デジタル活用、経営・業務改善)を提供。プロフェッショナルサービス事業(働き方改革・デジタルシフトの実行支援、ビジネスプロセスマネジメント、コンサルティング/ビジネス・IT・HR、デジタル活用サービス)、プラットフォーム事業/子会社アサインナビ(会員向けに、教育・研修、採用・転職、企業のIT人材不足を解消するマッチングプラットフォーム「アサインナビ」、フリーコンサルタントのマッチング「コンサルタントジョブ」を提供)を展開。2016年RPA(Robotic Process Automation)・AIのサービス開始。2019年FPT ジャパンHD(ベトナム最大手ICT 企業FPTの日本法人)と業務提携。2021年セブン−イレブン・ジャパン向けに RPA 導入支援サービスを提供。2022年横河デジタルと資本業務提携、FPTジャパンホールディングスと資本業務提携、CTCと意思決定AI開発で協業。主要取引先はキリンホールディングス。
---------------------------------------
・グラフ/会社資料

1Q決算説明

1Q四半期

前年質疑応答

上場基準計画書

新株予約権
---------------------------------------
・感想

株価から18で2300EPS47.2、19で1600EPS49.3、20-21で3500EPS93.2、22で3000EPS55.4
現在2982EPS124.0、目安3500-4500  ぼちぼち安いがEPS150目標は欲しい
中期経営計画だと2024年で営業20億、70%で14億、EPS311となるが本当か?
でも15億でも70%で10.5億EPS233となりそれでも安いPER12.8
(新株の潜在株式調整後ではEPS-2程)

ちょっと気になるのがコンサル系で利益率低いのはブレが出やすそう
他新株が結構発行している、代表から代表法人への移し替えはあるが
直近は放出はしていない

季節的に1-3月に利益が出やすい今後3Qは少し下がるので注意

2023 年度は、新入社員数の増加により、
例年以上に第 2 四半期の教育コストがかかる事は想定されるものの、
新卒社員の約半数が第 3 四半期から有償稼働し、
第 4 四半期には全員が有償稼働できる状態になっている見込み。
第 2 四半期の新卒研修と、第 3 四半期以降の OJT に加え、メンター、コーチ、バディ
等の制度も活用し、受入に伴う既存社員の稼働を過度に増加させることなく、質の⾼い育
成を行っていきたいと考えている。

Q&Aでの返答にあったとおり次の2Qは下がる予定
3Qも影響出るが、4Qから本格的稼働する予定

直近は買えない4Q前、3Q前後にもう一度調べてみる
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |