04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

【3989】 シェアテク 2023期

2023年05月18日
※銘柄を勧めてる訳ではなく、個人的な銘柄勉強の為に記載してます。投資は自己責任です

2023-3989-1.png


※空売り機関

----------------------------------------
・株主/子会社

ライフサービス会社。困りごと解決サービス「生活110番」を中核にバーティカルサイト運営(生活に密着したサービスを提供する街の便利屋を中心とした専門業者とのマッチングサービス)。暮らしの困りごとに関する2種類のサイトを運営(企業約6000社と加盟店契約、領域は150ジャンル超、サイト約200)。ポータルサイト「生活110番」は複数ジャンルを単一サイトで提供。「バーティカルメディアサイト」は特定のジャンルに特化したサイトを運営(シロアリ110番、衛生害虫110番、雨漏り修理110番、カギ110番など)。マッチングソフト「Mover」は加盟店各作業員のリアルタイムスケジュール管理・位置情報を把握、案件情報先に即時対応情報を提供。成果報酬型と紹介報酬型の収益スキーム。2017年手配旅行事業「ソラハピ」を開始。2018年民泊型ホテル事業を開始(2020年廃止)、医療用硝子製品メーカーの塩谷硝子を子会社化(2020年吸収合併)、ビックカメラグループと家電領域で協業。2020年投資事業から撤退、海外留学サービスサイト運営のリアブロードを譲渡。

---------------------------------------
・グラフ/会社資料

2Q決算短信

2Q決算資料

・2Q有価証券

Youtubeチャンネル

前4Q動画

広告宣伝費を適正水準(対売上総利益比 50%前後)で実施
カギジャンルを始めとした、主力ジャンルが好調

『暮らしの困りごと』事業の売上推移は季節性があり
下期偏重、継続的に取り組む問い合わせあたり単価向上や
法人提携の拡大等の内部施策が着実に寄与

問い合わせ件数は、横ばいの水準続くも全体に占める高収益ジャンルの比率は引き続き増加。
問い合わせあたり単価は、ジャンルミックスの変化とマッチングの最適化により増加傾向。

お客様さまらのクレーム率及び加盟店様らのクレーム率ともに一定水準を維持しながら低値に推移

『暮らしのお困りごと』事業にはシーズナリティがあり、害虫害獣等の駆除及び草刈り剪定が盛
んな夏の時期と、台風による住宅への被害回復が多くなる秋口(当社事業年度の下期)の売上が
大くなる傾向がある。当期もシーズナリティのトレンドは変わらず、さらなる売上収益の伸長を見込む。

生活110

生活110番


---------------------------------------
・感想

株価から上場時で成長加味すると参考にならないかな~

生活110番などの生活の困りごとサイトを運営
不動産事業でも使ったことがある、くらしのマーケットと同じ

2Q時点でEPS29.7で2倍ならEPS58、株価572でPER10程と割安

と思ったら2Qまで法人税戻しかなにかで上乗せがあった
2Q経常4.2億*0.7=2.94億*2=5.88億=PER21

19年3Qに大幅下方を実施したと言うか以前は投資業で利益だしてたっぽい

サイト系の目安で考えると横ばいになった時はPER10ちょいが目安
サイト系ってある程度行ったら頭打ちになりそうなイメージもある
時価総額100~500億位が市場規模的に妥当か
人材系となってくるとまた変わってくるが今は難しい

2371カカクコムがサイト系では強く、PER20以上時価総額4000億超え
市場規模が読めないな~みんなのマーケット決算見ても2019年で売上13億
ってシェアテクの方が売上高いのか

どこまで伸びるのか、分からないな~
口コミ数の増加具合しか参考指標がないな

5/22

シロアリ駆除 7798件
鍵開け・交換・修理 10202件
草刈り 6708件
剪定 6590件
雨漏り修理 6937件
銘柄分析 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |